Webメール:自由に使えるオプション

確かにあなたはすでにXNUMXつ以上を持っています メールアカウント、しかし多分あなたはサービスにいくらか不満を持っているか、あなたは特定の特徴を持ったサービスを探しています。 したがって、この記事では、Webメールサービスについて知る必要があるすべてを知るための優れたガイドを見つけることができます。

さらに、 あなたは秘密と技術的な詳細のいくつかを学びます これらのサービスがどのように機能するか、または電子メールを快適に送受信できるように独自のクライアントまたは電子メールサーバーを構成する方法を知ることができるように、メールの世界の...

Webメールとメールクライアント

サンダーバードクライアント

あなたはあなたができることを知っている必要があります メールを送受信する さまざまな方法で。 現在の多くの電子メールサービスで両方を使用できるため、XNUMXつの違いがあいまいになることがあります。 たとえば、有名なGoogleサービスであるGMAILは、何らかの方法で使用できます。

しかし、それらを見てみましょう モダリティ より詳細な方法で..。

  • ウェブメール: これは、Webインターフェイスに基づく電子メールサービスです。 つまり、Webブラウザーから、およびインターネットに接続されている任意のデバイスからメールを管理できます。 つまり、これはクラウドベースのサービスであり、プログラムをローカルにインストールしたり、任意のタイプの構成を実行したりする必要はありません。 この場合、メッセージはサービスプロバイダーが所有するリモートサーバーに保存されます。 そのため、各ユーザーのメッセージと添付ファイルのストレージスペースはプロバイダーによって制限されており、サービスごとに異なる場合があります。
  • メールクライアント:上記とは異なり、この場合、PCまたはモバイルデバイスのいずれかにローカルにインストールされたプログラムが必要です。 たとえば、MozillaThunderbirdやMicrosoftOutlookなどのプログラムや、GMAIL独自のAndroidアプリ(Google独自のサービスだけでなく、他のサービスとも互換性があります)、Blue Mail、AquaMailなどがあります。 とはいえ、この場合、クライアントがメールボックスにアクセスできるように、クライアントでアクセスデータを構成する必要もあります。 実際、電子メールがローカルに保存され、リモートサーバーがフラッシュされるように(クライアントプログラムから古い電子メールにのみアクセスできます)、またはそれらもサーバーに保存されるように構成できます。 最初のケースでは、デバイスを紛失したり、破損したり、何らかの理由でデバイスが削除されたりすると、メッセージにアクセスできなくなるリスクがあります。

クライアントの設定方法

さて、メールクライアントの場合は、プログラムやアプリをインストールして実行する必要があります 必要な構成。 これは、経験の浅いユーザーに多くの疑問を引き起こすものです。 そのため、Thunderbird、GMAILなどのクライアントを構成するために使用できるIONOSメールサービス構成(以前の1および1)の例を提供します。

Lo 最初にすべきことは、メールサービスのデータを知ることです あなたが持っているものは、GMAIL、Yahoo!、IONOSが持っているもの(または他のサービス)で、独自のドメインを持つ電子メールを提供します。 この例では、それらが次のようになっていると想像してみましょう。

  • ユーザー名:info@micorreo.es
  • パスワード:password_que_hayas_elegido
  • 着信サーバー:クライアントへの受信メールの構成データ。
    • サーバー名:これはサービスによって異なります。特定のケースに合ったものを探してください。 たとえば、IONOSの場合は次のようになります。
      • IMAP:imap.ionos.es
      • POP3:pop.ionos.es
    • ポート:通常、ほとんどのサービスで同じですが、セキュリティ上の理由から変更されているため、一般的ではない場合もあります。
      • IMAP:993
      • POP3:995
    • セキュリティ-プレーンテキストにすることも、SSL / TTLなどのセキュリティを強化するために暗号化することもできます。 あなたはあなた自身にあなたの特定のケースを知らせなければなりません。 IONOSの場合はSTARTTLSです。
  • 発信サーバー:クライアントの電子メール出力の構成データ。
    • サーバー名:smtp.ionos.es
    • プエルト:587
    • セキュリティ:STARTTLS
  • その他:クライアントによっては、アクセスするたびにパスワードを入力したい場合、覚えてもらいたい場合など、他の高度なオプションを選択したり、認証または識別方法を要求したりする場合があります。

