Virshコマンド-SME向けのコンピュータネットワーク

シリーズの一般的なインデックス: SME向けのコンピュータネットワーク:はじめに

皆さん、こんにちは!

これまでに公開された記事を読んで私たちをフォローしていると、自宅のワークステーションや実験室を取得するために、必要なサポートを受けて、私たちが非常に論理的な道をたどっていることに気付くでしょう。最小限のサービスを実装する仮想マシンまたはサーバー LANローカルエリアネットワーク ビジネス.

私たちはあなたが読んだと仮定します:

以前のリンク、および各記事に含まれている豊富な情報を含むさまざまなページやサイトへの外部リンクは、カバーされているさまざまなトピックに関する基本的な知識を習得することを目的として提供されています。

この投稿は、選択したパスの論理的な続きです。 あなたの読書と研究はあなたが仮想化を通してである広大な世界のアイデアを持つことを可能にします Qemu-KVM とそのメインの書店 libvirt.

Virsh-仮想ドメインを管理するためのメインユーザーインターフェイス

以前の読みから、Linuxでの仮想化とは、同じハードウェアプラットフォーム上で異なる同時オペレーティングシステムの複数のインスタンスを実行する機能を意味することがわかっています。 libvirt で書かれたツールキットです 言語C、これにより、最新バージョンのLinuxの仮想化機能、および他のオペレーティングシステムの仮想化機能と対話できます。

プログラムを利用できます おとなしい 仮想ドメインとそれらをホストするハイパーバイザーで、作成、一時停止、シャットダウン、一覧表示、およびその他の多くの操作を実行します。 プログラムの名前は、それが«の略であることを示唆していますVIR現実化 Shエル»または 仮想化コマンドプロセッサ.

一般的な方法で、次のように呼び出すことができます。

virsh [オプション]...。 [引数]..。
  • comando:のいずれかになります 215コマンド 後でリストされます
  • ドメイン:ドメインまたは仮想マシンの名前、ドメインの数値ID ID、またはドメインのUUID。
  • 引数:各コマンドに固有のオプション

コマンドがすべてのドメイン、マシン、またはXen Hypervisorに直接作用する場合など、前のルールにはいくつかの例外があります- Xenハイパーバイザー。 このような例外は、コマンドごとにクリアされます。

注意: 数値IDで仮想マシンを識別することは有効ですが、この数値は常にドメインIDとして解釈され、名前としては解釈されません。.

ラス Virshコマンドオプション 音:

  • -c、–connect URI:に接続します URI «統一リソース識別子" - Uniform Resource Identifier、ローカルハイパーバイザーのデフォルトURIの代わりに。
  • d、–debug LEVEL: デバッグメッセージを有効にする- debug、整数LEVEL値まで、0〜4の値を取ることができる数値引数。正確には4がデフォルト値です。
  • -e、–escape string:代替文字シーケンスを設定します «キーを押すとEscキー«。 デフォルトのシーケンスは ^]。 許可される文字は次のとおりです。任意のアルファベット文字、@、[、]、\、^、_。 提案します デフォルトの文字シーケンスは変更しないでください。
  • -h、-help:他の引数を無視し、コマンドが実行されたかのように動作します 助けます.
  • -k、–keepalive-interval INTERVAL:メッセージタイプを送信する間隔を秒単位で設定します 生き続ける、サーバーへの接続がまだ有効かどうかを確認します。 の値が INTERVAL に設定されています 0の場合、このチェックメカニズムは無効になります。
  • -K、–keepalive-count COUNT:メッセージを送信できる回数を設定します 生き続ける サーバーからの応答を取得せず、接続を切断済みとしてマークしません。 前のオプションのINTERVAL値が0に設定されている場合、このオプションには影響しません。
  • -l、–logファイル:操作ログ出力をファイルに送信します FILE.
  • -q、–quiet:メッセージ内の余分な情報は避けてください。 サイレントモード。
  • -r、–読み取り専用:初期接続はで確立されます 読み取り専用。 オプションを使用する場合と同じ –読み取り専用 コマンドで 接続する.
  • -t、–タイミング:各コマンドの消費時間を表示します。
  • -v、–version = short:他の引数を無視し、ライブラリバージョンのみを表示します libvirt プログラムはから来ています おとなしい.
  • -V、–version = long:他の引数を無視して、ライブラリのバージョンを表示します libvirt プログラムはから来ています おとなしい さらに、さまざまなハイパーバイザー、コントローラー- ドライバー、コンパイルがサポートするネットワークタイプなど。

