UbuntuでiPhoneのインターネット接続を使用する方法

多くの人が質問し、解決策を見つけられません iPhoneと契約したデータ接続を共有してUbuntuで使用する方法このように、私たちは別のインターネット料金を雇うことに費やすことはありません。


接続はBluetooth経由で行われます。 ケーブルでも可能ですが、Bluetoothよりも高速で接続も非常にうまくいくと思います。

このためには、iPhoneとPCの接続を担当するBluemanというアプリケーションが必要です。

ターミナルを開き、対応するリポジトリを追加します。 次に、システムを更新し、bluemanをインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:blueman / ppa
sudoのapt-get updateを実行し
sudo apt-get install blueman

これで、PCとiPhoneでBluetoothをオンにするだけで済みます。 デバイスを検索してリンクすると、すべてが機能します。

Kynacomに感謝します!

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

8コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   キレス

    ばかげた質問...私はiphone4を持っていますが、これは脱獄せずに機能しますか?

  2.   ホセアルベルトゴンザレス

    こんにちは、ubuntuを搭載したラップトップとDebianスクイーズを搭載したデスクトップPCが受信するインターネットを共有する方法を説明していただけますか?
    前もって感謝します
    とても良いブログ

  3.   アントニオ

    インターネットを備えたコンピューターで、次の手順を実行します。

    sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -o wlan0 -j MASQUERADE

    sudoのsuコマンド
    エコー1> / proc / sys / net / ipv4 / ip_forward

    さらに、次のように(他のコンピューターとの)ケーブル接続を構成する必要があります。
    ip:192.168.2.3
    マスク:255.255.255.0
    ゲートウェイ:0.0.0.0
    dns-server:インターネット接続の場合と同じです。私の場合は192.168.1.1です。

    分離されたコンピューターで、有線ネットワークを次のように構成します。
    ip:192.168.2.1
    マスク:255.255.255.0
    ゲートウェイ192.168.2.3
    dns-server:インターネット接続用のもの(私の場合は192.168.1.1)

    それが機能するかどうかを確認してみてください

    -

    すべてがうまくいった場合は、変更が維持されるように変更を修正する必要があります。 そうしないと、次回の起動時にiptables構成が失われます。

    sudoリーフパッド/etc/sysctl.conf

    次の行を探します。

    #次の行のコメントを解除して、IPv4のパケット転送を有効にします
    #net.ipv4.ip_forward = 1

    次のように、XNUMX行目からポンド記号を削除します。

    #次の行のコメントを解除して、IPv4のパケット転送を有効にします
    net.ipv4.ip_forward = 1

    保存して閉じます

    次に、次のファイルを作成します。

    sudoリーフパッド/etc/init.d/firewall

    このコンテンツで:

    #!/ bin / shを
    #インターネット接続の共有を有効にするスクリプト

    #ルールのクリーニング

    iptablesの-F
    iptablesの-X
    iptables -Z
    iptables -F -t nat
    iptables -X -t nat
    iptables -Z -t nat
    iptables -F-tマングル
    iptables -X-tマングル
    iptables -Z-tマングル
    iptables -F -t フィルター
    iptables -X-tフィルター
    iptables -Z -t フィルター

    #共有を有効にする

    iptables -A INPUT -i eth0 -j ACCEPT
    iptables -t nat -A POSTROUTING -o wlan0 -jMASQUERADE
    iptables -A FORWARD -i eth0 -j ACCEPT

    そして今、私たちはそれに実行許可を与えます:

    sudo chmod + x /etc/init.d/firewall

    そして、次の方法でシステムブートに配置します。

    sudo ln -s /etc/init.d/firewall /etc/rc2.d/S99firewall
    sudo ln -s /etc/init.d/firewall /etc/rc3.d/S99firewall
    sudo ln -s /etc/init.d/firewall /etc/rc4.d/S99firewall
    sudo ln -s /etc/init.d/firewall /etc/rc5.d/S99firewall

    それでおしまい。 再起動してテストする

  4.   Linuxを使いましょう

    うーん…いい質問ですね。 真実は私にはわかりません。 それはそれをテストすることの問題になるでしょう。
    成功したかどうかお知らせください。 🙂
    乾杯! ポール。

  5.   Linuxを使いましょう

    これが私がLinuxコミュニティで最も気に入っていることです。 私たちは皆、互いに助け合うことができます。「教師」や「学生」は存在せず、お互いに手を差し伸べるだけです。 あることについてもっと知っている人もいれば、他のことについてもっと知っている人もいます。
    あなたの知識に答えて共有してくれてありがとう!
    大きな抱擁! ポール。

  6.   ホセアルベルトゴンザレス

    ありがとう、あなたはとても親切です!!!!!
    やってみます

  7.   アントニオ

    どういたしまして、サー! いずれかのステップで行き詰まった場合は、お知らせください

  8.   アントニオ

    どういたしまして、サー! 実のところ、ちょっとした「偉業」を得るたびに、指示を含むtxtファイルを自宅の「util」フォルダーに保存するので、質問を見たときは、ファイルの内容をコピーして貼り付けるだけで済みました。 、そして「私の場合」のDNSの隣に置きます。 レシピを保存することは私に起こった最高のことです。5分でレシピに従うので、何かが正しく構成されていなかったり、再インストールしなければならないことを恐れません。

    ご挨拶とブログありがとうございます

bool(true)