SSH接続を「存続」させる方法

通常のSSHユーザーの場合、「自分自身を切断する」ことがあることに気付いたと思います。 これを修正するには、手を「少し汚く」して、いくつかの構成ファイルを変更する必要があります。


これを行うには、2つの変数ServerAliveCountMaxとServerAliveIntervalに割り当てられた値を変更する必要があります。

ServerAliveCountMaxは、sshがサーバーからの応答を受信せずに送信できる「serverisalive」メッセージの数を設定します。 このタイプのメッセージは、接続がまだアクティブであるかどうかを知るために不可欠です(おそらくサーバーが「ダウン」したなど)。

ServerAliveIntervalは、サーバーからの応答がない場合に、sshが応答を要求するメッセージを再送信するまでの間隔(秒単位)を設定します。

クライアントで

変更をすべてのユーザーに有効にするには、ファイルを変更する必要があります  / etc / ssh / ssh_config。 一方、変更をユーザーに対してのみ有効にする場合は、ファイルを変更します 〜/ .ssh / config.

SSH構成ファイルに以下を追加します。

ホスト *
    ServerAliveInterval 300
    ServerAliveCountMax 3

サーバー上

サーバーがすべてのクライアントとの接続を維持するために、ファイルに以下を追加します /etc/ssh/sshd_config:

ServerAliveInterval 300
ServerAliveCountMax 3

この構成により、クライアント/サーバーは300秒(5分)ごとに相手にメッセージを送信し、応答がない場合は3番目の機会で諦めます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

3コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   アルガベ

    Archlinuxで同じ/ etc / ssh / sshd_configファイルを編集し、ClientAliveIntervalのコメントを解除(#を削除)して値を0から300に変更した場合でも、ClientAliveCountMaxのコメントを解除し、デフォルト値の3(これはクライアントの場合)のままにします。 )。

  2.   エルミメタル

    情報ありがとうございます。これで多くの作業を節約できます。