これまでのところ、メールサービスについて知っておくべきことはすべて。 次に、その方法の例を示します クライアントで構成を行います Thunderbirdですが、GMAILなどの他のアプリにも適用できます。 それは多かれ少なかれ同じですが、順序、いくつかのオプションの名前、または設定オプションの場所だけが異なります...まあ、手順は次のようになります。

  1. 開く サンダーバード ネットワークに接続されているコンピュータ上。
  2. メインページに表示されます アカウントを設定する メールアカウントと呼ばれるサブセクション。 ここをクリックしてください。
  3. これでウィンドウが開き、尋ねられます あなたの名前、メールアドレス、パスワード。 パスワードを記憶し、アクセスするたびにパスワードを要求しないように確認できるオプションもあります。 言い換えると、IONOSの場合、たとえば、それぞれPepito、info @ micorreo.es、password_que_hayas_elegidoになります。 入力したら、ボタンを押して続行します。
  4. 再び新しい画面が表示され、サービスの詳細を尋ねられます。 XNUMXつの回線があり、XNUMXつの呼び出しがあることがわかります 着信 そして別の 発信。 これらは、上記で示した着信および発信サーバーデータを参照しています。 以前に示した詳細を適切な情報に入力するだけです。 ちなみに、パスワードのセクションがあり、自動検出、通常(プレーンテキスト)、暗号化などを選択できます。サービスが特別なものでない限り、原則として自動のままにします(機能しない場合は暗号化を選択します)。他のものを使用してください。 発信オプションでは、SMTPオプションがデフォルトですでに選択されており、変更することはできませんが、着信オプションでは、IMAPとPOP3のどちらかを選択できます。 選択したものを選択すると機能しますが、…どのような違いがありますか? さて私は説明します:
    • IMAP:サーバー上で直接動作するプロトコルです。 したがって、電子メールをチェックするために、電子メールに接続してその内容を表示します。 利点は、構成したすべてのデバイスまたはクライアントが電子メールを利用できるようになり、変更がすべてのユーザーに表示され、クライアントのデバイスに問題が発生しても電子メールが失われないことです。 それが好ましいオプションである理由です。 知っておくべき唯一のことは、IMAPからフォルダーを作成すると、POP3からそれらにアクセスできないということです。
    • POP3:サーバーに接続し、すべての電子メールをローカルにダウンロードするプロトコルです。 完了すると、サーバーからそれらが削除されるため、他のデバイスで使用できなくなります。 ローカルでのみアクセスできます。つまり、別のクライアントまたはデバイスからの古い電子メールを確認する場合は、アクセスできません。 それらがダウンロードされたデバイスに何かが起こった場合、あなたは電子メールを失います。 そのため、推奨されるオプションではありません。 唯一の利点は、サーバーにスペースを残し(ただし、メモリ内で占有する)、サーバーがいっぱいになるのを防ぎ、接続を必要とせずにローカルから電子メールにアクセスできることです...
  5. 最後に押す 行われ 出来上がり、受信トレイ、送信トレイ、ゴミ箱などを含むメイン画面が表示されます。 すべてがうまくいったら、クライアントからのメールを使い始めることができます。

muttを使用する

確かにあなたはすでに知っています 突然は、Linuxコンソールから電子メールを送信できるようにするコマンドラインプログラムです。 ディストリビューションのリポジトリからパッケージをインストールした場合、その使用はそれほど複雑ではありません。

