IBMはLotusSymphonyのソースコードをOpenOfficeに寄贈します

少し前にLibreOfficeが登場しました。 OpenOfficeのOracleがSunを買収 (OpenOfficeの元開発者および所有者)、それは秘密ではありません オラクル 努力して「勝つ」ことはしなかった OpenOfficeの、の外観をもたらした LibreOfficeの だけでなく、 多数のOpenOfficeプログラマーのLibreOfficeへの亡命.

とともに LibreOfficeの それはその利点を使用することを目的としています GoOffice 他の開発者が決してもたらすことができなかった他の機能と同様に、それをもたらします OpenOfficeの.

後で、私たちはそれを発見しました OpenOfficeが所有権を変更し、今回はApacheに渡されます、そしてこれまでのところ私たちはそうです。

たまたま何か新しいことがあり、変化に対してそれは否定的なことではありません OpenOfficeの。 この場合、私たちはそれを学びます IBM のソースコードを寄付する ロータスシンフォニー a Apache OpenOffice.org、後者にいくつかの改善をもたらす可能性があります。

ApacheFoundationメーリングリストへのメール, ロブ堰 (IBM CollaborativeSolutions部門)前述のことを発表し、彼らが助けることを確認します Apache OpenOffice.org 現在利用可能な改善を実装する ロータスシンフォニー.

あなたがより多くの情報を得られるように、私はいくつかの抜粋を残します:

まず第一に、OpenOffice.orgプロジェクトが現在改善されていることを支援します ロータスシンフォニー、 下 Apache2.0ライセンスまた、これらの改善のどれをできるだけ早く実施するかについての優先順位を確立します。 からのコードを使用する 交響曲 この作業は、これらの改善を次の即時バージョンで利用できるようにすることで加速されます。 あああ。 すでにヘルプファイルをに変換しています DITA、この方向に進むと、ジョブが速くなります。

ウィアー 彼はまた、 GUI (グラフィカルインターフェイス)の ロータスシンフォニー からいくつかのレビューを受けています OpenOffice.org、それをほのめかす OpenOfficeの 多分あなたは統合したい UI.

同じメールで ウィアー それを認める IBM のコミュニティの模範的なメンバーではありませんでした OpenOffice.org、と言う IBM これを最初から修正したい アパッチ.

しかし、私たちは IBM 私たちはコミュニティのメンバーの例ではありませんでした OpenOffice.org それについてです。 はい、私たちはさまざまなコミュニティの集まりに参加し、会議を後援し、標準のために協力しました。 しかし、コード入力自体を見ると、 交響曲 本質的にはフォークのようであり、コードを返したり提供したりすることはほとんどありません。 OpenOfficeの、私たちはそれが最も正しくないことを認識しています。

今、すべてはの側に残っています アパッチさて、まだ何も決まっていません。 はい アパッチ の提案は IBM 恩恵を受ける可能性があります OpenOfficeの、間違いなく彼らは受け入れるでしょう。
夢は何も費用がかからないので、本当に斬新な変更を待つのは面白いと思います😉
何が起こっても、コミュニティとしての私たちは常に利益を得るか、単に行動を継続します。なぜなら、これが承認され、 OpenOfficeの 新しい空気と前向きな変化があり、主な受益者は私たち「コミュニティ」であり、これが受け入れられない場合、 OpenOfficeの 彼らが現在あるものであり続けます(あまり受け入れられていないか人気がない人)、まあ...私たちはまだ持っています LibreOfficeの ^ _ ^

これですべてです。
しかし、私は質問を開いたままにします...

OpenOfficeに新しいクールなGUIが付属している場合、OpenOfficeを使用しますか、それともLibreOfficeを引き続き使用しますか?

ご挨拶とお読みいただきありがとうございます。

作業の流れが良くなり、統合の進捗が加速します


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

4コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   サンジェ

    数か月前、Lotus Symphonyを試しましたが、Openofficeよりもずっときれいなグラフィカルインターフェイスが好きでした。奇妙なことに、数式エディタの準備ができていませんでした。

  2.   タレゴン

    質問については…🙂私は二度と思いませんが、良い環境またはGUIが生産性を向上させるので、OpenOffie + Symphonyを選びます。これは、このIBMソフトウェアで見る機会があり、すべてがうまくいくように賭けています。 、とりわけ、LibreOfficeが競合他社であるため、これらのオフィススイート間で多くの新しいことがわかります😉

    1.    KZKG ^我愛羅

      ここで質問は実際にあります:
      «LibreOfficeではなくOpenOfficeに寄付するのはなぜですか?» 0_o

      間違いなく、GUIの変更は大いに役立つでしょう。私たちはより「新しく」快適に感じるでしょう。それでもOpenOffice + Symphonyにチャンスを与えると思います。

      ご覧いただきありがとうございます😉

  3.   アルベルトガレア

    彼らはライセンス供与の目的​​でそれをopenofficeに寄付しました。 商業的に実行可能な製品を生産するために、派生物開発がオープンソースライセンスを強制的に継承する必要がないタイプのライセンス(apache)を採用することはopenofficeの動きです。 その派生物はgpledされなければならないので、gplライセンスを持つlibreofficeではそれは不可能です。
    とにかく、これが行われるのは興味深いことです。なぜなら、それ自体では生き残れないLinuxディストリビューションと同じくらい多くのコンピュータースイートに多くの分散があるからです。 一方で、libreofficeに圧力をかけて進化させ、openofficeの単なるクローンとしてとどまらないので、それも良いことです。 進化が少なくともXNUMXつの方法でもたらされることを期待しましょう:UIの改善とコードの軽量化