:

  • ほとんどのコマンド操作 おとなしい、書店だとしましょう libvirt サービスに接続できる libvirtd 動作中。
  • ほとんどのコマンドでは、ユーザー権限で実行する必要があります ルート ハイパーバイザーとの通信に使用する通信チャネルが原因です。 通常のユーザーの権限で実行すると、エラーが返されます。
  • ほとんどのコマンドは同期して動作します。 考えられる例外は shutdown, setvcpus y セットメモリ。 そのような場合、 おとなしい を返す プロンプト コマンドの場合、アクションが正常に完了したことを意味しない場合があります。 ゲストで操作が完了したことを検出するために定期的にチェックする必要があります- ゲスト.

コンテンツの詳細については、を参照してください。 男バーシュ.

学習バーシュにアプローチする方法に関する提案

使用に関するヘルプを簡単に入手できるようにするため 200以上のコマンド, おとなしい キーワードでグループ化- ヘルプキーワード、これは:

  • ドメイン
  • モニター
  • host
  • インタフェース
  • filter
  • ネットワーク
  • ノード開発
  • 秘密
  • スナップショット
  • プール
  • ボリューム
  • おとなしい
buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプドメイン
 ドメイン管理(ヘルプキーワード「ドメイン」):XMLファイルからのアタッチデバイスアタッチデバイスアタッチディスクアタッチディスクデバイスアタッチインターフェースアタッチネットワークインターフェース自動開始ドメインblkdeviotuneの自動開始ブロックデバイスのI / Oチューニングパラメーターを設定または照会します。
 blkiotuneblkioパラメーターの取得または設定blockcommitブロックコミット操作を開始します。
 blockcopyブロックコピー操作を開始します。
 blockjobアクティブなブロック操作の管理blockpullバッキングイメージからディスクにデータを入力します。
 blockresizeドメインのブロックデバイスのサイズを変更します。
 change-mediaCDまたはフロッピードライブコンソールのメディアの変更ゲストコンソールへの接続cpu-baseline計算ベースラインCPUcpu-ホストCPUとXMLファイルで記述されたCPUの比較cpu-statsshow domain cpu statistics createXMLからドメインを作成file define XMLファイルからドメインを定義する(ただし開始しない)desc showまたはsetドメインの説明またはタイトルdestroy destroy(stop)ドメインデタッチデバイスデタッチデバイスをXMLファイルからデタッチディスクデタッチディスクデバイスデタッチインターフェイスデタッチネットワークインターフェイスdomdisplayドメイン表示接続URIdomfsfreezeドメインのマウントされたファイルシステムをフリーズします。
 domfsthawThawドメインのマウントされたファイルシステム。
 domfstrimドメインにマウントされたファイルシステムでfstrimを呼び出します。


buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプモニター
 ドメイン監視(ヘルプキーワード 'monitor'):domblkerrorブロックデバイスでエラーを表示するdomblkinfoドメインブロックデバイスサイズ情報domblklistリストすべてのドメインブロックdomblkstatドメインのデバイスブロック統計を取得するdomcontrolドメイン制御インターフェイスの状態domif-getlink仮想インターフェイスのリンク状態を取得するdomiflistリストすべてのドメイン仮想インターフェイスdomifstatドメインのネットワークインターフェイス統計を取得ドメイン情報dommemstatドメインのメモリ統計を取得domstateドメイン状態domstatsXNUMXつまたは複数のドメインに関する統計を取得domtimeドメインタイムリストリストドメイン

