Patatを使用してターミナルでプレゼンテーションを表示する

ラス プレゼンテーション それらは、とりわけ私たちの計画、アイデア、チュートリアルを公開することになると非常に重要な要素です。 通常、それらを表示するために、よく知られているプレゼンテーションエディタ(Impress、PowerPoint、preziなど)を使用しますが、多くのことを話し、コンソールを使用すると、 ターミナルでプレゼンテーションをしてみませんか? 

パタットとは?

パタット (P恨み And The ANSI Terminal)は、によって書かれたシンプルなオープンソースツールです。 Jasper van der jeugt、これにより、XNUMXつのANSI端末のみを使用してプレゼンテーションを表示できます。

このツールはで開発されました ハスケル、ライブラリを使用する Pandoc、Markdownのサポートを提供することに加えて、無数の入力フォーマットも提供します。 patat_demo

Patatのインストール方法

を使用してubuntu16.04にPatatをインストールします 徒党、このためには、次の手順に従う必要があります。

  • 更新システム:
   sudoのapt-get updateを実行し
  • cabal-installをインストールします
   sudo apt-get install cabal-install
  • パスを更新する
   PATH = "$ PATH:$ HOME / .cabal / bin"
  • ラン 
   キャバルインストールパタット

プレゼンテーションにPatatを使用する方法

Patatを使用するには、次のコマンドを実行する必要があります。

patat [--watch] ejemplo.md

プレゼンテーションが表示されたら、次のコマンドを使用して「スライド」間を移動できます。

  • 次のスライド: space, enter, l,
  • 前のスライド: backspace, h,
  • 10枚のスライドを早送りします: j,
  • 10枚のスライドを返す: k,
  • 最初のスライド: 0
  • 最後のスライド: G
  • ファイルをリロード: r
  • プレゼンテーションを終了する: q

入力フォーマット

入力形式は、Pandocがサポートするものであれば何でもかまいません。 一般的に、最良のオプションは使用することです マークダウン、 たとえば、次の

---
titulo: Muestra tus presentaciones en la terminal usando Patat
Autor: Luigys Toro
...

# Esta es una diapositiva

¿Por qué no hacer nuestras presentaciones en la terminal?

---

# Título Importante

Patat es posible gracias a:

- Markdown
- Haskell
- Pandoc

パタット

友達を驚かせたり、端末の使用を増やしたり、新しいことを学んだり、 パタット それは間違いなくあなたに良い結果をもたらすでしょう。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

4コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   イヤン

    友達にビーマーを使うように説得するのは難しいです…端末でプレゼンテーションをするように言ったら、彼らは私を自分の知っている場所に直接送ってくれます。

    1.    オマル

      そして、彼らはそれがグラフまたはXD画像を表示するかどうかを尋ねます..

  2.   イグナシオ

    ありがとうございます私はこれに素人ですが興味があり、あなたのプレゼンテーションは満足のいく明確なものです

  3.   エディソンGR

    私はそれを試してみます、私のPCは古く、コンソールプログラムはそれをうまく実行します、ありがとう友人、アイデアは良いです