MXスナップショット:個人用でインストール可能なMX Linux Respinを作成するにはどうすればよいですか?

MXスナップショット:個人用でインストール可能なMX Linux Respinを作成するにはどうすればよいですか?

MXスナップショット:個人用でインストール可能なMX Linux Respinを作成するにはどうすればよいですか?

情熱を持っている私たちの多くにとって Linuxの世界、それを使用する必要があるだけでなく、私たちは何度もそれを探しています GNU / Linuxディストリビューション 理想的またはそれを作成する方法を探しています。 LFS(Linux From Scratch) または、次のような別の大きくて堅実な分布に基づいて、 Debian、Ubuntu、Fedora、Arch.

確かにこれは通常必要です 深い知識 およびの使用 専用のソフトウェアツール、通常および平均的なコンピュータユーザー(オフィス/管理者)が通常持っているものではありません。 しかし MXLinuxディストリビューション、私たちが頻繁に話しますが、と呼ばれる便利でシンプルで効率的なアプリケーションがあります MXスナップショット、これにより、事実上すべてのLinuxユーザーが独自のインストール可能なMX LinuxRespinを作成できます。

MX-19.3:MX Linux、DistroWatch番号1が更新されました

MX-19.3:MX Linux、DistroWatch番号1が更新されました

によって理解される 再スピン起動可能(ライブ)およびインストール可能なISOイメージ 復元ポイント、記憶媒体、および/またはとして使用できます GNU / Linuxの再配布可能な配布 とりわけ。 したがって、このツールは、次のような古いツールの最新かつ効率的な代替手段です。 «Remastersys y Systemback»、しかしそれはあなただけで機能します ネイティブディストロすなわち MXLinux。

さらに、 MX Linux 現在、別のソフトウェアツールも含まれています «MX Live USB Maker (Creador de USB Vivo MX)» その目的は記録することです «Imagen ISO» の現在のカスタマイズおよび最適化されたオペレーティングシステムから生成 Usuario Linux XNUMXつ以上 «Unidad USB».

このすべての情報を拡張するには MXLinuxとそのツール、以下をクリックしてください。 リンク および/または以前の以下の関連出版物をお読みください。

関連記事
MX-19.3:MX Linux、DistroWatch番号1が更新されました
関連記事
MX Linux 19:DEBIAN10に基づく新しいバージョンがリリースされました
関連記事
ミラクル:MX-Linux17.1に基づく小さなディストロ

MXスナップショット:コンテンツ

MXスナップショット:スナップショットツール

MXスナップショットを使用する前の前の手順と推奨事項

以下に概説および推奨される手順は、 MXLinuxユーザーインストール、構成、最適化、カスタマイズ su ディストリビューション MX Linux お好みに合わせて、 再スピン それは、とりわけ、 すばやく復元 元のDistroを最初から使用することを避け、最初からやり直す必要がないため、それが必要な状況でも同じです。 または場合に応じて、 Respinを他の人と共有する、彼の周りにコミュニティを作成するなど、何らかの理由で。

前の手順

  1. 不要なものはすべて手動で削除してください:パス«/ home /…»の既存のフォルダー、つまり保存または他のユーザーと共有したい個人ファイルまたは独自のファイルのみを残しました。 含まれるファイルが少ないほど、生成されるISOは小さくなることに注意してください。 同じことがアプリケーションにも当てはまります。つまり、含まれるアプリケーションの数が少ないか小さいほど、ダウンロードして小さなUSBメモリドライブで使用するための妥当なISOサイズを維持するのに適しています。
  2. 余分なものをすべて自動的に削除します:この目的には、次のMX Linuxアプリケーションおよびその他の外部アプリケーションの使用が理想的です:MXクリーンアップ(MXクリーニング)およびBleachBit。 両方をできれば最大の洗浄能力で使用し、後者は両方とも通常のユーザーモードで「ルート」として使用します。

提言

  1. これらの不要なサービスをすべて無効/無効にする:この目的には、次のMXLinuxアプリケーションおよびその他の外部アプリケーションの使用が理想的です。XFCEの「構成メニュー」のネイティブアプリケーション「セッションと開始」およびオプション「サービス」の外部アプリケーションStacer 。 さらに、Stacerでは、「システムクリーンアップ」オプションでログファイル(* .log)の優れたデバッグを実行できます。
  2. ユーザー設定とカスタマイズを保存する:Respinで作成される新しいユーザーで作成されたMX Linuxユーザーで行われたことの一部またはすべてを保持および継承する場合は、パス«/ home /にある必要なフォルダーとファイルを配置する必要があります。 myuser /»パス内«/ etc / skel»。 例えば:

フォルダ:

  • 。キャッシュ
  • .config
  • 。地元

必要と思われるその他のもの。たとえば、.conky、.fluxbox、.kdeなど。

記録:

  • .bash_history
  • .bashrc
  • 。面
  • 。プロフィール

必要と思われるその他のもの。たとえば、.wbar、.xinitrc、.xscreensaverなど。

MXスナップショットの使い方は?