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプモニター
 ドメイン監視(ヘルプキーワード 'monitor'):domblkerrorブロックデバイスでエラーを表示するdomblkinfoドメインブロックデバイスサイズ情報domblklistリストすべてのドメインブロックdomblkstatドメインのデバイスブロック統計を取得するdomcontrolドメイン制御インターフェイスの状態domif-getlink仮想インターフェイスのリンク状態を取得するdomiflistリストすべてのドメイン仮想インターフェイスdomifstatドメインのネットワークインターフェイス統計を取得ドメイン情報dommemstatドメインのメモリ統計を取得domstateドメイン状態domstatsXNUMXつまたは複数のドメインに関する統計を取得domtimeドメインタイムリストリストドメイン

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプホスト
 ホストとハイパーバイザー(ヘルプキーワード「host」):allocpagesページの操作プールサイズ機能機能cpu-modelsCPUモデルdomcapabilitiesドメイン機能freecellNUMA空きメモリ空きページNUMA空きページhostname印刷ハイパーバイザーホスト名maxvcpus接続vcpu最大ノード-メモリ-tune取得またはノードメモリパラメータの設定nodecpumapノードcpuマップnodecpustatsノードのcpu統計を出力します。 nodeinfoノード情報nodememstatsノードのメモリ統計を出力します。 nodesuspend指定された期間ホストノードを一時停止しますsysinfoハイパーバイザーを出力しますsysinfouriハイパーバイザーの正規URIバージョンを出力しますshowversion

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプインターフェイス
 インターフェイス(ヘルプキーワード 'インターフェイス'):iface-beginは、現在のインターフェイス設定のスナップショットを作成します。これは、後でコミット(iface-commit)または復元(iface-rollback)できます。iface-bridgeは、ブリッジデバイスを作成し、既存のネットワークデバイスを接続します。 iface-beginおよびfreerestore point iface-defineがXMLファイルから物理ホストインターフェイスを定義(ただし開始しない)してから行われたiface-commit commitの変更iface-destroyは物理ホストインターフェイスを破棄します(無効にする/ "if- down ")iface-dumpxmlインターフェイス情報(XML)iface-edit物理ホストインターフェイスのXML構成の編集iface-listリスト物理ホストインターフェイスiface-macインターフェイス名をインターフェイスMACアドレスに変換iface-nameインターフェイスMACアドレスをインターフェイス名に変換iface-iface-begin iface-startを介して作成された以前に保存された構成へのロールバックロールバック物理ホストインターフェイスの開始(有効化/「if-up」)iface-unbridgeスレーブデバイスのデタッチ後にブリッジデバイスの定義解除iface-undefine undefine a phy sicalホストインターフェイス(構成から削除)

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプフィルター
 ネットワークフィルター(ヘルプキーワード 'filter'):nwfilter-定義XMLファイルからネットワークフィルターを定義または更新しますnwfilter-dumpxmlXMLのネットワークフィルター情報nwfilter-編集ネットワークフィルターのXML構成を編集しますnwfilter-リストネットワークフィルターnwfilter-undefineネットワークフィルターの定義を解除する

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプネットワーク
 ネットワーキング(ヘルプキーワード 'network'):net-autostartはネットワークを自動起動しますnet-createはXMLファイルからネットワークを作成しますnet-defineはXMLファイルからネットワークを定義します(ただし開始しません)net-destroy destroy(stop)a network net-dhcp-leases指定されたネットワークのリース情報を出力しますnet-dumpxmlXMLのネットワーク情報net-editネットワークのXML構成を編集しますnet-eventネットワークイベントnet-infoネットワーク情報net-listリストnetworksnet-nameネットワークを変換しますUUIDからネットワーク名net-start(以前に定義された)非アクティブなネットワークnet-undefine永続的なネットワークの未定義net-update既存のネットワークの構成の一部の更新net-uuidネットワーク名をネットワークUUIDに変換

buzz @ sysadmin:〜$ virsh help nodedev
 ノードデバイス(ヘルプキーワード 'nodedev'):nodedev-createノード上のXMLファイルで定義されたデバイスを作成しますnodedev-ノード上のデバイスを破棄(停止)しますnodedev-デバイスドライバーからノードデバイスをデタッチしますnodedev-dumpxmlノードXMLのデバイスの詳細nodedev-listはこのホスト上のデバイスを列挙しますnodedev-reattachノードデバイスをそのデバイスドライバに再接続しますnodedev-resetreset node device

