Conkys:Neofetchを使用しないようにConkysをカスタマイズするにはどうすればよいですか?

Conkys:Neofetchを使用しないようにConkysをカスタマイズするにはどうすればよいですか?

Conkys:Neofetchを使用しないようにConkysをカスタマイズするにはどうすればよいですか?

情熱的な Linuxユーザー 通常、特定の日に、特に 金曜日、祝う #DesktopDay あなたのグループやコミュニティの。 これを行うために、彼らは通常、 スクリーンショット o スクリーンショット(スクリーンショット) そしてそれを見せてください。 そしてそれらは通常オープンターミナルを含みます ネオフェッチ, スクリーンフェッチ または他の同様のもの、これはの技術情報の最大量を示しています プラットフォーム.

そして多くの場合、それらは通常XNUMXつ以上を含みます コンキー 彼について デスク、理想は、同じ情報をできるだけ多く表示するようにそれらのいくつかを適応させることです。 したがって、それがこの出版物の目的、つまり、 個人化.

Conky Manager v2.4:設定方法

で利用可能な情報を拡張したい人は注目に値します コンキー、特にアプリケーションについて コンキーマネージャー、プラス ネオフェッチ、これを読み終えた後、次の以前の出版物を読むことをお勧めします。

関連記事
Conky Manager:監視ウィジェットを簡単に管理します

関連記事
Neofetch:ターミナルで機器とシステムに関する情報を取得します
Conkys:デスクトップフライデー

私の#DesktopFriday

Conkys:デスクトップウィジェット

コンキーとは何ですか?

コンキーズ 息子 小さなアプリケーションまたはプログラム それを可能にする 表示および/または監視 任意のオペレーティングシステムのデスクトップ上の特定の情報または構成パラメータの。 一方 コンキーマネージャー として機能するアプリケーションです グラフィックフロントエンド Conkys構成ファイルを管理します。 オペレーティングシステムにインストールされているそれぞれのConkyのテーマを開始、停止、探索、編集するためのオプションを提供します。

そして、彼らはまさに Conkys構成ファイル、私たちがしなければならない 変更することを学ぶ カスタマイズを実現します。

Neofetchの使用を避けるためにConkyをカスタマイズするにはどうすればよいですか?

主な目的はそれです 私たちのXコンキー に最も近いものになる ネオフェッチ、と呼ばれるものを基本とします ゴッサム。 そして、以下のように表示されるように変更を加えます。 コンキー に配置 右下で、 インスタントトップ画像:

1.-ヘッダー

use_xft yes
xftfont 123:size=8
xftalpha 0.1
update_interval 1
total_run_times 0

own_window yes
own_window_type normal
own_window_transparent yes
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
own_window_colour 000000
own_window_argb_visual yes
own_window_argb_value 0

double_buffer yes
#minimum_size 250 5
#maximum_width 500
draw_shades no
draw_outline no
draw_borders no
draw_graph_borders no
default_color white
default_shade_color red
default_outline_color green
alignment bottom_right
gap_x 10
gap_y 10
no_buffers yes
uppercase no
cpu_avg_samples 2
net_avg_samples 1
override_utf8_locale yes
use_spacer yes

minimum_size 0 0
TEXT

2.-上部:有益なテキスト+日付/時刻

${offset 30}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=12}**************** BLOG DESDELINUX: https://blog.desdelinux.net ***************${font}
${offset 30}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=12}************************ MilagrOS GNU/Linux - AMD64 ************************${font}
${offset 30}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=12}******************** ${time %A => %I:%M} - ${time %d} / ${time  %B} / ${time %Y} *******************

3.-中央部分:ソフトウェアについて

${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}Distro GNU/Linux: ${offset 12}$color${exec DISTRO=$(cat /etc/lsb-release | grep PRETTY_NAME | sed 's/PRETTY_NAME=//' | sed 's/"//g') ; echo $DISTRO}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}Base GNU/Linux: ${offset 12}$color${exec BASE=$(cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME | sed 's/PRETTY_NAME=//' | sed 's/"//g') ; echo $BASE}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}Nombre Producto: ${offset 12}$color${exec PRODUCTNAME=$(cat /sys/devices/virtual/dmi/id/product_name) ; echo $PRODUCTNAME} ${color FFA300}Versión Producto: ${offset 12}$color${exec PRODUCTVERSION=$(cat /sys/devices/virtual/dmi/id/product_version) ; echo $PRODUCTVERSION}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}Paquetería APT/DPKG: ${offset 12}$color${exec NUMEROPAQUETESDPKG=$(dpkg-query -Wf '${Installed-size}\t${Package}\n' | awk '{print $1}' | wc -w ) ; echo $NUMEROPAQUETESDPKG} ${color FFA300}Versión Shell: ${offset 12}$color${exec BASHVERSION=$(bash --version | grep "GNU bash" | awk '{print $4}') ; echo $BASHVERSION}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}Entorno-Escritorio (DE): ${offset 12}$color${exec TIPODE=$(echo $XDG_CURRENT_DESKTOP) ; echo $TIPODE} ${color FFA300}Gestor-Ventanas (WM): ${offset 12}$color${exec TIPOWM=$(wmctrl -m | grep "Name" | awk '{print $2}') ; echo $TIPOWM}

