RaspberryPiをワイヤレスアクセスポイントに変える

Wi-Fi-access-point-with-RaspberryPy

En 前回の記事では、RaspberryPiのシステムであるDietPiについて説明しています。 大規模なコミュニティを持つことに加えて、さまざまなシステムやプロジェクトがあります。

その中で、Raspberry Piをマルチメディアセンター、レトロなゲームコンソール、NASサーバーなどに変えることができます。

今回は、RaspberryPiをワイヤレスアクセスポイントとして使用する方法を説明します。

RaspberryPiをワイヤレスアクセスポイントに変える

これを達成するために、 ラズベリーにはオペレーティングシステムが必要なので、公式システムが最適です。

最初に行う必要があるのは、システムを更新することです。これをターミナルで行うには、次のコマンドを入力します。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

これが完了したら、デバイスを再起動して、加えられた変更が保存されるようにします。

システムに戻って、 hostapd、dnsmasq、bridge-utilsのインストールに進みましょう。 これらは、RaspberryPiをワイヤレスアクセスポイントに変えるために使用するXNUMXつのプログラムです。

したがって、それをインストールするには、ターミナルを開くだけで、その中に次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install hostapd
sudo apt-get install dnsmasq
sudo apt-get install bridge-utils

コンフィギュレーション

これらのインストールが完了したら、プログラムの構成ファイルを編集するので、次のコマンドでサービスを停止する必要があります。

sudo systemctl stop hostapd
sudo systemctl stop dnsmasq

次に、次のファイルの編集に進みます。

sudo nano /etc/dhcpcd.conf

ファイルに含まれているので、最後に次の行を追加します。

interfaz wlan0
static ip_address = 192.168.0.10/24
denyinterfaces eth0
denyinterfaces wlan0

ここに配置しているのは、 ローカルIPアドレスがあると想定していますさらに、私たちのネットワークインターフェースには共通の名前があり、他にはありません。

その後、Ctrl + Oを押し、次にCtrl + Xを押してファイルを保存し、エディターを終了します。

DHCPサーバーの構成(dnsmasq)

DHCPサーバーとしてdnsmasqを使用します。 DHCPサーバーのアイデアは、IPアドレスなどのネットワーク構成パラメーターをインターフェイスとサービスに動的に配布することです。

デフォルトの構成ファイルの名前を変更して、新しい構成ファイルを作成しましょう。

sudo mv /etc/dnsmasq.conf /etc/dnsmasq.conf.back
sudo nano /etc/dnsmasq.conf

新しいファイルに、次の構成行を記述します。

interface=wlan0
dhcp-range=192.168.0.11,192.168.0.30,255.255.255.0,24h

追加する行は、間にIPアドレスを提供することを意味します 192.168.0.11と192.168.0.30 wlan0インターフェース用。 ファイルを閉じて保存します。

Y 次に、別の新しい構成ファイルを作成します。これを行うには、次のコマンドを入力します。

sudo nano /etc/hostapd/hostapd.conf

その中に、以下を配置します。

interface=wlan0
bridge=br0
hw_mode=g
channel=5
wmm_enabled=0
macaddr_acl=0
auth_algs=1
ignore_broadcast_ssid=0
wpa=2
wpa_key_mgmt=WPA-PSK
wpa_pairwise=TKIP
rsn_pairwise=CCMP
ssid=”Nombre-que-le-daras-a-tu-punto-de-acceso”
wpa_passphrase=”La-contraseña”

ここでは、最後のXNUMX行のみを編集します。これは、アクセスポイントに付ける名前とパスワードを、「」なしで配置するためです。

編集したら、変更を保存して閉じます。 そして今 次のファイルを開きましょう。

sudo nano /etc/default/hostapd

このファイルで、#DAEMON_CONF =””という行を探します-その#を削除し、構成ファイルへのパスを引用符で囲んで、次のようにします。

DAEMON_CONF = "/etc/hostapd/hostapd.conf"

トラフィック転送を構成する

ここでの考え方は、接続時にトラフィックがイーサネットケーブルを介して転送されるということです。 したがって、イーサネットケーブルを介してWLANをモデムに送信する必要があります。 これには、別の構成ファイルの編集が含まれます。

sudo nano /etc/sysctl.conf

今、この行を見つけます:

# net.ipv4.ip_forward = 1

そして、「#」を削除し、ファイルを保存して閉じます。

次のステップは、新しいiptablesルールを追加することです。

sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE
sudo sh -c "iptables-save > /etc/iptables.ipv4.nat"
iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat

インターネット接続を有効にする

現在、Raspberry Piは、他のデバイスが接続できるアクセスポイントとして機能しています。 ただし、これらのデバイスは引き続きPiを使用してインターネットにアクセスできません。 これを可能にするには、wlan0インターフェイスとeth0インターフェイスの間のすべてのトラフィックを通過させるブリッジを構築する必要があります。

新しいブリッジ(br0と呼ばれる)を追加する準備ができました。

sudo brctl addbr br0

次に、eth0インターフェースをブリッジに接続します。

sudo brctl addif br0 eth0

最後に、interfacesファイルを編集して、ファイルの最後に次の行を追加しましょう。

sudo nano /etc/network/interfaces
auto br0
iface br0 inet manual
bridge_ports eth0 wlan0

RaspberryPiを再起動します。それだけです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   セルジュス

    こんばんは、情報をありがとう。
    最初の4つのコマンドは正常に実行されましたが、XNUMX番目の「iptables-restore </etc/iptables.ipvXNUMX.nat」は実行されませんでした。

    この後、続行しようとしましたが、コマンド「sudo brctl addif br0 eth0」を実行したときに「インターネット接続を有効にする」ポイントで、ラスペリー、ケーブル、またはWi-Fiのネットワークが不足しました。

    残りの構成をローカルで続行しましたが、再起動後もネットワークがありません。

    修正または逆転できますか?

    よろしくお願いいたします。