Conky Manager:監視ウィジェットを簡単に管理します

Conkys:Gotham、MX-Linux17のプロセスとCPUコア

Conky:MX-Linux 1上のMX-Gotham-Rev8、プロセスパネルおよびCPUパネル(17コア)

Conkyは、特定のデスクトップウィジェット、つまりオペレーティングシステム上のデスクトップパラメータの監視と表示を管理できるようにするアプリケーションです。 無料で軽量で、LinuxシステムとBSDシステムの両方で利用できます。 これらは通常、CPU消費、ディスク使用、RAM使用、ネットワーク速度など、作業環境の情報と統計を表示するために使用されます。.

すべての情報は、デスクトップの壁紙の上にエレガントで実用的な方法で表示され、 ライブ壁紙の感覚。 簡単に管理できるl簡単なテキスト形式とプログラミング言語で提供されるConky構成ファイルを介して表示される情報の外観。

MXLinux上のConkyManager v2.4

コンキーマネージャー

Conkys(構成ファイル)には、管理を容易にするConky Managerがあります。つまり、Conky Managerは、Conky構成ファイルを管理するためのグラフィカルな「フロントエンド」です。 オペレーティングシステムにインストールされているそれぞれのConkyのテーマを開始、停止、探索、編集するためのオプションを提供します。

Conky Managerは現在、次のURLで入手できます。 ランチパッド 開発者に感謝します トニージョージ、Ubuntuおよび派生物(Mint)または互換性のある(DEBIAN)のパッケージ。 また、ユーザーがログインしたときに構成済みのConkyを起動したり、デスクトップ上の場所を変更したり、インストールされたConkysウィジェットの透明度のレベルとウィンドウのサイズを変更したりすることもできます。

Conky Managerは、前回ブログにコメントされて以来、大きく変化しました。 2013年のこの出版物で、バージョン1.2の場合と同じです。 このアプリケーションとして利用できるものはほとんどなく、最もよく知られている方法は次のとおりです。 シスボード.

Conky Manager:リポジトリの手動インストール

ConkyManagerのインストール

ConkyManagerは簡単にインストールできます 自動化された方法で 次の手順でUbuntuベースのオペレーティングシステムから:

sudo apt-add-repository -y ppa:teejee2008/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install conky-manager

または、リポジトリから次の行を挿入して手動で 「sources.list」ファイル内に適しています:

http://ppa.launchpad.net/teejee2008/ppa/ubuntu artful main

次に、リポジトリキーをインストールし、パッケージリストを更新して、コマンドコマンドを使用してプログラムをインストールします。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys B5B116B72D0F61F0
sudo apt-get update && sudo apt-get install conky-manager

Conky Manager v2.4:設定方法

ConkyManagerの使用

前に言ったように Conkyで管理されるウィジェットは、構成ファイルを編集することで実行されますが、Conky Managerのおかげで、これは単純化されています。 このアプリケーションには、ウィジェットをアクティブ化および非アクティブ化したり、グラフィックを介して、または構成ファイルにアクセスして構成を変更したり、テーマをインポートしたり、ウィジェットやその他の機能をプレビューしたりできる直感的なインターフェイスがあります。

Conky Manager v2.4:トップバー

このアプリケーションの上部にはグラフィックメニューバーがあります これにより、次のアクションが可能になります。

  • 次のウィジェットに移動
  • 前のウィジェットに移動します
  • 選択したウィジェットを起動します
  • 選択したウィジェットを停止します
  • グラフィカルメニューから選択したウィジェットを構成します
  • 構成ファイルを介して選択したウィジェットを構成します
  • 選択したウィジェットが属するテーマフォルダを開きます
  • 下部に表示されているウィジェットのリストを更新します
  • 選択したウィジェットのプレビューを生成します
  • アクティブなウィジェットをすべて停止します
  • ConkyテーマをConkyManagerにインポートします

メニューバーの最後には、次のオプションがあります。

  • アプリケーション設定メニュー: システムユーザーセッションの開始時にウィジェットがアクティブになるように構成できる場合は、遅延(遅延)をプログラムしてデスクトップでウィジェットを開始し、すべてのファイルが保存および読み取られるデフォルトのディレクトリ(フォルダー)を変更、追加、および削除します。インストールされたウィジェットとテーマ。

Conky-Manager:設定メニュー

  • 寄付メニュー: PaypalまたはGoogleWalletを介して寄付を行うことができる場所。 プロジェクト開発者にメールを送信し、プロジェクトの公式Webサイトにアクセスすることに加えて。

Conky-Manager:寄付メニュー

メニューバーの下部には、次のオプションがあります。

  • 閲覧(ブラウザ): これにより、ウィジェットの下位リストを表示できます。個別に並べ替えたり、インストールされているテーマごとにグループ化したりできます。
  • 検索フィルター: これにより、文字列を照合することでウィジェットまたはテーマをインストールできます。
  • プレビュー/リストボタン: これにより、以下にインストールされているウィジェットとテーマの表示方法を構成できます。

ウィジェットの詳細設定

前に言ったように conkyウィジェットは2つの方法で管理できます。

  • グラフィックメニュー経由
  • 構成ファイル経由

Conky Manager:ウィジェット構成メニュー

グラフィックメニューにより 管理する 各ウィジェットの次の側面:

  • ubication: デスクトップ上のどこに配置するか、つまり、上部、中央、または下部に、中央または左または右に表示されるかどうかを割り当てることができます。 また、手動で場所を調整することもできます。
  • サイズ: ウィジェットのサイズ(幅と高さ)を変更できる場所。
  • 透明度: 各ウィジェットの透明度、背景、不透明度のレベルを構成できる場所。
  • 時間: 表示されている場合に各ウィジェットが持つ時間の形式を変更できる場所。
  • ネット: 各ウィジェットが示されている場合、それが表示されている場合に監視するLANおよびWANインターフェース。