このクライアントには、 コンフィギュレーション 他の人のように。 ただし、この場合、ファイルを作成または編集する必要があります ./muttrc:


set from = "info@micorreo.es"
set realname = "MiNombre"
set imap_user = "info@micorreo.es"
set imap_pass = "contraseña"
set folder = "imaps://imap.micorreo.es:993"
set spoolfile = "+INBOX"
set postponed ="+[Micorreo]/Drafts"
set header_cache =~/.mutt/cache/headers
set message_cachedir =~/.mutt/cache/bodies
set certificate_file =~/.mutt/certificates
set smtp_url = "smtp://smtp.micorreo.es:587/"
set smtp_pass = "contraseña"
set move = no
set imap_keepalive = 900

次に、ディレクトリも作成する必要があります。


mkdir -p /.mutt/cache

Yの メールと添付ファイルを送信する、次の簡単なコマンドを使用できます。


echo "Aquí escribo el cuerpo del correo" | mutt -s "Titulo correo" nombre@gmail.com -a /home/usuario/imagen.jpg

そして、これをスクリプトで使用することもできます...

いくつかの人気のあるウェブメールサービス

ウェブメール

ウェブメールとメールクライアントを区別する方法を知ったら、今度はいくつかを見るでしょう 既知のウェブメールサービス (ただし、電子メールからアクセスするように構成することもできます):

  • GMAIL:は無料のGoogleサービスで、よく知られており、広く使用されています。 これには、GDriveなど、この会社の多数の追加サービスにアクセスできるという利点があり、Androidデータ、カレンダー、Googleドキュメントなどを同期できます。 追加のGSuiteサービスにアクセスするための支払いオプションもあり、さらに何かが必要な人や企業などに最適です。 他のサービスと共有される最大15GBの無料ストレージスペース(支払いオプションで拡張可能)があり、25GBの添付ファイル(または他のサービスからの着信の場合は50MB)の容量があります。 GDriveリンクを使用するか、コンテンツを他のアカウントと共有することで、より大きなサイズを送信できます。 もちろん、クライアントとの構成やWebインターフェース(webmail)からの使用もサポートしています。
  • ヤフー:これは最もよく知られているサービスの1つです。 前のものと同様に、クライアントからの構成やWebメールとしての使用も可能です。 25GB以上の空き容量があります。 添付ファイルはXNUMXMBも届きます。
  • Zimbraの:これは以前のサービスと同様のサービスであり、AJAX(JavaScriptおよびXML)を使用して高速Webメールインターフェイスを作成しましたが、PCとモバイルデバイスの両方のクライアントとして構成することもできます。 これは、オープンソースで無料であることに加えて、一部のLinuxディストリビューション用のバイナリ、多数のドキュメント、移行ツール(Exchange用など)、以前のような優れたアンチスパムおよびアンチウイルスフィルターを備えた最高のサービスの50つです。 、など。 Zimbraに移行した企業は、IBM、Microsoftなどの他のサービスと比較して最大XNUMX%節約できることも強調しています。
  • SquirrelMail:PHPで書かれた非常に興味深い無料のソフトウェアサービス(GNU GPLライセンスの下)でした。 Linux、FreeBSD、macOS、およびWindowsで使用できました。 このWebメールサービスは、Webサーバーとの互換性を向上させるためにHTML4.0標準に従ったNathanとLukeEhresmantamによって設計されました。 クライアントで構成でき、機能を拡張してアプリのコアに新しい機能を追加するプラグインをサポートし、40を超える言語で利用できます。
  • Outlook.com:これは有名なMicrosoftサービスであり、Webメールモードでの使用とクライアントの構成の両方が可能です。 このサービスは、Office、Calendar、OneDriveなどの会社の他のサービスにも関連付けられています。 無料モード(およびその他の有料サブスクリプション)はありますが、オープンソースではありません。 無料サービスでは、アカウント用に15GBのスペースがあり、添付ファイルの制限のために、Exchange用に20MBまたは10MBがあります。
  • オープンボックス:Squirrelのような活動がないために現在は消滅していると考えられている別のサービスでした。さらに、2020年には、何が起こるかについての手がかりをすでに与えているいくつかの問題がありました。 このWebメールサービスは他のサービスと似ており、無料のソフトウェアを使用し、必要に応じてクライアントとの構成を可能にします。 メッセージごとに最大500MBの添付ファイルを許可し、仮想スペースはわずか1GBでした。 そのWebインターフェースは、スペイン語、フランス語、英語、イタリア語、アイルランド語、ポーランド語に翻訳されました。
  • Zohoの:この他のサービスも知られています。 無料版では、最大25人の異なるユーザーをサポートし、通常は他のサービスで支払われるいくつかの機能を備えており、興味深いコラボレーションツールやオフィス自動化ツールを備えています。 無料サービスの場合は25MB、有料サービスの場合は30MB、無料アカウントの場合は5GBの添付ファイルに制限があります。
  • ProtonMail:これは最高のWebメールサービス(クライアントで構成可能)の500つであり、もう少しセキュリティとプライバシーを好む多くの企業によって選択されています。 実際、いくつかの優れたプライバシー機能とエンドツーエンドのメッセージ暗号化があります。 フリーモードで利用できるスペースは150MBに達し、25日あたりのメール数は100件に制限されています。 添付ファイルの制限については、最大XNUMXMBで、XNUMXメールあたり最大XNUMXの添付ファイルが可能です。
  • HordeWebメール-SquirrelMailとOpenMailBoxの後に孤立したユーザーにとっては良いオプションかもしれません。 このWebメール用のメールマネージャー(クライアントを使用することも可能)はPHPで記述されており、その開発者は、メール自体から、アドレス帳、メモ、ルールまで、さまざまなツールをすぐに使用できる優れたフレームワークを作成しました。フィルタリングなど。 すべてLGPLライセンスの下で。 それはスペイン語であり、非常に構成可能です。
  • ラウンドキューブ:このメールマネージャーでは、連絡先帳とカレンダーを管理することもできます。 PHP / JavaScriptで記述され、GPLライセンスの下でリリースされたシンプルなサービス。 それは複数の言語で利用可能であり、クロスプラットフォームです。

