マルチセーブ:ドキュメントをさまざまな形式で保存します

のユーザー OpenOfficeの o LibreOfficeの 私たちはODF形式のファイルを扱うことに慣れています。 ただし、MS Officeの最新バージョンのみがこの(無料の)形式をサポートしています。 このため、必要なのは数回ではありません enviar のファイル 他のフォーマット


このような場合、OpenOffice / LibreOfficeには大幅な拡張機能があり、ドキュメントを複数の形式で同時に保存できるため、時間を大幅に節約できます。

インストール

1.- ダウンロード LibreOffice拡張機能ページからの拡張機能。

2.- 次に、OpenOffice / LibreOfficeを開き、[ツール]> [拡張機能マネージャー]に移動します。

3.- 拡張機能と出来上がりを追加しました。 慣れ親しんだ[保存]ボタンの横にアイコンが表示されます。

4.- これを選択すると、保存オプションを含む新しいウィンドウが表示されます。

5.- ルートを検索し、名前を入力すると、それだけです。

些細なことのように思えるかもしれませんが、この拡張機能は非常に時間を節約でき、ワンクリックでアクセスできます。 それを試すのをやめないでください。

出典 タリンガ


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

3コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   パブロ

    素晴らしい記事です!

  2.   Linuxを使いましょう

    正確です!

    2012/11/19 ディスケ

  3.   セザールアロンソペナ

    すごい!!! したがって、ドキュメントをXNUMX回保存する必要はありません!!!