CentOS 7 HypervisorIIおよび最終版-SMBネットワーク

シリーズの一般的なインデックス: SME向けのコンピュータネットワーク:はじめに

皆さん、こんにちは!

あのね? 以前の投稿で試したように、記事の冒頭の他のフレーズは最も適切ではないようです。そのため、コミュニティに所属していることがわかっている読者を含め、通常の挨拶に戻ります。 。

今日は2017年の初日であり、すべての読者の皆様に心よりおめでとうございます。

  • !おめでとうございます。明けましておめでとうございます。.

そして、今年の初めのプレゼントとして、私たちはあなたに私たちができる方法の第2部-そして最後-をもたらします CentOS7でハイパーバイザーをリモート管理する シリーズの前の記事で作成されました SMEネットワーク、これから略して呼びます。

シリーズの以前の投稿を想定しているため、行間のリンクはあまり提供しません«中小企業のためのコンピュータネットワーク«、そして名前、頭字語、定義にすでに精通している人。 それらのページは何ですか?:

また、次の記事を読むことをお勧めします。これは、前述の一連の投稿に対して行ったLinuxディストリビューションの選択を部分的に正当化するためです。

centos7ハイパーバイザーのリモート管理

コンソールとコマンドのみを使用します おとなしい y virt-install。 まだDNSを持っていないので、私たちの生活を楽にするために:

buzz @ sysadmin:〜$ nano / etc / hosts
127.0.0.1 localhost 10.10.10.10 sysadmin.desdelinux.fan sysadmin 10.10.10.4 centos7.desdelinux.fan centos7#次の行は、IPv6対応ホストに適しています:: 1 localhost ip6-localhost ip6-loopback ff02 :: 1 ip6-allnodes ff02 :: 2 ip6-allrouters#------------------------------

コマンドを呼び出します おとなしい 私たちのワークステーションから:

buzz @ sysadmin:〜$ sudo virsh
[sudo]バズのパスワード:仮想化インタラクティブ端末であるvirshへようこそ。 タイプ:「help」コマンドのヘルプ「quit」終了

間違ったハイパーバイザーでコマンドを実行しないように!

virsh#uri
qemu:/システム
#ローカルハイパーバイザーまたは「sysadmin」にいます。

リモートハイパーバイザーに接続します

virsh#connect qemu + ssh:// root @ centos7 / system
ホスト「centos7(10.10.10.4)」の信頼性を確立できません。 ECDSAキーの指紋は71:b9:d9:f7:30:58:07:7f:a9:78:53:21:54:67:26:4fです。 接続を続行してもよろしいですか(はい/いいえ)? はいroot @ centos7のパスワード:

前の手順で認証エラーが返された場合は、ファイルを削除する必要があります /root/.ssh/known_hosts、 そしてさらに試みる。

virsh#uri
qemu + ssh://ルート@ centos7 /システム
# すでにリモートハイパーバイザーに接続しています

リモートハイパーバイザー上のストレージ

virsh#プールリスト
 名前状態自動開始-------------------------------------------デフォルトアクティブはい       

virsh#pool-info default
名前:デフォルトUUID:71d42689-cfaf-4190-bad8-c395640ceee7状態:実行中永続的:はい自動起動:はい容量:155.43 GiB割り当て:1.28 GiB使用可能:154.15 GiB

virsh#pool-dumpxmlデフォルト
デフォルト71d42689-cfaf-4190-bad8-c395640ceee7 166896857088 1378762752 165518094336 / var / lib / libvirt / images 0711 0 0 system_u:object_r:virt_image_t:s0

マシンを/ var / lib / libvirt / imagesに保存したくない

virsh#exit

centos7に新しいストレージデポを作成します

buzz @ sysadmin:〜$ ssh root @ centos7
root @ centos7のパスワード: 

[root @ centos7〜] #mkdir / home / vms
[root @ centos7〜]#終了
10.10.10.4へのログアウト接続が閉じられました。

sysadminとvirshに戻ります

buzz @ sysadmin:〜$ sudo virsh
仮想化インタラクティブ端末であるvirshへようこそ。 タイプ:「help」コマンドのヘルプ「quit」終了

virsh#connect qemu + ssh:// root @ centos7 / system
root @ centos7のパスワード: 

virsh#uri
qemu + ssh://ルート@ centos7 /システム

デポジットの自動開始「デフォルト」は必要ありません

virsh#pool-autostart default --disable
自動開始としてマークされていないプールのデフォルト

新しく作成された/ home / vmsに新しいストレージバケットを定義します

virsh#pool-define-as --name centos7-vms --type dir --target / home / vms --source-format xfs
プールcentos7-vmsが定義されています

virsh#pool-list --all
 名前状態自動開始------------------------------------------- centos7-vms非アクティブデフォルトのアクティブなし

