LinuxからPDFのパスワード保護を削除する方法

赤い背景のPDFアイコン

時々会った時 PDF 彼らが私たちと共有しているネットワークの、そして私たちが持っているPDFさえも パスワードは自分自身を保護しました、特定の機能(テキストのコピー、印刷など)を有効にするため、または単にパスワードなしでコンテンツを表示するために開くことができないようにするため。 これらの種類のファイルを共有する場所からダウンロードした場合は、おそらくパスワードが提供されており、保護されていれば、すでにそれを知っています。 そのため、保護を削除して、使用するたびにパスワードを入力しなくても快適に使用できるようにする方法を、お気に入りのGNU / Linuxディストリビューションから簡単なステップバイステップガイドで説明します。 。

パスワードを解読したり、強制的に保護を解除したりすることではありません。 そのために私たちはまもなく別の記事を捧げます...真実はそれらが存在するということです さまざまな方法 LinuxのPDFファイルからパスワード保護を削除しますが、ここでは最も簡単に実行できる4つを紹介します。 最も簡単な方法のXNUMXつは、LinuxにあるPDFビューアのXNUMXつを使用して、EvinceなどのドキュメントをPDF形式で印刷できるようにすることです。 手順は次のとおりです。

  1. 1-プログラムでPDFを開きます。
  2. 2- [ファイル]メニュー([ファイル])に移動します。
  3. 3- [印刷(印刷)]をクリックします。
  4. メニューでは、全ページ、PDF出力フォーマット、部数1を選択します。印刷する場所や名前などを入力できます。
  5. [印刷]ボタンをクリックします。

結果は保護されていないPDFになります。 しかし、これがうまくいかない場合でも、心配しないでください。次のような他の方法があります。 ポプラ、xpdf-3.0に基づく興味深いライブラリです。 その中には、ターミナルからPDFファイルを操作するための一連のツールがありますが、実際には非常に興味深いものです。 まず、お気に入りのパッケージマネージャーを使用して、ディストリビューションにパッケージをインストールする必要があります。 たとえば、pacmanを使用する場合、パッケージ名はpopplerですが、RPMとDEBの場合はpoppler-utilsになります。 インストールしたら、次のコマンドを実行できます。

pdftops -upw password nombre_pdf_protegido.pdf nombre_desprotegido.pdf

もちろん、パスワードを知っている場合は、パスワードをパスワードに置き換える必要があります。 その方法で満足できない場合は、PDFファイルを操作できるpdftkパッケージを利用することもできます。 使用するパッケージマネージャーを使用してその名前を使用してディストリビューションにインストールすると、次の操作を開始できます。 PDFからパスワードを削除します:

pdftk nombre_pdf_protegido.pdf input_pw password output nombre_pdf_desprotegido.pdf

ここでも、パスワードを任意のパスワードに置き換える必要があります...そして最後に 最後の方法 それは、PDFを変換するソフトウェアであるqpdfパッケージ、ファイルの暗号化と復号化の方法を使用することになるでしょう。 ほとんどのディストリビューションリポジトリにはデフォルトであるため、簡単にインストールできます。 インストールしたら、次のコマンドを実行できます。

qpdf --password='password' --decrypt nombre_pdf_protegido.pdf nombre_pdf_desprotegido.pdf

そして今、あなたはそれを使いたいたびにパスワードを入力するという面倒なジェスチャーをする必要なしにPDFを使うことができます...


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。