openSUSELeapとSUSELinuxEnterpriseの間の作業を統合するために作成されたイニシアチブ

OpenSUSEの人々はイニシアチブを検討し始めました openSUSELeapおよびSUSELinuxEnterpriseのバージョンと連携して開発を維持すること ジェラルドファイファー、 SUSEテクニカルディレクターおよびopenSUSEの監視委員会の委員長コミュニティが検討することを提案した へのイニシアチブ OpenSUSELeapおよびSUSELinuxEnterpriseディストリビューションの開発プロセスとビルドプロセスをまとめます。

これは提起されました なぜなら 現在openSUSELeapのバージョンは の基本セット SUSE LinuxEnterpriseディストリビューションのパッケージ、ただしopenSUSEパッケージ ソースパッケージとは別にコンパイル。 この提案の本質は、ディストリビューションを構築し、openSUSELeapでSUSELinuxEnterpriseのすぐに使用できるバイナリパッケージを使用する作業を統合することです。

今日、私はいくつかの興味深いニュースと伝えたい提案を持っています。SUSEは、openSUSEコミュニティへの開放をさらに一歩進めたいと考えており、openSUSELeapとSUSELinuxEnterpriseの関係を新しいレベルに引き上げることを提案しています。

内部的には、このアイデアは「ジャンプギャップを埋める」と呼ばれ、より緊密に強化および統合することを提案しています。

  • 開発者コミュニティ。コミュニティおよび業界パートナー向けの開発プラットフォームとしてopenSUSELeapに焦点を当てています。
  • 安定したエンタープライズコードベースの利点とコミュニティへの貢献のスピードを活用することによる、ユーザーコミュニティ。
  • openSUSELeapおよびSUSELinux Enterprise(SLE)コードベース。ソースを共有するだけでなく、openSUSELeapに含めるためのSUSELinuxEnterpriseバイナリも提供します。.

最初の段階では、 コードベースをマージする予定です 可能であれば、openSUSE Leap15.2とSUSELinux Enterprise 15 SP2の共通部分であり、両方のディストリビューションの機能と安定性を失うことはありません。

第15.2段階では、openSUSE LeapXNUMXのクラシックバージョンと並行して、実行可能ファイルに基づいて別のエディションを準備することが提案されています SUSE Linux Enterpriseを開発し、2020年XNUMX月に暫定バージョンをリリースします。

第2021段階では、15.3年XNUMX月に、openSUSE Leap XNUMXのリリースを策定する予定です。デフォルトでは、SUSE LinuxEnterpriseの実行可能ファイルを使用します。

同じパッケージを使用すると、あるディストリビューションから別のディストリビューションへの移行が簡単になります。 コンパイルとテストのリソースを節約し、スペックファイルの複雑さを取り除き(スペックファイルレベルで定義されたすべての違いが統一されます)、エラーメッセージの送信と処理を容易にします(パッケージのさまざまなセットの診断から逃れることができます) )。

openSUSE Leapは、コミュニティの開発プラットフォームとしてSUSEによって推進されます および外部パートナー。 openSUSEユーザーにとって、この変更は、安定した産業用配布コードと十分にテストされたパッケージを使用できるため、有益です。 削除されたパッケージを対象とする更新も一般的であり、SUSEQCチームによって十分にテストされます。

LeapとTumbleweedが、SUSE LinuxEnterpriseとともに成長および進化することを誇りに思います。

OpenSUSEコミュニティの他のメンバーと一緒に作業するエンジニアのこの取り組みは、今後何年にもわたって関係するすべての人に利益をもたらします。

レポジトリ openSUSE Tumbleweedは、引き続き新しいパッケージを開発するためのプラットフォームです。 openSUSELeapおよびSLEの場合。 基本パッケージに変更を転送するプロセスは変更されません(実際、SUSE srcパッケージからコンパイルする代わりに、すぐに使用できるバイナリパッケージを使用します)。

すべての共有パッケージは、フォークを変更および作成するためにOpen BuildServiceで引き続き利用できます。

別の機能を維持する必要がある場合 openSUSEとSLEの一般的なアプリケーションの 追加機能を特定のopenSUSEパッケージに転送できます (ブランド要素の分離と同様)またはSUSE LinuxEnterpriseに必要な機能を含めるため。

SUSE Linux EnterpriseでサポートされていないRISC-VおよびARMv7アーキテクチャのパッケージは、個別にコンパイルすることをお勧めします。

詳しく知りたい方は詳細をご確認ください 次のリンクで。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。