4.-下:ハードウェアについて

${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}HD ${offset 12}$color${fs_free /} / ${fs_size /}${offset 12}${color FFA300}RAM ${offset 12}$color$mem / $memmax ${color FFA300}CPU ${offset 12}$color${cpu cpu0}%
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}USER ${offset 12}$color${user_names} ${offset 12}${color FFA300}KERNEL ${offset 9}$color$kernel ${offset 12}${color FFA300}UPTIME ${offset 9}$color$uptime
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}PC ${offset 12}$color$nodename ${offset 12}${color FFA300}BATTERY ${offset 9}$color${battery_percent BAT0}% ${color FFA300}R. MONITOR ${offset 12}$color${execi 60 xdpyinfo | sed -n -r "s/^\s*dimensions:.*\s([0-9]+x[0-9]+).*/\1/p"}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}CARD VIDEO ${offset 12}$color${exec lspci -v | grep "VGA" | cut -d " " -f05} ${color FFA300}CACHE VIDEO ${offset 12}$color${exec lspci -v -s `lspci | awk '/VGA/{print $1}'` | sed -n '/Memory.*, prefetchable/s/.*\[size=\([^]]\+\)M\]/\1/p'} ${offset 12} ${color FFA300}DRIVER ${offset 12}$color${exec lspci -nnk | grep -i vga -A3 | grep 'in use' | cut -d " " -f05}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}CPU Tipo ${offset 12}$color${exec grep "model name" /proc/cpuinfo | sed q | cut -d ":" -f 2 | awk '{print $0}'}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}CPU Núcleos${offset 12}$color${exec grep "processor" /proc/cpuinfo | sort -r | sed q | awk '{print $3}'}+1 ${offset 12}${color FFA300}CACHE CPU ${offset 12}$color${exec grep "cache size" /proc/cpuinfo | sed q | cut -d ":" -f 2 | awk '{print $0}'} ${offset 12}${color FFA300}A-3D ${offset 12}$color${exec glxinfo | grep "direct rendering: Yes" | awk '{print $3}'}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}GPU Marca ${offset 12}$color${exec FAB_GPU=$(lspci -v | grep "VGA compatible controller" | awk '{print $5}' ) ; echo $FAB_GPU} ${color FFA300}GPU Modelo ${offset 12}$color${exec MOD_GPU=$(lspci -v | grep "VGA compatible controller" | awk '{print $7,$8,$9}' ) ; echo $MOD_GPU}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}LAN $color${addr eth0} ${color FFA300}WLAN $color${addr eth0} ${color FFA300}GSM $color${addr eth0}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}UP-LAN $color${upspeed eth0} ${color FFA300}DOWN-LAN $color${downspeed eth0} ${color FFA300}T-UP $color${totalup eth0} ${color FFA300}T-DOWN $color${totaldown eth0}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}UP-WLAN $color${upspeed wlan0} ${color FFA300}DOWN-WLAN $color${downspeed wlan0} ${color FFA300}T-UP $color${totalup wlan0} ${color FFA300}T-DOWN $color${totaldown wlan0}
${offset 31}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}UP-GSM $color${upspeed ppp0} ${color FFA300}DOWN-GSM $color${downspeed ppp0} ${color FFA300}T-UP $color${totalup ppp0} ${color FFA300}T-DOWN $color${totaldown ppp0}
${offset 30}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=12}*******************************************************************************${font}${voffset 30}

ご覧のとおり、これとすべて 構成ファイル 任意の コンキーそれらは、静的または動的な情報または値を抽出して表示するコマンドまたはコマンドコマンドの結果にすぎません。 ザ・ アドバンテージ を着て Neofetchの代わりにConky 値はオンラインで表示でき、ターミナルを開く必要はありませんが、 不利 つまり、開いている間は消費する傾向があるということです RAMとCPU 一部のコンピューターでは、これは価値があります。

記事の結論の一般的な画像

結論

これを願っています 便利な小さな投稿  について «Conkys»、それら デスクトップウィジェット どれだけ使用してパーソナライズするのが好きか、とりわけ、 スクリーンショット 私たちが祝う日 «DiaDeEscritorio»; 全体として、非常に興味深く有用です «Comunidad de Software Libre y Código Abierto» そして、アプリケーションの素晴らしい、巨大で成長しているエコシステムの普及に大きく貢献しています «GNU/Linux».

そして、詳細については、いつでも訪問することを躊躇しないでください オンラインライブラリ として OpenLibra y ジェディット 読む 書籍(PDF) このトピックまたは他の人について 知識分野。 今のところ、これが好きなら «publicación», それを共有するのをやめないでください 他の人と、あなたの中で お気に入りのウェブサイト、チャンネル、グループ、またはコミュニティ ソーシャルネットワークの、できれば無料でオープンな マストドン、または安全でプライベートのように 電報.


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。