Partclone:パーティションのクローン作成と復元のためのアプリケーション

パーツクローン

彼らがClonezillaを使用したことがある場合 オペレーティングシステムのバックアップを作成するには、 あなたはすでにPartcloneの力を経験しました。 ddのような他のツールとは異なり、Partcloneは特定のファイルシステムと対話する方法を知っているため、パーティション上の使用済みスペースのみをクローン化して、はるかに小さなバックアップを作成できます。

パートクローン は、パーティションイメージの作成とクローン作成を可能にすることを目的とした無料のオープンソースツールです。 Clonezilla開発者によって提出されました。 実際、PartcloneはClonezillaのベースとなっているツールのXNUMXつです。

ddコマンドを参照してPartcloneがどのように機能するかをもう少し詳しく説明すると、これは非常に便利ですが、ddはディスクまたはパーティションの各ブロックを複製するだけで、完全なクローン1を作成するため、ファイルシステムについて何も知りません。 1たとえば、40 GBのディスクのクローンを作成する場合、各セクターがコピーされ、40GBのファイルが作成されます。

論理的と言えますが、Partcloneの動作は異なります。これは、最も一般的なタイプのファイルシステムとインテリジェントに対話し、パーティションの使用済みブロックのみのバックアップコピーを作成し、バックアップコピーを大量に取得できるためです。小さい。

つまり、40GBのディスクのクローンを作成しようとしているが、占有されているのが20GBしかない場合、結果のファイルは20GBのみになり、40GBにはなりません。 したがって、空白のスペースを占有することは避けます。

サポートされているファイルシステム

Partcloneはすべての一般的なファイルシステムをサポートします、like:ext2、ext3、ext4、hfs +、reiserfs、xfs、jfs、ntfs、fat(12/16/32)、exfatなど。 バックアップファイルシステムは、構文ユーティリティに従って、プログラムで使用されるサフィックスを決定します。

たとえば、ext2ファイルシステムをバックアップするには、parclone.ext2コマンドを使用します。 また、特定のファイルシステムがPartcloneでサポートされていない場合は、コマンドpartclone.ddを使用できます。

Partcloneから強調できる残りの部分には、次のものがあります。

Partcloneの機能

オープンソース:PartcloneはGNU GPLライセンスの下でリリースされ、GitHubでの貢献を受け付けています。

クロスプラットフォーム:Linux、Windows、MAC、ESXファイルシステムのバックアップ/復元、およびFreeBSDで使用できます。

パーティションをイメージファイルにクローンします。

イメージファイルをパーティションに復元します。

パーティションをすばやく複製します。

転送速度と経過時間を表示します。

vmwareESXサーバーのvmfsおよびFreeBSDファイルシステムのufsをサポートします。

LinuxにPartcloneをインストールするにはどうすればよいですか?

このクローニングソフトウェアをインストールする場合は、 ほとんどのLinuxディストリビューションのリポジトリに含まれている機能がありますターミナルを開いて、システムの対応するコマンドを実行するだけです。

実行するDebian、Ubuntu、および派生物にPartcloneをインストールします:

sudo apt install partclone

一方、 CentOS、RHEL、Fedora、または実行する派生物にインストールする:

sudo yum install partclone

openSUSE実行する必要があります:

sudo zypper install partclone

最後に、 ArchLinuxおよび派生物用:

sudo pacman -S partclone

Partcloneの使い方は?

パートクローン

この時点で、何を知ることが重要ですe Partcloneを使用できるようにするには、Partcloneが動作するボリュームをマウント解除する必要があります したがって、システムがインストールされているのがディスクである場合は、ライブバージョンで作業することをお勧めします。

実用的な例 真剣に、メインディスクのバックアップを作成したいのですが、ext4ファイルシステムがあり、コマンドは次のようになります。

partclone.ext4 -c -s /dev/sda1 -o ~ /image_sda1.pcl

-cパラメータを使用すると、実行するアクションがクローンであることを指定でき、-sを使用すると、クローンを作成するソースを指定できます。

最後に、-oは、バックアップイメージを保存する場所をPartcloneに指示します。

ここでの.pcl拡張子は完全に任意であることに注意してください。便宜上、これを使用します。

それを復元するには:

partclone.ext4 -r -s ~ /image_sda1.pcl -o /dev/sda1

ここでは、-rパラメーターがPartcloneに復元することを通知することだけを説明します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。