VirtualBox 6.0.6が到着し、重大なセキュリティ上の欠陥が修正されました

VirtualBoxの6.0.6

何日か前に Oracleは、VirtualBox視覚化システムの修正バージョンを生成しました、 どれでl VirtualBoxバージョン6.0.6および5.2.28をリリースし、 39のバグ修正が観察されたバージョン。

新しいバージョンも 12の脆弱性を修正しました。そのうち7つは重大な危険度を持っています (CVSSスコア8.8)。 詳細は報告されていませんが、CVSSレベルで判断すると、Pwn2Own 2019コンテストで示された問題は削除され、ホストシステムがゲストシステム環境からコードを実行できるようになりました。

VirtualBoxバージョン6.0.6での重要な変更

VirtualBox6.0.6のこの新しいリリースで Linuxカーネル4.4.169、5.0、および5.1のサポートが追加されました Linuxホストおよびゲスト用(待望の機能)。

またまた セーフブートモードで起動するためのビルドドライバーで受信した展開 これにより、共同ディレクトリ(共有フォルダ)のパフォーマンスと信頼性が向上します。

ユーザーインターフェイスへのいくつかのマイナーな変更とともに。 スナップショットの削除の進行状況の表示が調整されました。 組み込みのファイルマネージャーでファイルをコピーし、コピー操作の進行状況を表示する際の問題を修正しました。

一方で 読み取り専用モードでのQCOW3形式の初期サポートが追加されました VMSVGAエミュレートされたグラフィックスデバイスに関連する多数の修正とともに。

古いXサーバーとのVMSVGA互換性が向上しました。 EFIファームウェアインターフェイスを使用する場合は、VMSVGAを使用できます。

私たちが見つけることができるバグ修正に関しては、以下が際立っています:

  • マウスサポート統合用のプラグインがインストールされていない場合のカーソルの欠落に関する問題の解決ゲスト画面サイズの記憶とRDPの使用に関する問題を解決しました。
  • LsiLogicデバイスの保存状態の読み込みとAMDプロセッサを搭載したシステムでの統合仮想化に関する問題が解決されました。
  • ゲストシステムへのUbuntuの自動インストール中に表示されるエラーを修正し、一部のQCOW2イメージを読み取る際のエラーを修正しました。
  • 保存された状態から仮想マシンを復元した後、共有ディレクトリ(共有フォルダ)が重複するバグを修正しました。
    ドラッグアンドドロップモードでホストとゲスト間でファイルをコピーする際の問題を修正しました。
    VboxManage使用時のクラッシュも修正されました。
  • クラッシュが修正された後、仮想マシンを起動しようとした場合にクラッシュを引き起こすバグ。

VirtualBox 6.0.6をインストールするにはどうすればいいですか?

VirtualBox

この新しいバージョンのVirtualBoxをインストールできるようにすることに関心がある場合は、以下で共有する手順に従ってインストールできます。

Debian、Ubuntu、および派生ユーザーは、新しいバージョンのインストールに進みます、ターミナルで続行し、次のコマンドを実行します。

最初の リポジトリをsources.listに追加する必要があります

sudo sh -c 'echo "deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian $(lsb_release -sc) contrib" >> /etc/apt/sources.list.d/virtualbox.list'

今、私たちはに進みます 公開鍵をインポートする:

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | sudo apt-key add -

sudo apt-get -y install gcc make linux-headers-$(uname -r) dkms

それから私たちは行きます リポジトリのリストを更新します。

sudo apt-get update

そして最後に、アプリケーションをシステムにインストールします。

sudo apt-get install virtualbox-6.0

ある人のために Fedora、RHEL、CentOSユーザー、次のことを行う必要があります。 これは、パッケージをダウンロードするためのものです。

wget https://download.virtualbox.org/virtualbox/6.0.6/VirtualBox-6.0-6.0.6_130049_fedora29-1.x86_64.rpm
wget https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc

OpenSUSE 15の場合、システムのパッケージは次のとおりです。

https://download.virtualbox.org/virtualbox/6.0.6/VirtualBox-6.0-6.0.6_130049_openSUSE150-1.x86_64.rpmwget

その後、次のように入力します。

sudo rpm --import oracle_vbox.asc

そして、次のものをインストールします。

sudo rpm -i VirtualBox-6.0-6.0.6_*.rpm

次に、インストールが完了したことを確認します。

VBoxManage -v

Arch Linuxの場合、Systemdには一部のサービスが必要ですが、AURからインストールできるため、インストールするにはWikiを使用することをお勧めします。

追加のステップとして VirtualBoxの機能を向上させることができます パッケージの助けを借りて、このパッケージはVRDP(仮想リモートデスクトッププロトコル)を有効にし、VirtualBoxが実行する小さな解像度の問題を解決し、他の多くの改善を行います。

これをインストールするには、次のコマンドを実行します。

curl https://download.virtualbox.org/virtualbox/6.0.6/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-6.0.6-130049.vbox-extpack

sudo VBoxManage extpack install Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-6.0.6-130049.vbox-extpack

利用規約に同意し、パッケージをインストールします。

正しくインストールされたことを確認するには:

VBoxManage list extpacks


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   マカレナ

    インストールの助けをありがとう、最初は問題がありましたが、貢献、挨拶のおかげですでに解決しました。