ドライ:Dockerコンテナー用のインタラクティブなCLIマネージャー

ドライドッカー

Dockerは、オペレーティングシステムレベルでの仮想化を可能にするソフトウェアです。 コンテナとして知られている、 Linuxカーネルのリソース分離機能を使用し、 cgroupやカーネル名前空間など、独立したコンテナを単一のLinuxインスタンス内で実行できるようにするものなど。

Dockerは、すべての依存関係とライブラリがパックされたコンテナ内で分離されたアプリケーションを安全に実行する方法を提供します。

今日Dockerユーザーの場合は、興味があるかもしれないアプリケーションについて説明します。

ドライについて

Dryは、無料のクロスプラットフォームのオープンソースアプリケーションであり、コマンドラインから実行してDockerを管理します。

このツール コンテナ、画像、ネットワークに関する情報を表示します、Docker Swarmが実行されている場合は、Swarmクラスターのステータスに関するあらゆる種類の情報も表示されます。

ローカルまたはリモートのDockerデーモンに接続できます。

情報の表示に加えて、 Dockerの管理に使用できます。 公式のDockerCLIにあるコマンドのほとんどは、同じ動作でDryで使用できます。

LinuxにDryをインストールするにはどうすればよいですか?

ドライ 単一のバイナリから利用できるため、Linuxへのインストールは非常に簡単です。

ある人のために Arch Linux、Manjaro、および派生ユーザーはAURでDryを見つけることができます、したがって、pacman.confファイルでAURを有効にする必要があります。

これをインストールするには、次のコマンドを入力するだけです。

pacaur -S dry-bin

さらに DockerからDryをコンテナとしてインストールすることが可能です。 したがって、この方法でインストールする場合は、次のように入力する必要があります。

docker run -it -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock moncho/dry

最後の方法 LinuxにDryをインストールするには、インストールを処理するスクリプトをダウンロードします。

ターミナルを開いて、次のコマンドを実行する必要があります。

curl -sSf https://moncho.github.io/dry/dryup.sh | sudo sh
sudo chmod 755 /usr/local/bin/dry

インストールが完了しました これで、システムでアプリケーションの使用を開始できます。

ドライの使い方は?

私たちのシステムでこのアプリケーションの使用を開始するには、 ターミナルを開いて、次のコマンドを実行する必要があります。

dry

これを行うと、これと同様のウィンドウが表示され、ドライがすでに動作中であることを示し、情報が表示されます。

ドライ いくつかのキーを使用して使用できます、 から情報を取得します githubの公式スペース、アクセスは次のとおりです。

グローバルキー

キー 説明
% フィルタリストを表示する
F1 リストを並べ替える
F5 更新リスト
F8 ドッキング可能なディスクの使用状況を表示する
F9 過去10回のDockerイベントを表示する
F10 ドッカー情報を表示する
1 コンテナリストを表示
2 画像リストを表示
3 ネットワークリストを表示
4 ノードリストの表示(スウォームモード)
5 サービスのリストを表示する(Swarmモードの場合)
アローアップ カーソルをXNUMX行上に移動します
矢印ダウン カーソルをXNUMX行下に移動します
g カーソルを上に移動します
G カーソルを下に移動します
q 乾いた状態から抜け出す

コンテナのコマンド

リンクキー 説明
入力します コンテナコマンドメニューを表示します
F2 停止したコンテナの表示を有効/無効にします
i 調べる
l コンテナログ
e 引退する
s 統計
Ctrl + e 停止したコンテナをすべて削除します
Ctrl + k マター
Ctrl + r 開始/再起動
Ctrl + t 止まる

画像コマンド

キーまたは組み合わせ 説明
i 記録
r 新しいコンテナでコマンドを実行する
Ctrl + d ぶら下がっている画像を削除する
Ctrl + e 画像を削除します
Ctrl + f 画像を削除
入力します 調べる

ネットワークコマンド

キーまたは組み合わせ 説明
Ctrl + e ネットワークを削除する
入力します 調べる

サービスコマンド

キー 説明
i サービスの検査
l サービス記録
Ctrl + r サービスを削除する
Ctrl + s 途中降機サービス
入力します サービスタスクを表示する

バッファを移動する

キー 説明
g カーソルをバッファの先頭に移動します
G カーソルをバッファの最後に移動します
n 検索後、次の検索結果に進みます
N 検索後、前の検索結果に戻ります
s 検索
ページアップ カーソルの「画面サイズ」を上に移動
pgダウン カーソルの「画面サイズ」の行を下に移動します

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。