IPFS 0.8.0の新しいバージョンはすでにリリースされており、ピンでの作業を容易にするようになります

数日前、 の発売 分散型ファイルシステムの新しいバージョン IPFS0.8.0 (InterPlanetary File System)は、メンバーシステムで構成されるP2Pネットワークの形式で実装されたグローバルバージョンのファイルストレージです。

IPFS Git、BitTorrent、Kademlia、SFSなどのシステムに以前に実装されたアイデアを組み合わせます Webは、Gitオブジェクトを交換する単一のBitTorrentスウォーム(配布に参加しているピア)のように見えます。 IPFSは、場所や任意の名前ではなく、コンテンツによって対処されます。 リファレンス実装コードはGoで記述されており、Apache2.0とMITによってライセンスされています。

IPFSに慣れていない人は、次のことを知っておく必要があります。 このファイルシステムでは、ファイルリンクはそのコンテンツに直接関連しています コンテンツの暗号化ハッシュが含まれています。 ファイルアドレスの名前を任意に変更することはできません、内容を変更した後にのみ変更できます。 同様に、アドレスを変更せずにファイルを変更することはできません(古いバージョンは同じアドレスのままで、新しいバージョンは別のアドレスから利用できます)。

毎回新しいリンクを転送しないように、ファイル識別子は変更のたびに変更されることを考慮に入れて、 恒久的な住所をリンクするサービスが提供されます ファイルのさまざまなバージョン(IPNS)を考慮に入れるか、従来のFSおよびDNSとの類推によってエイリアスを設定します。

ファイルをシステムにダウンロードした後、 参加者は自動的に配布ポイントのXNUMXつになります。 分散ハッシュテーブル(DHT)は、対象のコンテンツが存在するノード上のネットワーク参加者を決定するために使用されます。

IPFSは、ストレージの信頼性などの問題の解決に役立ちます (元のストレージが無効になっている場合、ファイルは他のユーザーのシステムからダウンロードできます)、コンテンツの検閲に耐え、インターネット接続がない場合や通信チャネルの品質が低い場合にアクセスを整理できるようにします。

IPFS0.8の主な新機能

この新しいバージョンでは 外部サービスを作成する機能が実装されました ユーザーデータを固定する(ピン-重要なデータが確実に保存されるように、データをノードにバインドします)。 サービスに割り当てられたデータには、個別の名前を付けることができます、コンテンツ識別子(CID)とは異なるため、名前とCIDの両方でデータを検索できます。

データ修正リクエストを処理するには、 IPFSピン留めサービスAPIが提案されています。 これはgo-ipfsで直接使用できます。 ピン留めするコマンドラインで、コマンド「ipfspinremote」が提供されます。

ピンサブシステムが再設計されました ピンを追跡する方法をはるかに高速かつ柔軟にするためです。 多くのピンを使用するユーザーの場合、 これにより、速度が大幅に向上します リスト内のアンカー要素のセットの変更、およびメモリ使用量の減少。

再設計の一部は、ピンと相互作用する機能を考慮に入れるように構成されました リモートピンと対話できるようになったのと同じ方法でローカル(名前、同じCIDを複数回設定できるなど)。 固定機能の強化にご期待ください。

ゲートウェイの「https://」リンクを生成するときに、サブドメインを使用してDNSLink名を転送する機能が追加されました。

元の名前のピリオドが「-」文字に置き換えられ、既存の「-」文字が別の同様の文字でエスケープされ、QUICプロトコルのサポートが拡張されたリンクが使用可能になりました。パフォーマンスを向上させるために、受信を増やす機能UDP用のバッファが提供されています。

最後に あなたがそれについてもっと知りたいなら この新しいバージョンについては、で詳細を確認できます 次のリンク。

LinuxでIPFSを使用する方法は?

システムにIPFSを実装できるようにすることに関心がある場合は、次の手順に従って実装できます。 この記事で詳しく説明します。

関連記事
IPFS:GNU / Linuxで惑星間ファイルシステムを使用するにはどうすればよいですか?

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。