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプシークレット
 シークレット(ヘルプキーワード 'シークレット'):シークレット-XMLファイルからシークレットを定義または変更します。シークレット-ダンプxmlシークレット属性をXMLでシークレット-取得-値シークレット値を出力します。価値の秘密-秘密を定義しない

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプスナップショット
 スナップショット(ヘルプキーワード 'snapshot'):snapshot-createXMLからスナップショットを作成しますsnapshot-create-as引数のセットからスナップショットを作成しますsnapshot-current現在のスナップショットを取得または設定しますsnapshot-deleteドメインスナップショットを削除しますsnapshot-dumpxmlダンプドメインスナップショットスナップショットのXML-編集スナップショットスナップショットのXMLの編集-情報スナップショット情報snapshot-listドメインスナップショットのスナップショットを一覧表示-親スナップショットの親の名前を取得スナップショット-元に戻すドメインをスナップショットに戻す
buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルププール
 ストレージプール(ヘルプキーワード 'pool'):find-storage-pool-sources-潜在的なストレージプールソースを検索しますfind-storage-pool-sources潜在的なストレージプールソースを検出しますpool-autostart自動起動プールプール-ビルドビルドプールプール- create-as引数のセットからプールを作成するpool-createXMLファイルからプールを作成するpool-define-引数のセットからプールを定義するpool-defineXMLからプールを定義する(ただし開始しない)ファイルプール-削除プールプールの削除-プールプールの破棄(停止)-XMLプールのダンプxmlプール情報の編集ストレージプールのXML構成の編集プール情報ストレージプール情報プールリストリストプールプール名プールの変換UUIDからプール名プール-リフレッシュリフレッシュプールプール-開始(以前に定義された)非アクティブプールプールの開始-非定義非定義非アクティブプールプール-uuidプール名をプールUUIDに変換

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプボリューム
 ストレージボリューム(ヘルプキーワード「ボリューム」):ボリュームのクローンクローンを作成します。 vol-create-一連の引数からボリュームを作成しますvol-createXMLファイルからvolを作成しますvol-create-別のボリュームを入力として使用してvolを作成しますvol-deletevolvolを削除します-ダウンロードボリュームの内容をダウンロードしますXML内のファイルvol-dumpxmlvol情報vol-infoストレージvol情報vol-keyは、指定されたボリューム名またはパスのボリュームキーを返しますvol-list list vols vol-nameは、指定されたボリュームキーまたはパスのボリューム名を返しますvol- pathは、指定されたボリューム名またはキーのボリュームパスを返しますvol-poolは、指定されたボリュームキーまたはパスのストレージプールを返しますvol-resizeボリュームのサイズ変更vol-アップロードファイルの内容をボリュームにアップロードvol-ワイプワイプボリューム

buzz @ sysadmin:〜$ virsh help virsh
 Virsh自体(ヘルプキーワード 'virsh'):cd現在のディレクトリを変更接続(再)ハイパーバイザーに接続エコーエコー引数exitこのインタラクティブ端末を終了ヘルプ印刷ヘルプpwd現在のディレクトリを印刷終了このインタラクティブ端末を終了

リストされているコマンドのいずれかの特定のヘルプについて

実行する必要があります virsh help。 例:

buzz @ sysadmin:〜$ virshヘルプリスト
  NAMEリスト-リストドメイン概要リスト[--inactive] [-all] [--transient] [--persistent] [--with-snapshot] [--without-snapshot] [--state-running] [- -state-paused] [--state-shutoff] [--state-other] [--autostart] [--no-autostart] [--with-managed-save] [--without-managed-save] [ --uuid] [--name] [--table] [--managed-save] [-title]説明ドメインのリストを返します。 オプション--inactiveリスト非アクティブドメイン--allリスト非アクティブおよびアクティブドメイン--transientリスト一時ドメイン--persistentリスト永続ドメイン--with-snapshot既存のスナップショットのあるドメインのリスト--without-snapshotスナップショットのないドメインのリスト--state -実行状態の実行リストドメイン--state-一時停止状態の一時停止リストドメイン--state-shutoffシャットオフ状態のリストドメイン--state-他の状態のその他のリストドメイン--autostart自動起動が有効になっているリストドメイン--no-autostart自動起動が無効になっているドメインを一覧表示します--with-managed-save管理された保存状態のドメインを一覧表示します--without-managed-save管理された保存のないドメインを一覧表示します--uuidlistuuidのみ--nameリストドメイン名のみ--tablelist table(デフォルト) )-managed-saveは、非アクティブなドメインを管理された保存状態でマークします--title show domain title

