VeraCrypt 1.24-Update7は約30の変更を導入し、これらは最も重要です

のリリース の新しいバージョン VeraCrypt 1.24-Update7、 これは、廃止されたTrueCryptディスクパーティション暗号化システムのフォークを開発します。

ベラクリプtはTrueCryptのRIPEMD-160アルゴリズムをオーバーライドすることで際立っています SHA-512およびSHA-256を使用すると、ハッシュの反復回数が増え、LinuxおよびmacOSのビルドプロセスが簡素化され、TrueCryptソース監査プロセス中に特定された問題が解決されます。

同時に、VeraCrypt TrueCryptパーティションのサポートモードを提供します TrueCryptパーティションをVeraCrypt形式に変換するツールが含まれています。

VeraCryptプロジェクトによって開発されたコードはApache2.0ライセンスの下で配布され、TrueCryptローンは引き続きTrueCrypt3.0ライセンスの下で提供されます。

VeraCrypt 1.24-Update7の新機能は何ですか?

この新しいバージョンのVeraCrypt1.24-Update7では 約30の変更を提供します、これには、隠しパーティションと外部パーティションに同じパスワード、PIM、およびキーファイルを使用することに対する追加の保護が含まれます。

だけでなく、 JitterEntropy疑似乱数ジェネレーター FIPSモードが有効になっています。

LinuxおよびmacOSでは、FAT以外のファイルシステムを選択できます 外部パーティション用。

それに加えて Windowsプラットフォームに固有の修正の大部分が追加されました。 たとえば、Windows10モダンスタンバイとWindows8.1接続スタンバイのサポートが実装され、標準のパーティションフォーマットユーティリティが使用され、休止状態と高速ブートモードの定義が追加されました。

重要なメモリ領域の個別の消去が実装されました 使用前に、メモリ::消去呼び出しに依存せずに、最適化モードの影響を受ける可能性があります。

Y FSBtrfsのサポートが追加されました パーティション分割時および静的ビルドでは、wxWidgetsフレームワークがバージョン3.0.5に更新されました。

LinuxにVeraCryptをインストールするにはどうすればいいですか?

このツールをシステムにインストールできるようにすることに関心がある場合は、以下で共有する手順に従ってインストールできます。

彼らは誰のためですか Arch Linux、Manjaro、ArcoLinuxユーザーまたはその他の派生物 Arch Linuxから、Pacmanを使用して直接、またはAURリポジトリからツールをインストールできます。

pacmanを使用してインストールする場合は、ターミナルを開くだけで、次のコマンドが実行されます。

sudo pacman -S veracrypt

AURからインストールする場合、リポジトリを有効にし、システムにAURウィザードをインストールする必要があります。

インストールするコマンド(yayがある場合、それが別のものである場合)は次のとおりです。

yay -S veracrypt

今、 Debian、Ubuntu、CentOSユーザーの場合 またはこれらの派生物を指示することができます アプリケーションの公式ウェブサイトへ また、ダウンロードセクションには、GUIバージョンまたはCLIバージョンのいずれかのディストリビューションのさまざまなバージョン用にコンパイルされたパッケージがあります。

使用する方の場合 Debian 10、GUIバージョンをダウンロードできます と:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-Debian-10-amd64.deb

または CLIバージョン:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-Debian-9-amd64.deb

のユーザーである間 Ubuntu 20.04、GUIバージョン:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-Ubuntu-20.04-amd64.deb

または18.04LTSの場合:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-Ubuntu-18.04-amd64.deb

16.04 LTS:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-Ubuntu-16.04-amd64.deb

Y CLIバージョンは20.04で取得できます と:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-Ubuntu-20.04-amd64.deb

18.04 LTSの場合:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-Ubuntu-18.04-amd64.deb

16.04 LTSの場合:

https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-Ubuntu-16.04-amd64.deb

今、 彼らはラズベリーを使用しています (ラズビアン10) GUIバージョン:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-Debian-10-armhf.deb

またはCLIバージョン:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-Debian-10-armhf.deb

最後に debパッケージをインストールできます (Debian、Ubuntuなどの場合、どのディストリビューション用であったかに関係なく)コマンドを実行します。

sudo apt install ./veracrypt-1.24*.deb

または、CLIバージョンをダウンロードした人にとっては失敗します:

sudo apt install ./veracrypt-1.24*.deb

ある人のために Centosユーザー、 GUIバージョンは次の方法でダウンロードできます。

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-CentOS-8-x86_64.rpm

またはopenSUSEユーザー:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-1.24-Update7-openSUSE-15-x86_64.rpm

CentOSのCLIバージョンは次のものでダウンロードされます。

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-CentOS-8-x86_64.rpm

そしてopenSUSEの場合:

wget https://launchpad.net/veracrypt/trunk/1.24-update7/+download/veracrypt-console-1.24-Update7-openSUSE-15-x86_64.rpm

そして、コマンドを使用してGUIパッケージをインストールします。

sudo rpm -i veracrypt-1.24-*.rpm

そしてCLIバージョン:

sudo rpm -o veracrypt-console*.rpm


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

bool(true)