Shotcut 19.06の新しいバージョンが到着し、これらはその変更点です

ショットカット

Shotcut19.06ビデオエディターの新しいバージョンがリリースされました。 これはMLTプロジェクトの作成者によって開発され、このフレームワークを使用してビデオ編集を整理します。

まだショットカットに気付いていない人のために、あなたはそれを知っているべきです これは優れたビデオエディタ、クロスプラットフォームのオープンソースです、4K Ultra HD TVのサポートなど、多数の機能があります。

これらすべてに加えて、プログラム 多数のオーディオおよびビデオ形式で動作できます とコーデックのような AVI、M4A、MXF、VOB、FLV、MP4、M2T、MPG、MOV、OGG、WEBM、その他。

さらに、 次のような多くの画像形式もサポートします BMP、GIF、JPEG、PNG、SVG、TGA、TIFFだけでなく、画像シーケンス。

ビデオおよびオーディオ形式のサポートは、FFmpegを介して実装されます。 Frei0rおよびLADSPAと互換性のあるビデオおよびオーディオエフェクトの実装でプラグインを使用できます。

Shotcutの機能から、観察することが可能です フラグメントのビデオ構成によるマルチトラック編集の可能性 以前にインポートまたは再コーディングする必要なしに、さまざまな元の形式で。

スクリーンショットの作成、Webサイトからの画像の処理、およびビデオストリーミングの受信のための組み込みツールがあります。

最も驚くべきことは、プログラムが使いやすく、数回クリックするだけでビデオを編集および管理するための多数の機能と機能を提供することです。

Qt5は、インターフェイスの構築に使用されます。 コードはC ++で記述され、GPLv3ライセンスの下で配布されます。

Shotcut19.06のメインニュース

Shotcut 19.06ビデオエディタのこの​​新しいバージョンのリリースで、私たちはで見つけることができるようになります アイコンの下にテキストを表示するための新しいメニュー項目の追加 ([表示]> [アイコンの下にテキストを表示]) コンパクトなアイコンを使用します([表示]> [小さなアイコンを表示])。

プログラムインターフェースについて、今、ボタン«すべてをリップル»することがわかります タイムラインとともにパネルに追加され、 [キーフレームの追加]ボタンがキーフレームパネルに追加されている間。

Shotcut 19.06では、パネルをすばやく切り替えるためにCtrl + 0-9が追加され、キーフレームをスケーリングするためにAlt 0 / +/-が追加されています。

時間オフセットオフセットは5秒に設定されています。 Yパネルのボタンは、「表示」メニューに一致するように再配置されます。

フィルタの一部で私たちはそれを見つけることができます ビデオをトリミングするためのフィルターを追加 作物:アルファチャネル(透明度)をサポートする長方形。 アルファチャネルのサポートも、円形クロップツール(クロップ:サークル)に追加されました。

垂直フリップ用の新しいフィルターも追加されました ((垂直反転)、ぼかし(ぼかし:指数、ローパス、ガウス)、ノイズの低減(ノイズの低減:HQDN3D)、ノイズの追加(ノイズ:高速およびキーフレーム)。

他のフィルターの名前が変更されましたが、 「CircularFrame」から「Crop:Circle」、「Crop」から「Crop:Source」、「Text」から「Text:Simple」、「3DText」から「Text:3D」、「Overlay HTML」から「Text:」 HTML "、" Blur "to" Blur:Box "、" Reduce Noise "to" Reduce Noise:SmartBlur "。

LinuxにShotcutをインストールするにはどうすればよいですか?

このビデオエディタをシステムにインストールできるようにすることに関心がある場合は、以下の手順に従ってください。

最初の方法 このビデオエディタをシステムにインストールするために(Ubuntu 18.04ltsまでのみ有効)、アプリケーションリポジトリをシステムに追加しています。 それのための Ctrl + Alt + Tでターミナルを開く必要があり、その中で以下を実行します。

まず、リポジトリを次のように追加します。
sudo add-apt-repository ppa:haraldhv/shotcut

次に、次のコマンドを使用してパッケージとリポジトリのリストを更新します。
sudo apt-get update

最後に、アプリケーションのインストールに進みます。
sudo apt-get install shotcut

これで、システムにインストールされます。

他の方法 このエディターを入手する必要があります。 AppImage形式でアプリケーションをダウンロードすることによってです。 これにより、システムにインストールしたり追加したりせずに、このアプリケーションを使用できるようになります。

このために Ctrl + Alt + Tでターミナルを開き、その中で次のコマンドを実行するだけです。
wget https://github.com/mltframework/shotcut/releases/download/v19.06.15/Shotcut-190615.glibc2.14-x86_64.AppImage -O shotcut.appimage

これを実行するには、ダウンロードしたファイルに実行権限を付与する必要があります。
sudo chmod +x shotcut.appimage

そして最後に、次のコマンドでアプリケーションを実行できます。
./shotcut.appimage


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。