buzz @ sysadmin:〜$ virsh help shutdown
  名前のシャットダウン-ドメインを正常にシャットダウンします概要シャットダウン[ - モード]説明ターゲットドメインでシャットダウンを実行します。 オプション[-ドメイン] ドメイン名、ID、またはuuid --mode シャットダウンモード:acpi |エージェント| initctl |シグナル| paravirt

virshコマンドの使用例

バーシュバージョン

バズ@sysadmin:〜$ virsh -v
1.2.9

バズ@sysadmin:〜$ virsh -V
libvirt 1.2.9のVirshコマンドラインツールhttp://libvirt.org/のWebサイトを参照してください。以下のサポートを備えてコンパイルされています。 DirディスクファイルシステムSCSIマルチパスiSCSILVM RBDシープドッグその他:デーモンNodedev AppArmorSELinuxシークレットデバッグDTraceリードラインモジュラー

virshコンソールに入る

buzz @ sysadmin:〜$ sudo virsh
[sudo]バズのパスワード:仮想化インタラクティブ端末であるvirshへようこそ。 タイプ:「help」コマンドのヘルプ「quit」終了

すべてのドメインを一覧表示

virsh# リスト--all
 ID名の状態----------------------------------------------------------- -------- dnsシャットオフ--miwebシャットオフ--sysadmin-centosシャットオフ

dnsドメインを開始します

virsh# dnsを開始します
ドメインdnsが開始されました

virsh# domdisplay dns
スパイス://127.0.0.1:5900

ストレージボリュームを一覧表示します

virsh#プールリスト
 名前状態自動開始-------------------------------------------デフォルトアクティブなしvms -アクティブな画像はい       

virsh#pool-info default
名前:デフォルトUUID:3d158e62-6237-464f-9d8f-07ac98be56dc状態:実行中永続的:はい自動起動:いいえ容量:14.64 GiB割り当て:5.18 GiB使用可能:9.46 GiB

virsh#pool-info vms-images
名前:vms-images UUID:72e1b63d-3d90-4f02-bfde-197fd00f3b94状態:実行中永続的:あり自動起動:あり容量:916.77 GiB割り当て:464.22 GiB使用可能:452.55 GiB

ボリュームに含まれる画像を一覧表示します

virsh#vol-list vms-images
 名前パス------------------------------------------------ ------------------------------ CentOS-7-x86_64-Everything-1511.iso / tera / vms / CentOS-7- x86_64-すべて-1511.isodns.qcow2 /tera/vms/dns.qcow2 miweb.qcow2 /tera/vms/miweb.qcow2 openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso /tera/vms/openSUSE-13.2-DVD-x86_64 .iso sysadmin-centos.qcow2 /tera/vms/sysadmin-centos.qcow2 sysadmin.qcow2 /tera/vms/sysadmin.qcow2                

virsh#vol-info dns.qcow2 --pool vms-images
名前:dns.qcow2タイプ:ファイル容量:10.00 GiB割り当て:1.56 GiB

ボリューム上にディスクイメージを作成する

virsh#vol-create-as --pool vms-images --name dns2.raw --capacity 20G
Voldns2.rawが作成されました

virsh#vol-list vms-images
 名前パス------------------------------------------------ ------------------------------ CentOS-7-x86_64-Everything-1511.iso / tera / vms / CentOS-7- x86_64-すべて-1511.isodns.qcow2 /tera/vms/dns.qcow2                     
 dns2.raw /tera/vms/dns2.raw                    
 miweb.qcow2 /tera/vms/miweb.qcow2 openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso /tera/vms/openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso sysadmin-centos.qcow2 /tera/vms/sysadmin-centos.qcow2 sysadmin .qcow2 /tera/vms/sysadmin.qcow2

