VirtualBox 6.1がリリースされ、Linux 5.4カーネルのサポート、高速ビデオ再生などが付属しています

VirtualBoxの6.1

オラクルは数日前に VirtualBoxの新しいアップデート。 これをそのバージョンに VirtualBoxの6.1。 ソフトウェアに慣れていない人は、Windows、macOS、Linuxで仮想マシンを作成して実行できることを知っておく必要があります。 この新しいバージョンのVirtualBox6.1では 多くの新機能と拡張機能が発表されました。 ただし、最も重要なもののいくつかについてのみ言及します。

これらの間に、 から仮想マシンをインポートするためのサポートを強調できます lのインフラストラクチャOracleCloudへ. 仮想マシンをOracleCloudInfrastructureにエクスポートする機能が拡張されました。 複数の仮想マシンを作成する機能 それらをリロードせずに、 任意のタグをクラウド画像にバインドする機能が追加されました。

VirtualBox6.1はまた提供します Intelプロセッサによるネストされた仮想化のサポート。 3Dサポートは完全に再設計され、仮想化ソフトウェアの新しいバージョンには、VBoxVGAによる「古い3Dサポート」が含まれなくなりました。

この実装は 共有クリップボードを介したファイル転送の実験的サポート。 このファイル転送システムは現在、Windowsホストとゲストでのみ機能します。 この機能はデフォルトではアクティブ化されていないため、VBoxManageを介して手動でアクティブ化する必要もあります。

一方、 VirtualBox 6.1は、Linuxカーネルのバージョン5.4のサポートも追加しました、および最大1024コアのホストのサポート。 新しいビデオアクセラレーションモードは、VMSVGAグラフィックスドライバーを備えたLinuxおよびmacOSホストでも利用できます。

とりわけ 新しい実験的特徴、 vboxim-mountコマンドはLinuxホストで使用できるためです。 ディスクイメージ内のNTFS、FAT、およびext2 / 3/4ファイルシステムへの読み取り専用アクセスを提供します。

さらに ユーザーインターフェイスに多くの改善が加えられました、VISO作成ダイアログとファイルマネージャーの機能強化を含みます。 仮想マシンの検索も改善されました 詳細については、VM情報パネルを参照してください。 それでもユーザーインターフェイスレベルでは、VirtualBoxはCPUゲージのステータスバーにVMのCPU負荷を表示することに注意してください。

ストレージに関しては、 VirtualBox 6.1は、virtio-scsiの実験的なサポートを提供します、ハードドライブおよびオプティカルドライブ(BIOSのブートメディアを含む)用。

マルチメディアキーを備えた新しい仮想キーボード ゲストシステムへのアクセスを許可することもできます。 VirtualBox 6.1は、引き続き改善されたEFIサポートを提供します そして、さまざまなアレンジの長いシリーズ。

LinuxにVirtualBox6.1をインストールするにはどうすればよいですか?

この新しいバージョンのVirtualBoxをディストリビューションにインストールできるようにすることに関心がある場合は、以下で共有する手順に従ってインストールできます。

Debian、Ubuntu、および派生ユーザーの場合 新しいバージョンのインストールに進みます。これを行うには、ターミナルを開き、ターミナルで次のコマンドを実行します。

最初の リポジトリをsources.listに追加する必要があります

sudo sh -c 'echo "deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian $(lsb_release -sc) contrib" >> /etc/apt/sources.list.d/virtualbox.list'

今、私たちはに進みます 公開鍵をインポートする:

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | sudo apt-key add -

sudo apt-get -y install gcc make linux-headers-$(uname -r) dkms

その後、私たちは行きます リポジトリのリストを更新します。

sudo apt-get update

そして最後にインストールに進みます 私たちのシステムへのアプリケーション:

sudo apt-get install virtualbox-6.1

ある人のために Fedora、RHEL、CentOSユーザー、次のことを行う必要があります。 これは、パッケージをダウンロードするためのものです。

wget https://download.virtualbox.org/virtualbox/6.1.0/VirtualBox-6.1-6.1.0_135406_el8-1.x86_64.rpm
wget https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc

の場合 システムのOpenSUSE15パッケージは次のとおりです。

wget https://download.virtualbox.org/virtualbox/6.1.0/VirtualBox-6.1-6.1.0_135406_openSUSE150-1.x86_64.rpmwget https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc

その後、次のように入力します。

sudo rpm --import oracle_vbox.asc

そして、次のものをインストールします。

sudo rpm -i VirtualBox-6.1-*.rpm

次に、インストールが完了したことを確認します。

VBoxManage -v

の場合 アーチのLinux Systemdの一部のサービスを有効にする必要がある場合でも、AURからインストールを実行できるため、インストールを実行できるようにWikiを使用することをお勧めします。

sudo pacman -S virtualbox


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。