mSIGNAはオープンソースでクロスプラットフォームのビットコインウォレットです

mSIGN

mSIGNAはuですnスピード、シンプルさ、エンタープライズレベルのスケーラビリティ、強力なセキュリティを提供する、高度で使いやすいウォレット。 BIP32、マルチシグニチャトランザクション、オフラインストレージ、マルチデバイス同期、暗号化された紙とバックアップのコピーをサポートします。

キーチェーンの単純なオンライン生成とオフライン署名をサポートします、マルチデバイス同期、マルチアカウント管理、署名m-of-n、および複数のブロックチェーン。

このアプリケーションを使用すると、複数の署名アカウントをエクスポートして、他のユーザーと、または署名ポリシーを持つデバイス間で共有できます。

任意のキーチェーンとポリシーを使用して、複数のアカウントとネストされたサブアカウントを作成できます。 請求書を簡単に生成します。 どこからでも、すべてのデバイスをブロックチェーンとすばやく同期できます。

トランザクションを配置し、署名されていない、または部分的に署名されたトランザクションを他の人やデバイスと共有します。 トランザクションにラベルを付けます。 署名を段階的に要求して追加します。 必要に応じてネットワークへの直接送信トランザクション

このプログラムを入手するには、QT5、ODB、OpenSSLライブラリ、Boost C ++ライブラリ、SQLite、git、 およびqrencodeなので、使用しているLinuxディストリビューションにこれらをインストールする方法を確認する必要があります。

ただし、必要に応じて、依存関係とともにアプリケーションを構築できます。

LinuxにmSIGNAをインストールするにはどうすればいいですか?

後に すべての依存関係はLinuxオペレーティングシステムにインストールされます。ターミナルウィンドウが開くはずです。GitHubからアプリケーションをダウンロードします。

これは、次のコマンドで実行します。

git clone https://github.com/ciphrex/mSIGNA

次に、ダウンロードしたフォルダに入ります。

cd mSIGNA

依存関係をインストールしなかった場合は、次のように構築できます。 含まれている依存関係ファイルがmSIGNAフォルダー内の「deps」フォルダーにあることを確認できます。 したがって、これからそれらを構築できます。

mSignaフォルダー内で サブフォルダ「docs」があります。 Linux開発環境内で作成するための詳細な説明は、このフォルダーに記載されています。。 重要なファイルのダウンロード、ビルド、インストールが含まれます。

ターミナルで次のコマンドを入力します。

cd ~/
mkdir odb
cd odb

これを行いました 次に、システムにlibcutlをダウンロードしてコンパイルします。このためには、次のように入力する必要があります。

wget https://www.codesynthesis.com/download/libcutl/1.10/libcutl-1.10.0.tar.bz2
tar -xjvf libcutl-1.10.0.tar.bz2
cd libcutl-1.10.0
./configure
make
sudo make install
sudo ldconfig
cd ..

現在 システムでODBをコンパイルする必要があります。このために、ターミナルで次のコマンドを入力する必要があります。

wget https://www.codesynthesis.com/download/odb/2.4/odb-2.4.0.tar.gz
tar -xjvf odb-2.4.0.tar.gz
cd odb-2.4.0
./configure
make
sudo make install
cd ..

これを行いました 次に、以下をダウンロードしてコンパイルする必要があります。

wget https://www.codesynthesis.com/download/odb/2.4/libodb-2.4.0.tar.bz2
tar -xjvf libodb-2.3.0.tar.bz2
mkdir libodb-linux-build
cd libodb-linux-build
../libodb-2.4.0/configure
make
sudo make install
cd ..

このコンパイルの最後に、以下をダウンロードして、システム内でもコンパイルする必要があります。

https://www.codesynthesis.com/download/odb/2.4/libodb-sqlite-2.4.0.tar.bz2
tar -xjvf libodb-sqlite-2.4.0.tar.bz2
cd libodb-sqlite-2.4.0
make
sudo make install
cd

現在 mSIGNAディレクトリに戻り、次のコマンドを使用してシステム内でアプリケーションのコンパイルを開始します。:

cd mSIGNA/deps/qrencode-3.4.3
./configure --without-tools
make
sudo make install
cd ..
sh ~/mSIGNA/deps/CoinDB/install-all.sh
sh ~/mSIGNA/deps/CoinCore/install-all.sh
sh ~/mSIGNA/deps/CoinQ/install-all.sh

パッケージの構築の最後に、システム内のすべてを次のようにコンパイルできます。

./build-all.sh Linux

mSignaの使用

ミスニャアカウントポリシー

アプリケーションを開くときは、mSignaでポートフォリオを作成することから始める必要があります。これは、新しいボールトの作成から始まります。

これを行うには、「ファイル」をクリックして、「新しいボールト」というオプションを選択する必要があります。

ここで、新しいボールトにニックネームを付けて保存する必要があります。

アカウントに名前を付けた後、アカウントポリシーを構成する必要があります。

ほとんどのユーザーにとって、1つのうちの1つで十分です。

これで、バックアップファイルを作成することもできます。このためには、「アカウントのエクスポート」オプションに移動して、新しいバックアップを作成する必要があります。

このバックアップにより、ウォレットに関連するすべてのものが保存されるため、安全な場所に保管してください。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。