使用 MXスナップショット とても簡単です。 開く(実行する)と、最初の画面に次のように表示されます。これは、すぐ上の画像で確認できます。

  • /(ルート)内のスペース:圧縮するOS全体でどのくらいのスペースが占有されているかを示します。
  • /自宅の空きスペース:OSホームで空き領域が利用可能になるタイミングを表示する
  • 画像の場所:デフォルトのパスを表示したり、ISOが作成される独自のパスを示したりします。
  • 画像名:ISOを作成するために、デフォルト名を表示したり、独自の名前を示したりします。

MXスナップショット:コンテンツ

次の画面では、すぐ上の画像に示されているように、オプションが選択されている場合、作成されたユーザーのどのフォルダーをバックアップしたくないかを示すことができます。 «保存されたアカウント(個人のバックアップ用)。 このオプションを使用すると、作成したユーザーを記録したままにして、 再スピン 両方モード «envivo»(ライブ) 同じものをインストールするときのように。

オプションが選択されている場合 「デフォルトのアカウントが復元されました(他のユーザーに配布するため)」、ユーザーアカウントは保存(コピー)されず、デフォルトでは、このオプションはのパスワードをリセットします "デモ" y "ルート" デフォルトで含まれているものに MX Linux.

さらに、 MXスナップショット 次の圧縮スキームを提供します。 lz4、lzo、gzip、xz、後者は、ISOに挿入されるファイルを圧縮するときに最も効率的です。

残りの部分については、 «次へ»ボタン ISOが作成され、を使用してDVDまたはUSBに書き込むことができます MXライブUSBメーカー から MX Linux、または Balena Etcher、Rosa Image Writer、Ventoy O·エル コマンド「dd」 他から GNU / Linuxディストリビューション、またはを使用して ルーファス から Windows.

あなたがもっと知りたいなら MX Linux Respin 次のリンクをクリックしてください。

そしてここで、 非公式のMXLinux Respin 呼ばれます 奇跡、以前のプロジェクトを置き換えたプロジェクト 鉱夫 に基づいて Ubuntuの18.04 使用して システムバック。

記事の結論の一般的な画像

結論

これを願っています 便利な小さな投稿  ネイティブツールについて MX Linux コール «MX Snapshot»、これは、個人用でインストール可能なMX Linux Respin、つまり、復元ポイント、記憶媒体、および/または配布として使用できる起動可能なISOイメージ(ライブ)の作成を可能にする優れたソフトウェアユーティリティです。 全体として、非常に興味深く有用です «Comunidad de Software Libre y Código Abierto» そして、アプリケーションの素晴らしい、巨大で成長しているエコシステムの普及に大きく貢献しています «GNU/Linux».

そして、詳細については、いつでも訪問することを躊躇しないでください オンラインライブラリ として OpenLibra y ジェディット 読む 書籍(PDF) このトピックまたは他の人について 知識分野。 今のところ、これが好きなら «publicación», それを共有するのをやめないでください 他の人と、あなたの中で お気に入りのウェブサイト、チャンネル、グループ、またはコミュニティ ソーシャルネットワークの、できれば無料でオープンな マストドン、または安全でプライベートのように Telegram.


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

4コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ロコエルウエロ

    つまり、PCにインストールされているLinuxディストリビューションのイメージを作成できませんか?

    1. こんにちは、RocoElWuero。 いいえ、このツールはMX Linuxにネイティブであり、他のDistroで動作するようには構築されていません。 それが行われた場合、その優れた機能性と実用性のために驚異的です。

  2.   ロナルド・K

    こんにちは人、
    habedasmitdemSchnappschußschonbegriffenundschon einige erstellt、was auch wunderbar funktioniert hat unter mx18.3 konnte ich die ISO Datei auch prima auf eine andere Festplatte installieren ohne das es Probleme gab、-Aber unter MX 19.3 Schnappschußerstellenunderhalltedann auch eine funtionierende ISO Datei die auch startet und bis zueinemPunktabläuft、wo mich das Installprogramm nach Loginname und Passwort fragt、was ich auch eingebe und dann erscheint ein Dollerzei nichtweiter…aberwie gesagt nur bei mx19.3 bei
    mx 18.3 lauft alles bis zum Destoppbildschirm weiter dann erscheint das Install brogramm und ich kann es auf Festplatte installieren --bei mx 19.3 geht das nicht hat nicht einmal geklappt was soll ich da beim Dollerzeichen eingeben ??? Bitte helft mir ichは、MX Linuxeinfachの通行料を見つけます。 ダンケ

    1. グリュッセ、ロナルド。 Ichhabeはnichtganzverstandenです。 Ich habe jedoch mein eigenes Respin(live und installierbarer Snapshot)von MX Linux 19.3、gena​​nnt MilagrOS、und es funktioniert ohneProbleme。 Ichweißnichtgenau、Ihr Problem ist、aber ich kann mir vorstellen、dass、wenn Ihr Respin Sie irgendwann nach einem Kennwort fragt、es das Standardkennwort sein sollte、in MX Linux、das、glaube ich、«demo»oder ist、andernfalls sollte es das sein、das Sie dem Benutzer zugewiesen haben、der vor dem Respin angelegtwurde。 Ichweißnicht、obisnützlichseinwird、aber dies ist die URL meines Respins、falls Sie is erforschenundsehenmöchten、wieisnützlichseinkann: https://proyectotictac.com/distros/

      あいさつ、ロナルド。 よくわかりませんでした。 ただし、MilagrOSと呼ばれるMX Linux 19.3の独自の再スピン(ライブでインストール可能なスナップショット)があり、問題なく動作します。 問題が何であるかは正確にはわかりませんが、ある時点でリスピンでパスワードの入力を求められた場合、MX Linuxではデフォルトでこれが「デモ」または「デモ」または「 root」、そうでない場合は、再スピンする前に作成したユーザーに割り当てたものである必要があります。 それが役立つかどうかはわかりませんが、これは、それを調べてどのように役立つかを確認したい場合に備えて、私のリスピンのURLです。 https://proyectotictac.com/distros/