Linuxディストリビューションで基本的なLVMボリュームを作成するにはどうすればよいですか?

LVM Linux

LVM (論理ボリューム管理とも呼ばれます)、 Linuxユーザーがハードドライブ上のパーティションをリアルタイムで拡張、削減、変更できるようにする論理ボリュームマネージャーです。、ファイルシステムをアンマウントする必要はありません。

簡単に言えば、LVMはストレージデバイスとファイルシステムの間の抽象化レイヤーであると言えます。

このチュートリアルでは、Linuxで基本的なLVM構成を作成する方法を説明します。

LVMボリュームを作成できるようにするには、データを削除する必要があるため、開始する前に、システムのバックアップコピーを作成する必要があります。または、データを危険にさらさないように、仮想マシンでこの演習を実行できます。

ハードドライブ上のすべての情報が完全に削除されるため、これは単純な警告ではありません。そのため、LIVEシステムまたは別のハードドライブでこのプロセスを実行する必要があります。

LVM2をインストールする

これで、データは完全に安全になり、データが失われる可能性があることに気づきました(したがって、データのバックアップが必要です)。

システムにLVMをインストールすることができます。このためにターミナルを開き、使用しているディストリビューションに応じて次のコマンドを実行します。

Debian、Ubuntu、および派生物の場合:

sudo apt-get install lvm2*

Arch Linux、Manjaro、Antergosおよび派生物:

sudo pacman -S lvm2

Fedoraとその派生物の場合

sudo dnf install lvm2*

OpenSUSEで

sudo zypper instalar lvm2

メディアの準備

現在、システムにlvmがあり、 次の方法でルートアクセスを取得します。

sudo -s

これが完了したら、システムのLVMで使用するボリュームを作成する必要があります。このために、cfdiskツールを使用します。

cfdisk /dev/sdX

ここでは、ディスクからすべてのパーティションを削除します(そのため、bakcupに警告が表示されました)。

すべてのパーティションが消えたら、「新規」オプションを選択してディスク上に新しいパーティションを作成し、ハードディスク全体を使用します。

次に、「プライマリ」を選択して、Enterキーを押します。 次に、オプション«タイプ»を選択します。ここで、オプション「LinuxLVM」を見つけて選択する必要があります

このプロセスが終了したら、「書き込み」をクリックして、最後に「終了」をクリックする必要があります。 LVM論理ボリュームを作成してフォーマットする前に、LVM物理ボリュームを作成する必要があります。

LinuxでのLVMボリュームの作成は、pvcreateツールを使用して行います。 ターミナルで、最近作成したパーティションと一緒にpvcreateコマンドを実行します。次のようになります。

pvcreate /dev/sda1

これで、次のコマンドを使用してLVMボリュームの作成を確認できます。

lsblk

LVMボリュームグループを作成する

LVM物理ボリュームの構成が完了したので、次のステップはLVMボリュームグループを作成することです。

新しいものを作成するには、パーティションパスと一緒にコマンドvgcreateを実行します。この場合、「volume-lvm」という名前を付けますが、コマンドでこれを置き換えることができます。

vgcreate -s 16M volumen-lvm /dev/sda1

LVM論理ボリュームを構成する

論理ボリュームは、すべてのデータがLVMに格納される場所です。 LVMで新しい論理ボリュームを作成するには、次のコマンドを使用します。たとえば、 80 GBの論理ボリュームを作成するには、次のようになります。

lvcreate -L 80G -n lvm1 volumen-lvm

論理ボリュームを作成するための基本的な構文は次のとおりです。

lvcreate -L espacioengigasG -n logicvolumename logicvolumegroup

最後に、作成した論理ボリュームにフォーマットを指定する必要があります。このために、次のパスに自分自身を配置する必要があります。

cd /dev/mapper

そして、ここでlsを実行して、ボリュームがここにあることを確認できます。

ls

確認したら、次のようにボリュームをフォーマットします。

mkfs.ext4 /dev/mapper/volumen-lvm-lvm1

これが完了したら、exitと入力してrootを終了できます。次に、次のコマンドを使用してボリュームのマウントに進みます。

mkdir /mnt/vfs/
sudo mount /dev/mapper/volumen-lvm-lvm1 /mnt/vfs/
cd /mnt/vfs/


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   夕方

    こんにちは、

    LVMにオペレーティングシステムをインストールする場合、PVは常にパーティションである必要がありますが、データのみにディスク全体を使用する場合は、この方法でディスク全体を使用してPVを作成することをお勧めします。ディスクのサイズを大きくすると(たとえば、仮想マシンの場合)、PV、VG、およびLVをホットに増やすことができます。

    ご挨拶。