自動再接続用にJdownloaderを構成する方法

次のチュートリアルは 関数 実質的に 任意のルーター、実行しているオペレーティングシステムに関係なく Jdownloader (私たちの場合には、 リナックス).


今では誰もが知っていると思いますが、jDownloaderはJavaで記述されたオープンソースのダウンロードマネージャーであり、Mediafire、Rapidshareなどの即時ホスティングサイトからファイルを自動ダウンロードできます。

ユーザー指定のダウンロードリンクはパッケージに分割されており、ダウンロードを個別に一時停止および継続できます。 オプションで、RAR形式のファイルはダウンロード後に自動的に抽出されます。

ステップ

1.- Jdownloaderをインストールします

En Ubuntuの および派生物:

sudo add-apt-repository ppa:jd-team / jdownloader sudo apt-get update sudo apt-get install jdownloader

En フェドーラ および派生物:

あなたのwgethttp://dl.dropbox.com/u/964512/lffl_fedora/jdownloader-0.2-2.noarch.rpm yum -y install jdownloader-0.2-2.noarch.rpm

En アーチ および派生物:

ヨーグルト -S jdownloader

2.- Jdownloaderを開きます。 [設定]> [モジュール]> [再接続とルーター]に移動します。

3.- ルーターのIP(私の場合は10.0.0.2)と、インターネットプロバイダーから割り当てられたユーザー名とパスワードを入力します。 もちろん、これは、Jdownloaderがルーターを効果的に自動的に切断/再起動できるようにするために必要です。

最後に、[再接続スクリプトの作成]ボタンをクリックする必要があります。

4.- ルーターの設定ページが開きます。

再起動または再接続するだけです。 ルーターごとに異なるため、この時点までの「ステップバイステップ」ガイドはありません。 ただし、それはかなり簡単なはずです。 それを切断し、変更を保存します。 再接続し、変更を保存して、数秒待ちます。

5.- ルーターが再起動/再接続されると、Jdownloaderウィンドウが点滅し、再ネゴシエーションに成功したことを示すメッセージが開きます。 スクリプトを保存するかどうかを尋ねられます。 もちろん、あなたは彼にそうします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   パブロ

    そしてDebian7では???? 🙁どうすればインストールできますか?