MongoDB 5.0には、時系列、ナンバリングの変更などの形式のデータが付属しています

の新しいバージョン MongoDB5.0はすでにリリースされています そしてこの新しいバージョンでは いくつかの非常に興味深いニュースが提示されます そのうちのハイライトすることができます 時系列形式のデータ収集、およびAPIバージョン管理のサポート、 とりわけ、ライブリシャーディングメカニズムのサポート。

MongoDBに慣れていない人は、次のことを知っておく必要があります。 このDBは、JSONのような形式でのドキュメントの保存をサポートしています、クエリを生成するためのかなり柔軟な言語を持ち、さまざまな格納された属性のインデックスを作成でき、大きなバイナリオブジェクトのストレージを効果的に提供し、データベースにデータを変更および追加するためのレジストリ操作をサポートし、パラダイムMap / Reduceに従って動作し、レプリケーションをサポートしますフォールトトレラント構成を構築します。

MongoDB5.0の主な新機能

この新しいバージョンでは、 問題の番号付けスキームが変更されました 予測可能なバージョン管理スケジュールに移行しました。 年に一度、重要なバージョンが形成されます (5.0、6.0、7.0)、5.1か月に5.2回、新機能を備えた暫定バージョン(5.3、5.1、1)、および必要に応じて、バグと脆弱性の修正を含む修正アップデート(5.1.2。5.1.3、XNUMX、XNUMX .XNUMX) 。

暫定バージョンでは、次のメジャーバージョンの機能が作成されます。つまり、MongoDB 5.1、5.2、および5.3では、MongoDB6.0のバージョンに新しい機能が追加されます。

この新しいバージョンで提示されるノベルティについて MongoDB 5.0 私が知っていることがわかります APIバージョン管理のサポートが追加されました、これにより、アプリケーションを特定のAPI状態にバインドし、DBMSの新しいバージョンに移行するときに発生する可能性のある下位互換性違反に関連するリスクを排除できます。 APIバージョン管理 アプリケーションのライフサイクルをデータベースのライフサイクルから分離します また、データベースの新しいバージョンに移行するときではなく、新しい機能を利用する必要が生じたときに、開発者がアプリケーションに変更を加えることができます。

もうXNUMXつの重要な目新しさは 時系列形式のデータ収集 これらは、特定の時間間隔(時間とこの時間に対応する値のセット)で記録されたパラメーター値の一部を格納するようにすでに最適化されています。 MongoDB これらのコレクションを、具体化されていない記録可能なビューとして扱います 内部コレクションから作成され、挿入時に時系列データを最適化されたストレージ形式に自動的にグループ化します。

追加されたことも目立ちます ライブリシャーディングメカニズムのサポート、DBMSを停止することなく、その場でシャーディングに使用されるシャーディングキーを変更できます。

と同様 特定のセットでアクションを実行できる分析関数のサポート コレクション内のドキュメントの。 集計関数とは異なり、ウィンドウ関数はグループ化されたセットに折りたたまれるのではなく、結果セットにXNUMXつ以上のドキュメントを含む「ウィンドウ」のコンテンツに基づいて集計されます。

さらに、 クライアント側でフィールド暗号化機能が拡張されましたDBMSを停止せずに、x509監査フィルターと証明書ローテーションを再構成できるようになりました。 TLS1.3の暗号スイートを構成するためのサポートが追加されました。

一方で、この新バージョンの発表でも際立っています。 新しいコマンドラインシェルMongoDBシェルが提案されました (mongosh)は、別個のプロジェクトとして開発されており、Node.jsプラットフォームを使用してJavaScriptで記述され、Apache2.0ライセンスの下で配布されています。

MongoDBシェル DBMSに接続し、構成を変更し、クエリを送信できます。 MQL式、コマンドとメソッドの入力、構文の強調表示、コンテキストヒント、エラーメッセージの解析、およびプラグインを介して機能を拡張する機能のスマートオートコンプリートをサポートします。

その他の変更点 提示:

  • ドキュメントコレクションの排他ロックを取得すると同時に操作を実行しても、Find、count、different、aggregate、mapReduce、listCollections、およびlistIndexesがブロックされなくなりました。
  • 政治的に誤った用語を削除する取り組みの一環として、isMasterコマンドとdb.isMaster()メソッドの名前がhelloとdb.hello()に変更されました。
  • 古い「mongo」CLIは非推奨になり、将来のリリースで削除される予定です。

最後に、それについてもっと知りたい場合は、 詳細は次のリンクをご覧ください。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。