Stratis 2.1には、LUKS2を使用したパーティション暗号化のサポートが付属しています。

stratis

Red Hat開発者とFedoraコミュニティ、 最近の発売を発表しました プロジェクトの新しいバージョン ストラティス 2.1 これは、7か月の共同作業の後に行われ、LUKS2を使用したパーティション暗号化のサポートに焦点が当てられました。

Stratisに慣れていない人は、これが RedHatによって開発されたデーモン とFedoraコミュニティ ユーザースペースの設定を統合および簡素化する これは、D-Busを介したLVMボリューム管理およびXFSファイルシステムの基盤となるLinuxストレージコンポーネントの既存のコンポーネントを構成および監視します。

多くの点で、システムは高度なZFSおよびBtrfsパーティション管理ツールを繰り返しますが、Linux kernel-device-mapperサブシステム(モジュールdm-thin、dm-cache、モジュール)の上で機能するレイヤー(stratisd)として実装されます。 dm-thinpool、dm-)dmの侵入と整合性)およびXFSファイルシステム。

Stratisについて

Stratis 既存のテクノロジーのレイヤーを統合することにより、ZFS / Btrfsスタイルの機能を提供します-LinuxデバイスマッパーサブシステムとXFSファイルシステム。 stratisdデーモンは、ブロックデバイスのコレクションを管理し、D-BusAPIを提供します。

Stratis-CLIはコマンドラインツールを提供します Stratisは、D-BUSAPIを使用してstratisdと通信します。

ZFSやBtrfsとは異なり、Stratisコンポーネントはユーザースペースでのみ機能します また、特定のカーネルモジュールをロードする必要はありません。 プロジェクトは当初、評価を管理するためにストレージシステムの専門家の管理を必要としないものとして提示されました。

D-BusAPIとcli-utilityが管理用に提供されています。 Stratisは、LUKS(暗号化されたパーティション)、mdraid、dm-multipath、iSCSI、LVM論理ボリューム、およびさまざまなハードドライブ、SSD、NVMeドライブに基づくブロックデバイスでテストされています。

Stratis 2.1の新機能は何ですか?

プロジェクトのこの新しいバージョンは注目に値します 管理するためのサポートを追加する LUKS2を使用したパーティション暗号化、これは 非常に単純な実装 GNU / Linuxのパーティションおよび暗号化されたストレージユニットの管理に使用されます。

このタイプの暗号化は、デバイスでの使用をお勧めします モバイル、ラップトップ、デバイス 紛失や盗難の場合に情報を保護したいストレージ。

統合されたもうXNUMXつの変更 Stratis 2.1では、 デーモンが暗号化サポートを処理し、一連のレポート/リクエストを閉じます 管理しやすい暗号化サポートを提供する他の最新のLinuxファイルシステムを考慮した、そのような機能に関するエラー。

ザ・ JSON形式でレポートを生成するためのD-Busレポートインターフェイス、 書き換えられたデバイスIDと初期化コードも同様です。

その他の変更点 この新しいバージョンから際立っている:

  • stratisdデーモンのバージョンの動的検証
  • 生成される可能性のあるエラーメッセージの生成におけるエラー、および特定の場合のエラーメッセージの改善を修正しました
  • ブラックボックステストの改善

また、 RAID、データ圧縮、 重複排除と耐障害性はまだサポートされていませんが、 それらは将来的に計画されています。

最後に あなたがそれについてもっと知りたいなら この新しいバージョンについては、変更点のリストを確認できます 次のリンクで。

Stratisをインストールするにはどうすればいいですか?

Stratisは、RHEL、CentOS、Fedoraおよび派生物で利用できます。 パッケージはRHELリポジトリとその派生物の内部にあるため、インストールは非常に簡単です。

Stratisをインストールするには ターミナルで次のコマンドを実行するだけです。

sudo dnf install stratis-cli stratisd -y

または、これを他の方法で試すこともできます。

sudo yum install stratis-cli stratisd -y

システムにインストールしたら、 Stratisサービスを有効にする必要があります、次のコマンドを実行してこれを行います。

sudo systemctl start stratisd.service
sudo systemctl enable stratisd.service
sudo systemctl status stratisd.service

構成と使用の詳細については、次のリンクにアクセスしてください。 https://stratis-storage.github.io/howto/


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。