Ubuntu 18.04 LTS Bionic Beaverのインストールデータによると、Ubuntuは世界中で使用されています

Ubuntu 18.04LTSバイオニックビーバー

Canonicalは本日、Ubuntu 18.04LTSユーザーから取得した数値を明らかにしました。 2018年XNUMX月の発売.

Ubuntu 18.04 Bionic Beaverの開発中に、Canonicalは オプションのデータ収集システム これは、Ubuntuの統計と改善のために実装されます。 結局、システムは最初の電源投入時にメイン画面に実装されると言われていました。

システムを改善するためにUbuntuによって収集されるデータには、システムのバージョンと配布、ユーザー設定、インストールされているソフトウェア、接続、OEMメーカー、CPU、RAM、ストレージ、画面解像度、GPUデータ、およびユーザーが選択した場所に基づく場所が含まれます。インストール。

Ubuntu 18.04LTS世界中のバイオニックビーバー

これらすべてが、Canonicalがユーザーのニーズとハードウェア設定を理解するのに役立ち、Ubuntuがより高速でより適切にサポートされるようになります。 Canonicalは、収集されたすべてのデータがいつか公開されることを約束しました。本日、同社の公式ブログから、Ubuntu 18.04 LTS BionicBeaverで収集された数値を初めて確認しました。 このシステムは世界中で使用されています。

「データは、IPアドレスではなく、インストールで選択されたタイムゾーンに基づいています。IPアドレスは保存されません。 米国にはユーザーが非常に集中していますが、これは、多くのユーザーがデフォルト設定(米国のタイムゾーン)でシステムをインストールしていることを意味する可能性があります。 ブラジル、インド、中国、ロシアにも多数のユーザーがいて、文字通り世界中にユーザーがいます。」 UbuntuDesktopのディレクターであるWillCookeに言及します。

Ubuntu18.04の平均インストール時間は18分です

この18.04か月間にCanonicalがUbuntuXNUMXをインストールしたユーザーから収集したデータは、そのような非常に興味深いデータを明らかにしました。 平均インストール時間は18分で、ユーザーの25%が以前のバージョンからアップグレードすることを決定し、15%が 最小限の新規インストール.

ハードウェアに関しては、ほとんどのUbuntuユーザーは シングルCPU、4GBおよび8GBのRAM、フルHDスクリーン。 また、ほとんどのユーザーはUbuntuを最初から再インストールし、スタートアップアップデートをダウンロードし、独自のドライバーをインストールします。

最後に、Canonicalは、収集された情報は匿名のままであり、開発サイクルの今後数か月以内に明らかにされるすべてのデータを含む公式サイトを立ち上げる予定であると述べています。 Ubuntu 18.10 コズミック コウイカ 18年2018月XNUMX日に発売予定です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   AlvaroCallejasプレースホルダー画像

    私は記事を楽しんだが、あなたは情報源を参照するのに欠けていた