新しく作成したイメージを実行中のドメインに参加させます

virsh#domstate dns
ランニング

virsh#dominfo dns
Id:4名前:dns UUID:9e69ebc6-213e-42f7-99bf-83b333e93958 OSタイプ:hvm状態:実行中のCPU:1 CPU時間:25.2s最大メモリ:262144 KiB使用メモリ:262144 KiB永続的:はい自動起動:管理対象保存を無効にする:いいえセキュリティモデル:なしセキュリティDOI:0

virsh#domblklist dns
ターゲットソース------------------------------------------------ vda /tera/vms/dns.qcow2hda-

virsh#attach-disk dns /tera/vms/dns2.raw vdb --persistent --live
ディスクが正常に接続されました

virsh#domblklist dns
ターゲットソース------------------------------------------------ vda /tera/vms/dns.qcow2 vdb /tera/vms/dns2.raw hda-

virsh#domblkstat dns vda
vda rd_req 5438 vda rd_bytes 67512320 vda wr_req 405 vda wr_bytes 2854912 vda flush_operations 14 vda rd_total_times 20533958076 vda wr_total_times 423498369 vda flush_total_times 232141607

virsh#domblkstat dns vdb
vdb rd_req 117 vdb rd_bytes 479232 vdb wr_req 0 vdb wr_bytes 0 vdb flush_operations 0 vdb rd_total_times 28976780 vdb wr_total_times 0 vdb flush_total_times 0

新しいディスクをパーティション分割、フォーマット、マウントします

virsh# やめます
buzz @ sysadmin:〜$ ssh buzz@192.168.10.5
buzz@192.168.10.5のパスワード:

buzz @ dns:〜$ sudo fdisk / dev / vdb
[sudo]バズのパスワード:fdisk(util-linux 2.25.2)へようこそ。 変更は、書き込むことを決定するまで、メモリにのみ残ります。 writeコマンドを使用する前に注意してください。 コマンド(ヘルプの場合はm):nパーティションタイプpプライマリ(0プライマリ、0拡張、4空き)e拡張(論理パーティションのコンテナ)選択(デフォルトp):pパーティション番号(1-4、デフォルト1):最初のセクター(2048-41949951、デフォルト2048):最後のセクター、+セクターまたは+サイズ{K、M、G、T、P}(2048-41949951、デフォルト41949951):タイプ「Linux」およびサイズの新しいパーティション1を作成しました20GiB。 コマンド(ヘルプはm):pディスク/ dev / vdb:20 GiB、21478375424バイト、41949952セクター単位:1のセクター* 512 = 512バイトセクターサイズ(論理/物理):512バイト/ 512バイトI / Oサイズ(最小/最適):512バイト/ 512バイトディスクラベルタイプ:dosディスク識別子:0x12e1497eデバイスブート開始終了セクターサイズIDタイプ/ dev / vdb1 2048 41943039 41940992 20G 83 Linuxコマンド(ヘルプはm):wパーティションテーブルが変更されました。 ioctl()を呼び出してパーティションテーブルを再読み取りします。 ディスクの同期。

buzz @ dns:〜$ sudo mkfs.ext4 / dev / vdb1

buzz @ dns:〜$ sudo fdisk -l

ディスク/開発/ vda:10 GiB、10737418240バイト、20971520セクター単位:1のセクター* 512 = 512バイトセクターサイズ(論理/物理):512バイト/ 512バイトI / Oサイズ(最小/最適):512バイト/ 512バイトディスクラベルタイプ:0ディスク識別子:1xb40216e1デバイスブート開始終了セクターサイズIDタイプ/ dev / vda2048 * 20013055 20011008 9.6 83G 2 Linux / dev / vda20015102 20969471 954370 466 5M5拡張/ dev / vda20015104 20969471 954368 466 82M 20 Linuxスワップ/ Solarisディスク/ dev / vdb:21478375424 GiB、41949952バイト、1セクター単位:512のセクター* 512 = 512バイトセクターサイズ(論理/物理):512バイト/ 512バイトI / Oサイズ(最小/最適): 512バイト/ 0バイトディスクラベルタイプ:dosディスク識別子:12x1497e1eデバイスブート開始終了セクターサイズIDタイプ/ dev / vdc2048 41943039 41940992 20 83G XNUMX Linux