Linuxで独自のメールサーバーを作成する方法

いくつかの 郵便転送エージェントまたはMTAPostfix、SendMailなど。 それらを使用すると、以前のサービスに依存しないように独自のメールサーバーを構成できます。 たとえば、SendMailを使用してUbuntuで構成するには、次の手順に従います。


#Instalar el paquete
sudo apt install sendmail


#Para configurarlo ejecuta esta orden y pulsa Y para todas las opciones:
sudo sendmailconfig


#El servidor está listo. Ahora ve a editar /etc/mail/sendmail.mc con tu editor favorito y pon dnl en estas líneas:
dnl DAEMON_OPTIONS(`Family=inet, Name=MTA-v4, Port=smtp, Addr=127.0.0.1')dnl
dnl DAEMON_OPTIONS(`Family=inet, Name=MSP-v4, Port=submission, M=Ea, Addr=127.0.0.1')dnl


#Ahora agrega la información de tu nombre de dominio del servidor (que deberías tener configurado previamente) en /etc/mail/local-host-names:
tuservidor.es
mail.tuservidor.es
localhost
localhost.localdomain


#Usa m4 para compilar la configuración para Sendmail
sudo m4 /etc/mail/sendmail.mc > /etc/mail/sendmail.cf


#Reinicia el servicio para que el sistema esté ya listo para enviar y recibir mails
sudo systemctl restart sendmail


#Haz una prueba de envío para ver que está OK con:
echo "Esto es una prueba" | /usr/sbin/sendmail info@tucorreo.es


#También puedes configurar el routing de mensajes si lo prefieres...


#Para más información
https://www.proofpoint.com/us/products/email-protection/open-source-email-solution


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。