Eyeleoの優れた代替品であるSafeEyesで視力を保護する

私たちがコンピューターでXNUMX日XNUMX時間以上費やしていると、視覚的な問題が発生しやすくなります。 目の緊張(アステノピア)、私たちの網膜の摩耗または他の病気。 助けるために あなたの視力を保護します などの独自のプログラム アイレオ これにより、摩耗を回避するためのアクションを実行できます。これから、 SafeEyes.

SafeEyesとは何ですか?

Es una aplicación de código abierto, escrita en python por Gobinath Loganathan, que intenta proteger sus ojos de la tensión ocular (astenopía), para ello nos recuerda que debemos tomar descansos y hacer diversos ejercicios cada cierto tiempo, mientras se está trabajando por largas horas delante del ordenador.
これは、無料のオープンソースの代替手段として作成されました。 GNU / Linuxで動作します、専用アプリケーション用 アイレオ、Windowsでのみ実行されます。
Los descansos pueden incluir un botón que nos permitirá omitirlos, pero también se puede configurar para que sean estrictos y no desaparezcan por el lapso de tiempo establecido, lo que nos obliga a tomar un descanso.

La aplicación incluye tanto pausas cortas como largas, cada una con una duración configurable. También puede configurar el intervalo entre las pausas y el tiempo para prepararse para cada descanso, mostrando una notificación cuando está a punto de comenzar.

Características de SafeEyes

  • Descansos con ejercicios para los ojos.
  • Largas pausas para cambiar la posición física y de calentamiento.
  • Posibilidad de obligar a realizar las pausas.
  • Altamente personalizable.
  • No molesta cuando se trabaja con aplicaciones de pantalla completa (por ejemplo, películas o juegos).
  • Permite desactivar el teclado durante los descansos.
  • Notificaciones antes de cada descanso.
  • Soporte multi-espacio de trabajo.

SafeEyesをインストールするにはどうすればよいですか?

ディストリビューションとその派生物に応じて、次の方法でSafeEyesをインストールできます。

Ubuntuおよび派生物にSafeEyesをインストールします。

  • PPAを追加します。 sudo add-apt-repository ppa:slgobinath/safeeyes
  • パッケージリストをダウンロードします。 sudo apt update
  • SafeEyesをインストールします。 sudo apt install safeeyes
  • スタートメニューからSafeEyesを起動します。

Archおよび派生物にSafeEyesをインストールします。

  • yaourtを使用してSafeEyesをインストールします。 yaourt -S safeeyes
  • スタートメニューからSafeEyesを起動します。

SafeEyesの手動インストール:

SafeEyesは、必要なパッケージを使用して任意のGNU / Linuxディストリビューションにインストールできます。必ず以下の手順に従ってください。

依存関係をインストールする:

  • アーチ: hicolor-icon-theme, libappindicator-gtk3, xorg-xprop 及び python2-xlib
  • Debianの: gir1.2-appindicator3-0.1, python-xlib, python-gobject 及び python-gi
  • Fedora 24: libappindicator-gtk3, python-xlib, python-gobject 及び xorg-x11-utils

ダウンロードして抽出 safeeyes.tar.gz en /: sudo tar -xzvf safeeyes.tar.gz -C /

次のファイルが解凍されます。

opt/
opt/safeeyes/
opt/safeeyes/BreakScreen.py
opt/safeeyes/config/
opt/safeeyes/config/safeeyes.json
opt/safeeyes/config/style/
opt/safeeyes/config/style/safeeyes_style.css
opt/safeeyes/glade/
opt/safeeyes/glade/break_screen.glade
opt/safeeyes/glade/settings_dialog.glade
opt/safeeyes/Notification.py
opt/safeeyes/safeeyes
opt/safeeyes/SafeEyesCore.py
opt/safeeyes/SettingsDialog.py
opt/safeeyes/TrayIcon.py
usr/
usr/share/
usr/share/applications/
usr/share/applications/safeeyes.desktop
usr/share/icons/
usr/share/icons/hicolor/
usr/share/icons/hicolor/128x128/
usr/share/icons/hicolor/128x128/apps/
usr/share/icons/hicolor/128x128/apps/safeeyes.png
usr/share/icons/hicolor/16x16/
usr/share/icons/hicolor/16x16/status/
usr/share/icons/hicolor/16x16/status/safeeyes_disabled.png
usr/share/icons/hicolor/16x16/status/safeeyes_enabled.png
usr/share/icons/hicolor/24x24/
usr/share/icons/hicolor/24x24/status/
usr/share/icons/hicolor/24x24/status/safeeyes_disabled.png
usr/share/icons/hicolor/24x24/status/safeeyes_enabled.png
usr/share/icons/hicolor/32x32/
usr/share/icons/hicolor/32x32/apps/
usr/share/icons/hicolor/32x32/apps/safeeyes.png
usr/share/icons/hicolor/32x32/status/
usr/share/icons/hicolor/32x32/status/safeeyes_disabled.png
usr/share/icons/hicolor/32x32/status/safeeyes_enabled.png
usr/share/icons/hicolor/48x48/
usr/share/icons/hicolor/48x48/apps/
usr/share/icons/hicolor/48x48/apps/safeeyes.png
usr/share/icons/hicolor/48x48/status/
usr/share/icons/hicolor/48x48/status/safeeyes_disabled.png
usr/share/icons/hicolor/48x48/status/safeeyes_enabled.png
usr/share/icons/hicolor/64x64/
usr/share/icons/hicolor/64x64/apps/
usr/share/icons/hicolor/64x64/apps/safeeyes.png

次のコマンドを使用してSafeEyesを起動します: /opt/safeeyes/safeeyes

Safe Eyesを起動した後、ショートカットをにコピーします ~/.config/autostart および構成 ~/.config/safeeyes.

SafeEyesを構成する方法は?

次のファイルを編集することで、SafeEyesが表示するメッセージとアクティビティを変更できます。 〜/ .config / safeeyes / safeeyes.jsonfile、このファイルは、SafeEyesを初めて起動した後に作成されます。私の構成から、次のようにガイドできます。


{
"break_interval": 15,
"long_break_duration": 60,
"long_break_messages": [
"Caminar por un tiempo",
"Inclinarse hacia atrás en su asiento y relajarse"
],
"no_of_short_breaks_per_long_break": 5,
"pre_break_warning_time": 10,
"short_break_duration": 15,
"short_break_messages": [
"Cierre bien los ojos",
"Voltear los ojos",
"Rote sus ojos",
"Abra y cierre los ojos",
"Tome un poco de agua"
],
"skip_button_text": "Omitir",
"strict_break": false
}

 同様に、休憩間隔を設定するには、ツールバーのSafeEyesアイコンにアクセスして、«をクリックします。設定"

SafeEyes時間を設定する


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   アレクサンダー

    フェドーラで削除するにはどうすればよいですか?