buzz @ dns:〜$ sudo mkdir / store
buzz @ dns:〜$ sudo nano / etc / fstab 
/ dev / vdb1 / storeext4のデフォルト0

buzz @ dns:〜$ sudo mount -a
buzz @ dns:〜$ ls -l /合計ストア16drwx ------ 2ルートルート16384Dec 10:17失われた+見つかりました

virshコンソールに戻ります

バズ@sysadmin:〜$ sudovirsh仮想化インタラクティブ端末であるvirshへようこそ。 タイプ:「help」コマンドのヘルプ「quit」終了

virsh# 

オフにします

virsh#domstate dns
ランニング

virsh#shutdown dns
ドメインdnsはシャットダウンされています

要約

これまで、私たちはバーシュ海の海岸に沿って航海してきました。 😉詳細については、コマンドを実行してください 男バーシュ。 ただし、というプレーンテキストファイルを残します virsh-help.txt ハイパーバイザーとその仮想マシンの管理と管理のためにこのスーパーコマンドを使って冒険する人々の生活を楽にするために私たちはそれを作ります。

強くお勧めします 実稼働環境の外部でコマンドをテストする.


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

7コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ハンター

    Virshをもっと多くのことに使用したいと思います。現在は基本、開始、停止、その他すべてのvirt-managerを使用しています。N台のサーバーでlibvirtを実行し、virt-managerを使用してワークステーションからそれらを管理できるのが好きです。

  2.   フェデリコ

    こんにちは友人Dhunter !!! 私はすでに仕事をしています。 virsh-help.txtファイルをダウンロードしてください。 virshコンソール自体から作成し、それを埋めるためのスクリプトを作成しました。 ヘルプのキーワードで整理されているので、もっと飲みやすいと思います。 次の記事では、このコマンドに関するその他のトピックに触れます。

  3.   カーブラスゾディアック

    こんにちはフェデリコ。 SMEに関する興味深い記事をフォローしました。 迅速かつ効率的な管理のために、コンソールを使用する方が明らかに簡単です。 また、消費するリソースも少なくなります。 次のお届けをお待ちしております。

  4.   クレポ88

    さてフェデリコ、あなたはすでに私に会いました。 あなたが私たちに与えてくれたこの贈り物をありがとう。 素晴らしい投稿です。virshに関するこの記事を待っていました。 ありがとう兄弟、私たちは皆それを正しく使う方法を知っています。

  5.   FICO

    どういたしまして、Crespo88。 そのために、私たちはDesdeLinuxにいます。

  6.   イスマエルアルバレスウォン

    こんにちは、私はvirshコマンドの可能性に驚いていました、私はそれについて私が考えることを説明する言葉を見つけることができません、信じられないほどです、そしてあなたが投稿で公開するのはあなた自身の言葉を使った単なるブラシストロークです«これまでのところヴァーシュ海の岸に沿って航海した。」
    キーワードを使用してvirshヘルプを調査する方法を説明するときに非常に役立ちます。
    ボリューム上にディスクイメージを作成し、それを実行中のドメイン(またはMV)に結合(追加)するという開発された素晴らしい例は、すべてvirshを使用します。 次に、WK sysadminからSSHでドメインに接続し、その中にパーティションとそのext4ファイルシステムを作成して、最終的にfstabからマウントします。
    virt qemu-kvmシリーズの次の投稿に続くものはありません。これらすべてを共有していただき、ありがとうございます。

    1.    フェデリコ

      あなたはメッセージの要点を理解しました、友人のウォン。 Virshコマンドの紹介だけで不思議なことができるのなら、その研究と使用を続けてみませんか。 バーシュ これは、定義上、Red Hat、Incの作成者によって考案され、その優れた会社によって後援されているQemu-KVMインターフェイスです。 Virt-ManagerやoVirtなどの他のインターフェイスがあることはわかっていますが、Virshは依然としてライブラリを処理するのに最も完全です。 libvirt。 貴重なコメントをありがとう、友人のウォン。