Conky Manager:Conky構成ファイル:MX-Gotham

構成ファイルを介して編集するには、Conkyプログラミング言語を理解して習得する必要があります。 この作業で私たちをサポートするために、私たちはそれが私たちに説明されている次のリンクを利用することができます:

  1. Sourceforgeの
  2. マンキエ

私のカスタムコンキーウィジェット

この記事のメイン画像に示されているように、MX-Linux 1に付属し、MinerOS GNU / Linuxにもあるウィジェット「MX-Gotham_rev17.1_default」をカスタマイズしました。 私はあなたがそれを研究し、適応させそしてあなた自身のConkyウィジェットに組み込むためのコードを共有します。

use_xft yes
xftfont 123:size=8
xftalpha 0.1
update_interval 1
total_run_times 0

own_window yes
own_window_type normal
own_window_transparent yes
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
own_window_colour 000000
own_window_argb_visual yes
own_window_argb_value 0

double_buffer yes
#minimum_size 250 5
#maximum_width 500
draw_shades no
draw_outline no
draw_borders no
draw_graph_borders no
default_color white
default_shade_color red
default_outline_color green
alignment top_middle
gap_x 0
gap_y 50
no_buffers yes
uppercase no
cpu_avg_samples 2
net_avg_samples 1
override_utf8_locale yes
use_spacer yes

minimum_size 0 0
TEXT
${voffset 10}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=20}*********************MX-Linux 17.1 - AMD64********************${font}${voffset -20}
${voffset 10}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=120}${time %I:%M}${font}${voffset -84}${offset 10}${color FFA300}${font GE Inspira:pixelsize=42}${time %d} ${voffset -15}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=22}${time %B} ${time %Y}${font}${voffset 24}${font GE Inspira:pixelsize=58}${offset -148}${time %A}${font}

${voffset 1}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}HD ${offset 9}$color${fs_free /} / ${fs_size /}${offset 12}${color FFA300}RAM ${offset 9}$color$mem / $memmax${offset 12}${color FFA300}CPU ${offset 9}$color${cpu cpu0}% ${offset 12}${color FFA300}UPTIME ${offset 9}$color$uptime
${voffset 1}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}USER ${offset 9}$color${user_names} ${offset 12}${color FFA300}KERNEL ${offset 9}$color$kernel ${offset 12}${color FFA300}PC ${offset 9}$color$nodename ${offset 12}${color FFA300}BATTERY ${offset 9}$color${battery_percent BAT0}%
${voffset 1}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}R. MONITOR ${offset 9}$color${execi 60 xdpyinfo | sed -n -r "s/^\s*dimensions:.*\s([0-9]+x[0-9]+).*/\1/p"} ${offset 12}${color FFA300}CARD VIDEO ${offset 9}$color${exec lspci -v | grep "VGA" | cut -d " " -f05} ${offset 12}${color FFA300}CACHE VIDEO ${offset 9}$color${exec lspci -v -s `lspci | awk '/VGA/{print $1}'` | sed -n '/Memory.*, prefetchable/s/.*\[size=\([^]]\+\)M\]/\1/p'} ${offset 12}${color FFA300}DRIVER ${offset 9}$color${exec lspci -nnk | grep -i vga -A3 | grep 'in use' | cut -d " " -f05} ${offset 12}${color FFA300}A-3D ${offset 9}$color${exec glxinfo | grep "direct rendering: Yes" | awk '{print $3}'}
${voffset 1}${offset 12}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}TYPE CPU ${offset 9}$color${exec grep "model name" /proc/cpuinfo | sed q | cut -d ":" -f 2 | awk '{print $0}'} ${offset 15}${color FFA300}CORE CPU ${offset 9}$color${exec grep "processor" /proc/cpuinfo | sort -r | sed q | awk '{print $3}'}+1 ${offset 15}${color FFA300}CACHE CPU ${offset 9}$color${exec grep "cache size" /proc/cpuinfo | sed q | cut -d ":" -f 2 | awk '{print $0}'}
${alignc 0}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}LAN $color${addr eth0} ${color FFA300}UP LAN $color${upspeed eth0} ${color FFA300}DOWN LAN $color${downspeed eth0} ${color FFA300}SENT LAN $color${totalup eth0} ${color FFA300}DOWN LAN $color${totaldown eth0}
${alignc 0}${font Ubuntu:pixelsize=12}${color FFA300}WLAN $color${addr wlan0} ${color FFA300}UP WLAN $color${upspeed eth0} ${color FFA300}DOWN WLAN $color${downspeed eth0} ${color FFA300}SENT WLAN $color${totalup eth0} ${color FFA300}DOWN WLAN $color${totaldown eth0}
${voffset 10}${color EAEAEA}${font GE Inspira:pixelsize=20}**PROYECTO TIC TAC: http://www.proyectotictac.wordpress.com**${font}${voffset 75}

この記事が、インストール済みのカスタムConkyを管理するのに役立つことを願っています。 そして、あなたが同じ主題についてもう少し学ぶことができるように、私はあなたにこの完全なビデオを残します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   アズレウス

    思い出は、デスクトップにウィジェットがあるのが大好きでした。 悲しいことに、Gnomeを使用すると、デスクトップが表示される時間が最小化され、他の画面で費やす時間が最大化されます。 情報をありがとう、私は彼らがそれをAURでリリースしたかどうか見るでしょう