LMDEXfceを使用してTurpialでプロキシを使用する方法


Xfce 素晴らしいです デスクトップ環境、しかしそれは私にとって完全ではないいくつかのオプションを欠いています。 それらのXNUMXつはの使用です グローバルプロキシものの、 この問題を解決する方法はすでに見ました.

さらに 変更する方法を見ました ターピアル ローカルサーバーに接続する Status.Net。 ととも​​に Gnomeの グローバルプロキシ これは問題ありませんが、 Xfce 物事が変わります。 彼が私に言ったように ウィルアルバレス (別名サタン)、の主任開発者 ターピアル:

現在、Gnomeプロキシは使用しているデスクトップ環境であるため、サポートしているだけですが、Xfceでも機能させるために必要なコードを含めても問題ありません。実際、それは素晴らしいことです。

だから私たちが待っているのは ムクドリモドキ 2.0 のサポートを含める Xfce、私たちはあなたに使用させることができます プロキシ 手動で。 これを行うには、ファイルを少し調整する必要があります /usr/share/pyshared/turpial/api/interfaces/http.py

私たちが最初に行うことは、上記のファイルのバックアップを作成することです。または、バリアントは、私が行ったのと同じことを行うことができます。 変更する必要のある行は次のとおりです。

ifdetect_desktop_environment()== 'gnome' and GCONF:gclient = gconf.client_get_default()if gclient.get_bool( '/ system / http_proxy / use_http_proxy'):proxies ['http'] = "%s:%d"%(
gclient.get_string( '/ system / http_proxy / host')、 
gclient.get_int( '/ system / http_proxy / port'))
if gclient.get_bool( '/ system / http_proxy / use_same_proxy'):proxies ['https'] = proxies ['http'] elif gclient.get_string( '/ system / proxy / secure_host'):proxies ['https'] = "%s:%d"%(gclient.get_string( '/ system / proxy / secure_host')、gclient.get_int( '/ system / proxy / secure_port'))

興味のあるものは太字で強調表示されています。 私がしたことは、それらすべての行をコピーすることでした、そして私がこれを置いた元の行のすぐ下に:

ifdetect_desktop_environment()== 'xfce':
gclient = gconf.client_get_default()if gclient.get_bool( '/ system / http_proxy / use_http_proxy'):proxies ['http'] = "%s:%d"%(
gclient.get_string('10.10.0.5 .XNUMX ')、
gclient.get_int( '3128'))
if gclient.get_bool( '/ system / http_proxy / use_same_proxy'):proxies ['https'] = proxies ['http'] elif gclient.get_string( '/ system / proxy / secure_host'):proxies ['https'] = "%s:%d"%(gclient.get_string( '/ system / proxy / secure_host')、gclient.get_int( '/ system / proxy / secure_port'))

3行だけ変更する必要があったところ(太字で強調表示)。

もちろん、これは決定的な解決策ではありません。何よりも、使用する場合は HTTPS それがうまくいくかどうかはわかりませんが、それまでの間、これが私の問題を解決します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ダッシュ0

    そして、認証がユーザーとパスワードで行われる場合はどうなりますか?