QEMU 5.2には、RISC-Vの改善、コンパイラの変更などが含まれています。

QEMU

QEMU5.2はすでにリリースされています そしてこの新しいバージョンでは、準備中 3200人の開発者によって216を超える変更が加えられました そのうち、RISC-Vのライブマイグレーションのサポート、RISC-Vハイパーバイザーの実験的なサポート、より多くのボードのサポートなどを見つけることができます。

QEMUに慣れていない人は、QEMUがエミュレーターであることを知っておく必要があります。 まったく異なるアーキテクチャのシステムでハードウェアプラットフォーム用に作成されたプログラムを実行できますたとえば、x86互換のPCでARMアプリケーションを実行します。

QEMUの仮想化モードでは、CPUで命令を直接実行し、XenハイパーバイザーまたはKVMモジュールを使用するため、分離環境でコードを実行するパフォーマンスはハードウェアシステムに近くなります。

QEMU5.2のメインニュース

コンパイルシステムが変更されました、 QEMUをコンパイルするには、ninjaツールキットをインストールする必要があります。

のサポートが追加されました プロセスを使用するためのブロックデバイスドライバ vhost-user-blkのバックエンドとしてのバックグラウンドのqemu-storage-daemon、 また、新しいQMPコマンド「block-export-add」もあります。これは、コマンド「nbd-server-add」を置き換え、「qemu-storage-daemon」のサポートを提供します。

qcow2イメージの場合、拡張L2レジスタのサポートが追加されました。 これにより、不完全なグループ(サブクラスター)によってスペースを割り当てることができます。 イメージの作成時にL2を有効にするには、オプション「extended_l2 = on」を指定する必要があります。

また、 QemuをNBDクライアントとして使用するためのサポートが改善されました。 ネットワークを介してデータが交換される際の待機時間が短縮され、ゲストのブロックが発生する状況が減少したためです。 Qemu-nbdは、複数の「-B名」オプションを指定して、一度に複数のダーティビットマップを指定する機能を提供します。

もうXNUMXつの重要な変更は 新しい高性能移行モード TLSおよびmultifdを介した暗号化されたデータ転送を使用します。 デフォルトの移行帯域幅制限が1Gbpsに引き上げられました。

移行パラメータが追加されました 'block-bitmap-mapping'。これにより、移行中に転送されるビットマップをより細かく制御できます。 このパラメーターは、ホスト名が受信側のソースと異なっていても機能します。

また、新しい呼び出しが追加されました 'calc-dirty-rate'および 'query-dirty-rate'は、RAMでの操作に関連する負荷を考慮して、移行中の更新の速度を予測します。

また、 プレートのサポートを見つけることができます mp2-an386、mp2-an500、raspi3ap(Raspberry Pi3モデルA +)、raspi0(Raspberry Pi Zero)、raspi1ap(Raspberry Pi A +)、およびnpcm750-evb / quanta-gsj。

AArch32アーキテクチャの場合、ARMv8.2 FEAT_FP16(中精度の浮動小数点)拡張機能のサポートが実装されています。

最後にnxattr属性名のレンダリングを制御するためのvirtiofsdの新しいオプション ゲストシステムで拡張され、ホストシステム上の異なるマウントポイントを持つパーティションの個別の接続、およびピボットルートの代替であるサンドボックス分離メカニズムを指定します。

Y RISC-Vアーキテクチャエミュレータへのライブマイグレーションサポート、 また、バージョン0.6.1に更新されたRISC-Vの実験的なハイパーバイザーサポート。 virt / SpikeシステムでのNUMAソケットのサポートが追加されました。

目立つ他の変更のうち この新しいバージョンの:

  • guest-get-devices、guest-get-disks、およびguest-ssh- {get、add-remove} -authorized-keysコマンドがQEMUゲストエージェント(qemu-ga)に追加されました。
  • kvm-steal-timeベースのアカウンティングのサポートが追加されました。
  • HPPAアーキテクチャエミュレータは、NetBSDと、Debian0.5や0.6.1などの非常に古いLinuxディストリビューションの起動をサポートしています。
  • PowerPCアーキテクチャエミュレータは、NUMAトポロジのユーザー定義間隔のサポートを改善しました。
  • KVM用のs390アーキテクチャエミュレータは、診断命令0x318のサポートを追加しました。
  • 従来のコードジェネレーターTCG(Tiny Code Generator)は、追加のz14命令のサポートを実装します。
  • vfio-pciデバイスでは、エミュレートされた機能の代わりに、実際のコンピューター機能に関する情報が提供されます。
  • Xtensaアーキテクチャエミュレータは、単精度および倍精度の浮動小数点opcodeを備えたDFPUコプロセッサのサポートを追加します。

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。