Clonezilla Live 2.7.0には、Kernel 5.9.1、パッケージアップデートなどが付属しています。

最近 の新しいバージョンの可用性 ディスクのクローン作成に使用される人気のあるLinuxディストリビューション 「ClonezillaLive2.7.0」。2月XNUMX日現在、システムはDebiansidと同期されています。 Linuxカーネルもバージョン5.9.1に更新されています。

Clonezillaに慣れていない人は、次のことを知っておく必要があります。 これは、高速ディスククローン作成用に設計されたLinuxディストリビューションです。 (使用済みのブロックのみがコピーされます)。

ディストリビューションによって実行されるタスクは、 専有製品のもの ノートンゴースト。

このディストリビューションはDebianGNU / Linuxに基づいており、その作業では、DRBL、Partition Image、ntfsclone、partclone、udpcastなどのプロジェクトのコードを使用しています。 CD / DVD、USBフラッシュおよびネットワーク(PXE)から起動可能。

LVM2およびFSext2、ext3、ext4、reiserfs、reiser4、xfs、jfs、btrfs、f2fs、nilfs2、FAT12、FAT16、FAT32、NTFS、HFS +、UFS、minix、VMFS3、VMFS5(VMWare ESX)をサポートします。 ネットワークを介した一括複製モードがあります。これには、マルチキャストモードでのトラフィックの送信が含まれます。これにより、ソースディスクを多数のクライアントマシンで同時に複製できます。

あるディスクから別のディスクにクローンを作成するか、ディスクイメージをファイルに保存してバックアップコピーを作成できます。 クローン作成は、ディスク全体または個々のパーティションのレベルで可能です。

Clonezilla Live2.7.0の主な新機能

冒頭で述べたように、 新しいバージョンは、2月XNUMX日の時点で、DebianSidパッケージデータベースと同期しています。 それに加えて Linuxカーネルがバージョン5.9.1に更新されました。

この新しいバージョンで行われた変更については、コマンドパラメータにあります ocs- *、デバイスへのショートカットパスを指定できるようになりました (たとえば、/ dev / sdaの代わりにsda)。 オペレーティングシステムに関する情報を含むInfo-OS-prober.txtファイルは、ディスクイメージとともにディレクトリに保存されます。

さらに、 ライブブートパッケージがバージョン1に更新されました:20201022-drbl1、静的IP(DHCPなし)を使用したiPXEを介したネットワークブートのサポートを追加します。

また、 改善されたocs-ドライバーリリース時flyは、ocs-srを使用して疑似イメージを保存し、partcloneを使用してデバイスのクローンを作成できるようにし、「– rsyncable」を追加してzstdを保存します。

現在 クリーンで統一されたオプションと再設計されたオプションがすでにあります、これは次の例です。-d| –destination | –targetвместо-t | –target、-po | –portвместо-p | –port、–net-filterвместо-i | –filter、-p | -pa | –postactionвместо-pa | –postaction、-u | –uの代わりに–use-nuttcp | –use-netcat。

追加された新しいオプション-t | –no-restore-mbr、-t1 | –restore-raw-mbrおよび-t2 | –no-restore-ebr。

そして最後に ネットワークを介したクローン作成の場合、圧縮はデフォルトで有効になっていると述べられています アルゴリズムを使用する gzipの代わりにzstd また、uuid-runtime、scsitools、blktool、safecopy、およびgpartパッケージが含まれます。

Si あなたはそれについてもっと知りたい この新しいバージョンのClonezillaの詳細を確認できます 次のリンクで。

Clonezilla Live2.7.0ダウンロード

Clonezillaだから 彼は自分の仕事に不可欠なものしか持っていません、必要なハードウェア要件は最小限です。 システムを実行するには、次のものが必要です。

  • x86またはx86-64プロセッサ
  • 少なくとも196MBのRAM
  • CD / DVDドライブ、USBポート、PXE、ハードディスクなどの起動デバイス。

ご覧のとおり、システムにはグラフィカルインターフェイスがないため、要件の需要は最小限であり、端末での使用に限定されています。

ディストリビューションをダウンロードするには あなたはディストロの公式ウェブサイトに行かなければなりません y ダウンロードセクションで Clonezillaのこの新しいリリースのイメージを取得できます。 配布ISOイメージのサイズは302MBで、x32(i686)アーキテクチャとx64(amd64)アーキテクチャの両方で使用できます。

USBに画像を保存するには、Etcherの使用をお勧めします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。