Fluent Reader、優れたクロスプラットフォームRSSリーダー

お好みのRSSリーダーをお探しの方 ネット上またはLinuxディストリビューションのパッケージ内で見つけたものは、その日、あなたを納得させません。 今日はマルチプラットフォームRSSリーダーについてお話します 多分私はあなたのシステムでスペースが得られると確信しています。

今日お話しするRSSリーダー それは「流暢な読者」と呼ばれています また、マルチプラットフォームRSSリーダーです。つまり、macOS、Linux、およびWindowsで使用できます。 これは、Electron andReactに基づいています オープンソースのBSD条項3ライセンスの下でリリースされています。

FluentReaderについて

流暢な読者 インターフェースがとてもいいです そして多くのRSSリーダーのように フィードをXNUMXつずつ追加するオプションもあります。 を使用してそれらのリストをインポートできるオプションがあります OPMLファイル また、コンテンツがFluent Readerでテキストとして、Webページとして、または外部ブラウザーで直接開くように表示されるように、各フィードを構成する機能もあります。

さらに フィードをフィルタリングして、自動的に既読としてマークすることができます 興味のない特定のトピック、または逆に、好きなものだけを保持するなど、すべて従来のフィルターまたは通常の式を使用します。

流暢な読者 明るいバージョンまたは暗いバージョンに設定できます、モザイクまたはリストの形式の画面がありますが、すべての設定とすべてのフローを保存して、心配することなく復元することもできます。

際立った特徴の Fluent Readerから:

  • ダークモードを完全にサポートするFluentDesignSystemに触発された最新のユーザーインターフェイス。
  • ローカルで読むか、FeverAPIをサポートするFeedbinまたはセルフホストサービスと同期します。
  • OPMLファイルのインポートまたはエクスポート、完全なアプリケーションデータのバックアップと復元。
  • 組み込みの記事ビューでコンテンツ全体を読むか、デフォルトでWebページをロードします。
  • 規則的な表現の記事を検索するか、ステータスを読み取ってフィルタリングします。
  • フォルダと同様のグループ化でサブスクリプションを整理する機能。
  • ワンキーキーボードショートカット。
  • 記事が通常の表現ルールで到着すると、記事を自動的に非表示にするか、既読としてマークするか、強調表示します。
  • バックグラウンドで記事を取得し、プッシュ通知を送信します。

Fluent ReaderをLinuxにインストールするにはどうすればよいですか?

このRSSリーダーをシステムにインストールできるようにすることに関心がある場合は、以下で共有する手順に従ってインストールできます。

Fluentは3つの異なる方法でインストールできます、これは、このソースコードをコンパイルする可能性もありますが、非常に単純ですが、この記事では、最も単純な方法にのみ焦点を当てます。

最初の方法は、Snapパッケージを使用することですしたがって、このアプリケーションをシステムにインストールするには、Snapサポートをシステムに追加する必要があります。 追加のサポートがない場合は、公式Webサイトに記載されている手順に従ってください。 次のリンクで。

ここで、インストールできるようにするには、ターミナルを開いて、その中で次のコマンドを実行するだけです。

sudo snap install fluent-reader --beta

LinuxにFluentReaderをインストールするために提供される別の方法は Flatpakパッケージの使用 この方法でインストールを実行するには、Flatpakサポートをシステムに追加する必要があります。

Fluent Flatakパッケージをインストールするには、ターミナルを開くだけで、その中で次のコマンドを実行します。

flatpak install flathub me.hyliu.fluentreader

アプリケーションをインストールする必要がある最後の方法 AppImageパッケージをダウンロードしています アプリケーションの実行権限を付与して、システムでFluentを起動できるようにします。

最新のAppImageパッケージを入手するには、 次のリンクへ。

たとえば、記事の執筆時点では、アプリケーションはバージョン0.9.1であり、このパッケージをダウンロードするには、次のように入力します。

wget https://github.com/yang991178/fluent-reader/releases/download/v0.9.1-beta/Fluent.Reader.0.9.1.AppImage

次の方法で実行権限を付与します。

sudo chmod +x Fluent.Reader.0.9.1.AppImage

そして、次のコマンドでアプリケーションを起動します。

./Fluent.Reader.0.9.1.AppImage


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。