RaspberryPiをownCloudでパーソナルクラウドに変えましょう

ownCloudはアプリケーションです サービスタイプの無料ソフトウェア オンラインストレージを可能にするファイルホスティング およびオンラインアプリケーション(クラウドコンピューティング)。 優れたWebベースのユーザーインターフェイスを備えており、Linux、Windows、macOS、Android、およびiPhone用のアプリがあります。

ownCloudの性質上、eこのアプリケーションは、RaspberryPiに最適です。 これにより、ファイルをホストする機能を提供できます。

RaspberryPiへのownCloudのインストールは非常に簡単です。 このチュートリアルでは、RaspbianであるRaspberryの公式システムを基礎として使用します。

それでもこのシステムがRaspberryにインストールされていない場合は、次の記事を参照して、かなり簡単な方法でインストールする方法を説明してください。 リンクはこちらです。

RaspberrypiにRaspbianがすでにインストールされています。 パッケージとRaspbianAPTパッケージリポジトリキャッシュを更新します 次のコマンドを使用します。

sudo apt update

ここで、Raspbianから検出されたすべての新しいソフトウェアパッケージを更新する必要があります。 このためには、次のコマンドを実行する必要があります。

sudo apt upgrade

OwnCloudパッケージリポジトリの追加

OwnCloudはRaspbianリポジトリでは利用できません。 そのために、次の方法でシステムに追加します。

まず、 OwnCloudパッケージリポジトリからGPGキーをダウンロードしましょう。

wget -nv https://download.owncloud.org/download/repositories/production/

Debian_9.0 / Release.key -O Release.key

ここで、ダウンロードキーをシステムに追加します。

sudo apt-key add - < Release.key

すでにシステムにキーが追加されているので、 ownCloudリポジトリをシステムに追加できます。 次のコマンドを実行して、これを追加します。

echo 'deb http://download.owncloud.org/download/repositories/production/Debian_9.0/ /'| sudo tee /etc/apt/sources.list.d/owncloud.list

すでにリポジトリを追加しました 次に、コマンドを実行します アップデート パッケージとリポジトリのリスト:

sudo apt update

sudo apt upgrade

wpasupplicantに関連するメッセージが表示された場合は、文字qを入力するだけです。 そして、この時点でインストールを続行する必要があります。

すべてが更新され、アプリケーションがインストールされたら、 次のコマンドを使用して、RaspberryPiを再起動するだけです。

sudo reboot

OwnCloud用のApacheとMySQLのインストールと構成

OwnCloudは、LAMPスタックで実行されるWebアプリケーションです。 また、OwnCloudをインストールする前に、完全に機能するLAMPサーバーをセットアップする必要があります。 このセクションでは、その方法を説明します。

彼らはできる Apache、PHP、MariaDB、およびいくつかのPHP拡張機能をRにインストールしますaspbian:

sudo apt install apache2 libapache2-mod-php mariadb-server mariadb-client php-bz2 php-mysql php-curl php-gd php-imagick php-intl php-mbstring php-xml php-zip

今、 次のコマンドを実行して、Apacheのmod_rewriteモジュールを有効にします。

sudo a2enmod rewrite

これを行いました MariaDBコンソールにログインしましょう 次のコマンドを使用してrootユーザーとして:

sudo mysql -u root -p

デフォルトでは、MariaDBパスワードは設定されていません。 すでに中にいる、 次のコマンドを使用してデータベースの作成に進みます。

MariaDB [(none)]> create database owncloud;

新しいMariaDBowncloudユーザーを作成し、それにパスワードも割り当てます 次のクエリを持つユーザーの場合:

MariaDB [(none)]> create user 'owncloud'@'localhost' identified by 'tu-password'

パスワード(your-password)とユーザー名(owncloud)を選択したものに置き換えることができる場所。 その後、新しく作成したユーザーに次の権限を付与します。

MariaDB [(none)]> grant all privileges on owncloud.* to 'owncloud'@'localhost';

そして、MariaDBを離れました

MariaDB [(none)]> exit;

Apache構成

次に、Apacheのデフォルトサイト構成ファイルを次のように編集する必要があります。

sudo nano /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf

そしてここ 「DocumentRoot / var / www / html」という行を探して、次のように変更します。

DocumentRoot / var / www / owncloud。

Ctrl + Oで変更を保存し、Ctrl + Xで閉じます。

次に、次のコマンドを実行します。

sudo apt install owncloud-files

そして、次のコマンドを使用してApache2サービスを再起動します。

sudo systemctl restart apache2

OwnCloudの設定

最初に行うことは、IPアドレスが何であるかを知ることです。これは、次の方法で知ることができます。

ip to | egrep "inet"

見つけたIPをコピーし、Webブラウザーでアドレスバーに貼り付けます。ここで、OwnCloudを初めて構成します。

どこ 管理者のユーザー名とパスワードを作成するように求められます。

また、OwnCloud / var / www / owncloud / dataのデフォルトのデータディレクトリを必要に応じて変更することも、そのままにしておくこともできます。

今、 数ステップ前に作成したデータベースのユーザー名を入力します。

これで、指定したOwnCloudのユーザー名とパスワードでログインできます。これで完了です。 これで、RaspberryPiでOwnCloudの使用を開始できます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

3コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   チウィ

    私の謙虚な意見では、Nextcloud開発ははるかに活発なので、Owncloudの代わりにNextcloudをインストールすることをお勧めします...

  2.   ダンパク

    ねえ。
    すべての特権を付与するステップで、行き詰まります。 何回かわからない構文を変更しましたが、何も得られません。
    localhostをラズベリーが持っているipに変更する必要がありますか、それともloclahostを記述したままにする必要がありますか?
    私はこれの初心者です、そして私はあなたがここで説明するステップに従うことによって奉仕しようとしています...

    事前に感謝します。

  3.   スリザン10

    私は滞在しました
    エコー 'デブ http://download.owncloud.org/download/repositories/production/Debian_9.0/ / '| sudo tee /etc/apt/sources.list.d/owncloud.list

    sudo apt updateを実行し、リスト/etc/apt/sources.list.d/owncloud.list(Suite)に不正な形式のエントリ1を取得しました
    ソースのリストを読み取ることができませんでした。