SUSE Linux Enterprise 15SP3の新しいバージョンがリリースされました

SUSE開発者は XNUMX年の開発の後に、新しいバージョンの 「SUSELinuxEnterprise15SP3」 これは、以前にリリースされたopenSUSE Leap 100ディストリビューションとのパッケージの15.3%バイナリ互換性を提供し、openSUSEを実行しているSUSE LinuxEnterpriseシステムへの最もスムーズな移行を可能にします。

事実、以前に実施されていたsrcパッケージを再構築する代わりに、openSUSEでSUSE Linux Enterpriseと同じバイナリパッケージのセットを使用したおかげで、高レベルの互換性が達成されました。

SUSE Linux Enterprise 15SP3の主な新機能

この新しいバージョンのディストリビューション Btrfsユーティリティはシリアル化のサポートを追加しました (順番に実行する) 同時に実行できない操作バランシング、デバイスの削除/追加、ファイルシステムのサイズ変更など。 エラーを表示する代わりに、同様の操作が次々に実行されるようになりました。

また、 ホットキーがインストーラーに追加されました Ctrl + Alt + Shift + C(グラフィカルモードの場合)およびCtrl + D Shift + C(コンソールモードの場合) 追加設定のダイアログを表示するには (ネットワーク構成、リポジトリを選択し、エキスパートモードに切り替えます)。

また、 NVIDIA ComputeModuleのサポートが改善されました。 仮想マシンメモリの透過的な暗号化を提供する第XNUMX世代AMDEPYCプロセッサで提案されているSecureEncrypted Virtualization(SEV)仮想化拡張機能のサポートの追加に加えて、CUDA(Compute Unified Device Architecture)と仮想GPU。

カーネルの側では、それを見つけることができます Linuxカーネル5.3は引き続き使用されます Habana Labs Goya AI PCIeカードプロセッサ(AIP)のサポートの追加に加えて、AMD EPYC 7003プロセッサの特定の最適化を含む、AMD EPYC、Intel Xeon、Arm、および富士通プロセッサの最適化が追加されたため、新しいハードウェアサポートがまだあります。 NXP i.MX 8M Mini SoC、NXP Layerscape LS1012A、NVIDIA Tegra X1(T210)、およびTegra X2(T186)のサポートが追加されました。

以前のバージョンと同様に、デスクトップが送信されます GNOME 3.34、蓄積されたバグ修正が転送され、Inkscape 1.0.1、Mesa 20.2.4、Firefox78.10などのシステムパッケージが更新されました。

つつ Xcaは新しいユーティリティで言及されています (X証明書およびキー管理)ローカルCAの作成、証明書の生成、署名、取り消し、PEM、DER、およびPKCS8形式のキーと証明書のインポートとエクスポートを行うことができる証明書管理用。

及び NetworkManagerでのIPSecVPNStrongSwanのサポート (NetworkManager-strongswanおよびNetworkManager-strongswan-gnomeパッケージのインストールが必要です)。 非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。サーバーシステムのNetworkManagerサポート(サーバーネットワークサブシステムの構成にはwickedが使用されます)。

x86_64システムの場合、アイドル状態のCPUドライバー「haltpoll」を追加しました、CPUをディープ省電力モードにできるタイミングを決定します。モードが深いほど、節約量は大きくなりますが、モードから抜けるのにも時間がかかります。 新しいコントローラーは仮想化システムで使用するように設計されており、ゲストシステムで使用される仮想CPU(VCPU)が、CPUをアイドル状態にする前に追加の時間を要求できるようにします。 このアプローチは、ハイパーバイザーへの制御の復帰を防ぐことにより、仮想化アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。

その他の変更点 目立つ:

  • SELinuxサポートがYaSTに追加されました。 インストール中に、SELinuxを有効にして、「必須」または「許可」モードを選択できるようになりました。
  • exFATおよびBCache用のユーティリティを備えたexfatprogsおよびbcache-toolsパッケージが含まれています。
  • Ext4およびXFSの個々のファイルに対してDAX(ショートカット)を有効にする機能が追加されました
  • TPM(Trusted Platform Module)ソフトウェアエミュレーターの実装を含むswtpmパッケージを追加しました。
  • AutoYaSTでのスクリプトとプロファイルのサポートが改善されました。
  • ユーザープロセスのファイル記述子の最大数の制限を増やしました(RLIMIT_NOFILE)。
  • ハード制限が4096から512Kに引き上げられ、アプリケーション自体の内部から増やすことができるソフト制限は変更されていません(1024記述子)。
  • Firewalldは、iptablesの代わりにnftablesを使用するためのバックエンドサポートを追加します。
  • VPN WireGuard(カーネルモジュールおよびケーブル保護ツールパッケージ)のサポートが追加されました。
  • Linuxrcを使用すると、MACアドレスを指定せずにRFC-2132形式でDHCP要求を送信して、多数のホストの保守を簡素化できます。
  • Dm-cryptは、同期モード暗号化のサポートを追加し、/ etc / crypttabの読み取りなしおよび書き込みなしのキューオプションで有効にします。

出典 https://www.suse.com/


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。