HTTP / FTPではなくSSHを使用して、Debian、Ubuntu、または派生物のリポジトリにアクセスします。

世界で最も普通のことは、HTTPまたはFTPを介して公式リポジトリを指すDebian、Ubuntu、または派生物でリポジトリを構成することです。つまり、ファイル/etc/apt/sources.listを編集して、次のように配置します。

deb http://repos.mired.net/ubuntu-precise/ precise universe multiverse restricted

またはDebianの場合:

deb ftp://repos.mired.net/debian/wheezy/ wheezy main contrib non-free

そして、これは問題ありません。問題はありません。

重要なのは、自宅のコンピューターや、たとえば会社のサーバーにソフトウェアを更新してインストールする必要がある場合があり、Webサーバー(Apache、Nginx、など)私たちのFTPサーバー上(インターネットからの更新は、帯域幅と時間を消費するため、何度も除外されます。さらに、ブラウザを使用してリポジトリのルートを見つけると、ある種の無料広告で楽しむことができます。)、更新して出来上がり、Apacheやpure-ftpdをインストールする必要はありません...これにはSSHを使用できます。

SSHは、コンピューターをリモートで制御する方法です。これは、各サーバーにデフォルトでインストールされるサービスです。Xサーバー/コンピューターにサーバーYにあるリポジトリを使用するように指示し、/ etc / apt /を構成します。次のようにsources.list:

deb ssh://root@repos.mired.cu:/var/www/ftp/repos/debian/wheezy/ wheezy main contrib non-free

ご覧のとおり、起動debは保持され、http / ftpをsshに変更し、次にアクセス先のユーザーとアクセス先のサーバーを変更し、次のコマンドを使用してリポジトリの場所を正確に示します。行に示されているパスの場合、通常のバージョンのディストリビューションとリポジトリのブランチがあります。

次に、通常のことがあります。

apt-get update

そして、それは自動的に更新されない場所です。つまり、SSH経由でそのリポジトリを使用するようにシステムに指示すると、システムは、この新しいサーバーの既知のサーバーにSSHを追加するかどうかを尋ねます。 yesと入力して押す 入力します、次にルートパスワードを要求し、それを入力すると、インデックスの更新プロセスが開始されます。これは、彼らが示したものです🙂

仮想サーバーをこのように構成しているので(Archを使用していますが、仮想サーバーはDebianを使用しています)、これは私にとって非常に便利です。それでも多くの作業や帯域幅を節約できますね。 🙂

とにかく...これがあなたのお役に立てば幸いです😀

よろしく


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

6コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   FIXOCONN

    ここからの同僚はあなたに「あなたはトラだ」と言うでしょう
    投稿ありがとうございますそれは私たちのためにオーダーメイドに見えます(.cu)

  2.   neo61

    まあ、なんて良い。 あなたが公開するすべてのもののような素晴らしい貢献。 助けが必要です。自宅からリポジトリを更新することに関するものですが、sources.listの場合、行をどのように構成する必要がありますか?

    1.    KZKG ^我愛羅

      リポジトリが/ home / neo / Linux / debian-repoにあるとすると、次のようになります。

      deb ssh://root@mipc:/home/neo/Linux/debian-repo/ wheezy main contrib non-free

      1.    neo61

        遅れて申し訳ありませんが、メールで通知されるようにマークを付けていませんでした。パートナーの貢献と説明に感謝します。 一部のメキシコ人の「パドレゲイ」が言うように

  3.   jc852654

    私はsources.list.dにsources.listファイルを持っています
    次のようにします。

    #このファイルを/etc/apt/sources.list.d/に置きます

    #SSH-デスクトップまたはラップマシン用の/etc/apt/sources.listファイルの開始$
    deb ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian / wheezy main contribnon-free
    deb-src ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian / wheezy main contrib non-f $

    deb ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian / wheezy-主な貢献を更新n $
    deb-src ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian / wheezy-main contr $を更新します

    deb ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian-security / wheezy / update main $
    deb-src ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian-security / wheezy / updates m $

    #バックポート
    deb ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian-backports / wheezy-backports mai $

    #SSH-マルチメディア
    deb ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian-multimedia / wheezy mainnon-free

    #Iceweasel-解放
    deb ssh:// c3uz @ VODK:/ media / USBDEB / debian / debian-mozilla / wheezy-backports icewe $

    #ファイルの終わり/etc/apt/sources.list

    しかし、それは私にとって完全には機能しません。
    君にも手伝える

    「#aptitudeupdate」実行時の出力です
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports Release.gpg
    sshをヒット:// c3uz @ VODK wheezy Release.gpg
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports Release.gpg
    Ign ssh:// c3uz @ VODKwheezy-backportsリリース
    ヒットssh:// c3uz @ VODKwheezyリリース
    Ign ssh:// c3uz @ VODKwheezy-backportsリリース
    ヒットssh:// c3uz @ VODK wheezy / mainamd64パッケージ
    ヒットssh:// c3uz @ VODK wheezy / non-freeamd64パッケージ
    ヒットssh:// c3uz @ VODK wheezy / main Translation-en
    Hit ssh:// c3uz @ VODK wheezy / non-free Translation-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy / main Translation-en
    Err ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / mainamd64パッケージ
    ファイルが見つかりません
    Err ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / contribamd64パッケージ
    ファイルが見つかりません
    Err ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / non-freeamd64パッケージ
    ファイルが見つかりません
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / contrib Translation-en_ES
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / contrib Translation-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / contrib Translation-es_SV
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / contrib Translation-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / main Translation-es_ES
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / main Translation-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / main Translation-es_SV
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / main Translation-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / non-free Translation-es_ES
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / non-free Translation-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / non-free Translation-es_SV
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / non-free Translation-en
    Err ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / iceweasel-amd64パッケージをリリース
    ファイルが見つかりません
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / iceweasel-リリース翻訳-en_ES
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / iceweasel-リリース翻訳-en
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / iceweasel-リリース翻訳-es_SV
    Ign ssh:// c3uz @ VODK wheezy-backports / iceweasel-リリース翻訳-en

    1.    jc852654

      これは、データを取得するUSB​​ハードドライブの構造です。
      ├──debian
      │├──デビアン
      ││├──dists
      │││├──oldstable->スクイーズ
      │││├──スクイーズ
      │││├──安定->ホイージー
      │││└──wheezy
      ││├──プール
      │││├──投稿
      │││├──メイン
      │││└──無料ではありません
      ││└──プロジェクト
      ││└──トレース
      │├──debian-バックポート
      ││└──dists
      ││└──スクイーズバックポート
      │├──debian-mozilla
      ││└──dists
      ││├──スクイーズバックポート
      ││└──wheezy-バックポート
      │├──debian-マルチメディア
      ││├──dists
      │││├──oldstable->スクイーズ
      │││├──スクイーズ
      │││├──安定->ホイージー
      │││└──wheezy
      ││├──プール
      │││├──メイン
      │││└──無料ではありません
      ││└──プロジェクト
      ││└──トレース
      │└──debian-security
      │├──dists
      ││├──スクイーズ
      ││└──wheezy
      │├──プール
      ││└──更新
      │└──プロジェクト
      │└──トレース