これはFirefox66であり、この次のリリースに向けて準備しています

Firefoxの66

66月19日に予定されているFirefoxXNUMXバージョンのリリース 開発者はすでにこの次のバージョンの計画を発表しています。

Firefox 66で確認できることは、マルチメディアコンテンツの自動再生のデフォルトのブロックを有効にすることが計画されていることです。 ミュートマークを設定したり、オーディオトラックがない場合に、autoplayプロパティを使用してサウンドを作成します。

Firefox 66は、より大きな帯域節約を約束します

ユーザーが今日一般的に開くタブの数が多いため、 ほとんどのウェブサイトは自動再生ビデオを実装していますが、これは非常に煩わしい場合があります あなたがこのサイトに配置されていない場合。

それが理由です 開発者は、ボタンを押したりビデオをクリックしたりするときなど、ユーザーの明示的なアクションによってのみサウンドの再生が開始されることを意図しています。.

Firefox 66リリースでは、ブラウザユーザーの25%がデフォルトで自動再生ブロックモードを有効にする予定です。 発売から50週間後、カバレッジをXNUMX%に拡大。

大きな問題がなければ、Firefox 66のリリースからXNUMX週間後に、すべてのユーザーに対してブロッカーがアクティブになります。

ユーザーはいつでもオプションを設定してブロッカーを手動でアクティブ化できます media.autoplay.default = 1 en 約:config.

サウンドの有無に関係なく、自動ビデオ再生を無効にするには、「media.autoplay.allow-muted」オプションの値を変更できます。

サウンドを自動的に再生するページを開くと、クラッシュについてユーザーに通知されます。

通知には、ユーザーの希望に応じて、現在のサイトのサウンドの自動再生を有効にするオプションが提供されます。

自動再生オフ

サイトのコンテキストメニューに表示される構成ブロックを使用して、ロックステータスを変更できます。

オプションが構成に追加されます (約:config 設定#プライバシーまたは「設定/プライバシーとセキュリティ/権限」) ロックモードを設定するには (デフォルトでブロックするか、毎回ブロックするか、ブラックリストに登録されたサイトのみをブロックするかを尋ねます)。ブラックリストとホワイトリストを管理するためのインターフェイスが提供されます。

提案されたブロッカーを使用すると、音声付きのビデオ広告を自動的に表示する一部のサイトでの乱用に抵抗できます、これは不便を生み出し、閲覧時にユーザーの注意をそらします。 同様のロックは以前にChrome64に実装されており、Firefox62以降は非表示オプションの形式でテストされています。

不正なクリックに対するFirefox

もう一つの大きな変化 «のサポートですスクロールアンカー« これ Firefoxコードベースに追加されました、追加の要素を表示した後、ページ上の位置の違反に関連する問題を排除します。

スクロール位置はページの特定の場所にリンクされ、上部に新しいアイテムが表示されても変更されません。

たとえば、過去には、ページを開いた直後にスクロールすると位置が変わり、画像が読み込まれるときに何度もスクロールする必要があるという状況がありました。

このような動作は、外部画像が多数あるページの操作を強く妨害し、間違ったリンクをクリックするという事件につながることがよくありました。

必要なリンクをクリックしたときに、上記の広告バナーの読み込みがクリックを妨げてバナーに着地するという状況が常に発生します。

最後に、 Linux用のFirefox66では、クライアント側のウィンドウモードの装飾の使用が転送されます (CSD、クライアント側の装飾)。

の使用 CSDを使用すると、Firefoxインターフェイスを標準のGNOMEアプリケーションの設計に近づけることができます。つまり、タブバーをウィンドウのタイトルに移動して、非表示のフレームを実装できます。

Firefox 60では、この機能はオプションとして実装されていました。Firefox66ではデフォルトでアクティブになります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。