新しいManjaroLinux21.0アップデートはすでにリリースされています

数日前 Manjaro Linux21.0の新しいアップデートリリースがリリースされました 多くのユーザーが知っているように、ManjaroはArch Linuxをベースにしたディストリビューションであり、ローリングリリースです(新しいバージョンはなく、アップデートのみ)。

これが、これらの更新の目的が、新しいユーザーと再インストール者が大量のGBのシステムパッケージ更新をダウンロードする必要がないようにすることである理由です。

レイアウトは、簡素化されたインストールプロセスの存在を際立たせます 使いやすく、ハードウェアの自動検出とその操作に必要なドライバーのインストールをサポートします。

リポジトリを管理するには、 Manjaroは独自のBoxItツールキットを使用しています、Gitと同じ方法で設計されています。 リポジトリは継続的にサポートされていますが、新しいバージョンでは追加の安定化段階があります。

独自のリポジトリに加えて、AUR(Arch User Repository)リポジトリの使用がサポートされています。 ディストリビューションには、システムを構成するためのグラフィカルインストーラーとグラフィカルインターフェイスが付属しています。

Manjaro Linux21.0の主な新機能

Manjaro Linux 21.0のこの新しいアップデートでは、システムイメージ Linuxカーネルがバージョン5.10に更新されました Xfceベースのユーザー環境に付属するメインエディション Xfceバージョン4.16を使用するように更新されました。

つつ GNOMEベースのエディションでは、GNOME初期セットアップウィザードが廃止されました。 それに加えて、ほとんど否定的なユーザーレビューを生成しました GNOME 3.38は、以前のバージョンと同様に引き続き出荷されます また、PipeWireメディアサーバーのサポートが改善され、頻繁なビューと以前に分割されたすべてのアプリケーションが、アプリケーションをカスタムフォルダーに並べ替えて整理できる単一のカスタマイズ可能で一貫性のあるビューに置き換えられました。

に基づく版 KDEはPlasma5.21デスクトップの新しいバージョンを提供し、新しいApplicationLauncher実装を使用します。 これにより、アプリケーションの検索、アクセス、実行がより迅速かつ簡単になります。 新しいランチャーは、プログラムを簡単に配置できるXNUMXつのパネルを備えており、キーボード、マウス、タッチ入力が強化されているため、全体的なアクセシビリティが向上します。

KDEエディションに含まれているもうXNUMXつの改善点は プラズマシステムは、システムリソースを監視するための新しいアプリケーションを監視しますさらに、システム設定:プラズマファイアウォール設定に新しいページが追加されました。 この構成モジュールを使用すると、システムのファイアウォールをインストールして構成できます。 Media Playerウィジェットのレイアウトが改善され、現在音楽を再生しているアプリケーションのリストがタブバーとしてヘッダーに含まれるようになりました。

一方、Calamaresインストーラーは、GeoIPベースからのユーザーの場所の決定に基づいて、優先言語とキーボードレイアウトを選択するための推奨事項を追加しました。

最後に、 あなたがそれについてもっと知りたいなら このリリースの詳細を確認できます 次のリンクで。

Manjaro Linux21.0をダウンロードする

Manjaroの新しいバージョンを入手できることに興味がある人のために、 ディストリビューションの公式サイトにアクセスすると、システムのイメージを取得できます。 ダウンロードセクションには、好みのフレーバーや、他のデスクトップ環境やウィンドウマネージャーを追加するコミュニティバージョンをダウンロードするためのリンクがあります。

Manjaroには、KDE(2.7 GB)、GNOME(2.6 GB)、およびXfce(2.4 GB)のグラフィカル環境を備えたライブバージョンがあります。 Budgie、Cinnamon、Deepin、LXDE、LXQt、MATE、およびi3を使用したビルドは、コミュニティの参加を得てさらに開発されています。

リンクはこちらです。

システムイメージは、次の方法で記録できます。

Windowsの場合: Etcher、Universal USB Installer、またはLinuxLive USB Creatorを使用でき、どちらも使いやすいです。
Linux: 推奨されるオプションは、ddコマンドを使用することです。このコマンドを使用して、Manjaroイメージを保持するパスと、usbを保持するマウントポイントを定義します。

dd bs=4M if=/ruta/a/manjaro.iso of=/dev/sdx && sync


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。