virsh#pool-start centos7-vms
プールcentos7-vmsが開始されました

virsh#pool-list --all
 名前状態自動開始------------------------------------------- centos7-vmsアクティブデフォルトのアクティブなし

virsh#pool-autostart centos7-vms
自動起動としてマークされたプールcentos7-vms

virsh#pool-info centos7-vms
名前:centos7-vms UUID:6a9e0f8c-03dc-405b-8b52-f1899b632adc状態:実行中永続的:あり自動起動:あり容量:155.43 GiB割り当て:1.29 GiB使用可能:154.15 GiB

virsh#pool-dumpxml centos7-vms
centos7-vms 6a9e0f8c-03dc-405b-8b52-f1899b632adc 166896857088 1381736448 165515120640 /ホーム/ vms 0755 0 0 unconfined_u:object_r:home_root_t:s0

仮想マシン«wordpress»のイメージを作成します

注意: 以前にストレージリポジトリにコピーしたopenSUSEのISOイメージ centos7-vms。 それが以下にリストされている理由です。 OpenSuSEディストリビューションにWordPressをインストールしたいことは明らかです.

virsh#pool-centos7-vmsを更新
プールcentos7-vmsが更新されました

virsh#vol-list centos7-vms
 名前パス------------------------------------------------ ------------------------------ openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso /home/vms/openSUSE-13.2-DVD- x86_64.iso

virsh#vol-create-as --pool centos7-vms --name wordpress.raw --capacity 40G
Volwordpress.rawが作成されました

virsh#vol-list centos7-vms
 名前パス------------------------------------------------ ------------------------------ openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso /home/vms/openSUSE-13.2-DVD- x86_64.iso wordpress.raw /home/vms/wordpress.raw

仮想ネットワーク

デフォルトのネットワークからDHCPを削除します

virsh#net-list --all
 名前状態自動開始永続---------------------------------------------- ------------デフォルトアクティブはいはい

virsh#net-info default
名前:デフォルトUUID:2a2ef469-3008-45f9-a165-ab1fb8f6277bアクティブ:はい永続的:はい自動開始:はいブリッジ:virbr0

「デフォルト」ネットワークは次のようになります

virsh#net-デフォルトの編集
デフォルト18ce4bbb-fddb-4300-9f13-65b4d999690c 

そして、このままにしておきます

デフォルト2a2ef469-3008-45f9-a165-ab1fb8f6277b 

変更を適用します

virsh#net-デフォルトを破棄します
ネットワークのデフォルトが破棄されました

virsh#net-startdefault
ネットワークのデフォルトが開始されました

virsh#net-list --all
 名前状態自動開始永続---------------------------------------------- ------------デフォルトアクティブはいはい

virsh#net-info default
名前:デフォルトUUID:2a2ef469-3008-45f9-a165-ab1fb8f6277bアクティブ:はい永続的:はい自動開始:はいブリッジ:virbr0

virsh# やめます

仮想マシン「wordpress」をリモートで作成します

buzz @ sysadmin:〜$ sudo virt-install \
--connect qemu + ssh:// root @ centos7 / system \
--virt-type = kvm \
-名前ワードプレス\
--ram 1024 \
--vcpus = 1 \
--disk /home/vms/wordpress.raw \
--cdrom /home/vms/openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso \
--os-type linux \
-ネットワークネットワーク=デフォルト\
-説明wordpress.desdelinux.fan \
-グラフィックスvnc \
-ビデオ= vga

[sudo]バズのパスワード:root @ centos7のパスワード:インストールを開始しています...ドメインを作成しています... | 0 B 00:00 root @ centos7のパスワード:root @ centos7のパスワード:(virt-viewer:7491):Gdk-CRITICAL **:gdk_window_set_cursor:アサーション 'GDK_IS_WINDOW(ウィンドウ)'が失敗しました

誤ってウィンドウを閉じても問題ありません。 再接続します

buzz @ sysadmin:〜$ virt-viewer --connect qemu + ssh:// root @ centos7 / system wordpress
root @ centos7のパスワード:root @ centos7のパスワード:

今後の記事?

DNS、DHCP、NTP-SMBネットワーク


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ゾディアックカーブルス

    幸せな2017年の友人フィコ。 ハイパーバイザー全体をリモートで管理するこの記事のようなすばらしい記事へのコメントがない場合、配信の無駄です。 フェデリコ、あなたが書いたすべてに本当に感謝しています。 次の記事を楽しみにしています!

  2.   フェデリコ

    ゾディアックの友人、あなたが言うように、彼らはそれらについてコメントしていませんが、私の記事をフォローして待っている人がたくさんいることを知っているので、私の努力が無駄になったとは思いません。 誠実な言葉をありがとうございます。