Hubzilla 5.6には、ユーザー登録などの改善が含まれています。

新しいバージョンがリリースされました 分散型ソーシャルネットワークの構築のためのプラットフォームの Hubzilla 5.6、 これはほとんど変更を加えていないバージョンですが、提示されているものの中で、ユーザーレジストリの再設計、およびユーザー招待モジュールの改善やその他の変更が際立っています。

Hubzillaに慣れていない人は、これを知っておく必要があります Webパブリッシングプラットフォームです (CMS)d相互接続されたWebサイトを作成するためのオープンソース。 共有ホスティングサービスのように、 Hubzillaで作成されたWebサイトは分離されており、誰がコンテンツにアクセスしているかわかりません。 データへの制御されたアクセスは、サイト上の個々のアカウント間のアクセス許可の設定に制限されています。

基本的に、このプロジェクトは、分散型Fediverseネットワークの透過的な識別システムとアクセス制御を備えたWebパブリッシングシステムと統合する通信サーバーを提供します。

ハブジラ ソーシャルネットワーク、フォーラム、ディスカッショングループとして機能する統合認証システムをサポートします、ウィキ、記事やウェブサイトを公開するためのシステム。 また、WebDAVをサポートするデータウェアハウスを実装し、CalDAVをサポートするイベントを処理します。

Hubzilla5.6の主な新機能

新しいバージョンでは、従来の多数の改善と修正に加えて、次のような多くの重要な革新が追加されました。 ユーザー登録モジュールに加えられた改善、 これは完全に再設計されたので。 現在、登録中に、時間間隔、一定期間の登録の最大数、ユーザーの確認と検証など、パラメーターの微調整が可能です。後者は、電子メールアドレスを使用せずに可能になります。

新しいバージョンで際立っているもうXNUMXつの変更点は、 ユーザー招待システムモジュールが改善されました Hubzillaから、 招待状のテンプレートと言語サポートを上書きする機能を備えています。

また、 セッションをRedisデータベースに保存するための完全に機能するサポートモジュールを追加しました、これは、大規模なHubzillaサーバーの応答性を向上させるのに役立ちます。

さらに、多くのプロセスの処理効率を改善するための作業が行われ、システムの全体的なパフォーマンスにもプラスの影響を与えました。

最後に もっと知りたい人のために この新しいバージョンについては、詳細を参照してください。 次のリンク。

LinuxにHubzillaをインストールするにはどうすればいいですか?

このプラットフォームのインストールは非常に簡単で、Webサービスを実行するために必要なものだけが必要です(基本的にはLAMPスタックを使用)。

次のコマンドを実行すると、インストールに必要なものをダウンロードできます。 (ここで、websiteは、hubzillaを使用するためのWebサイトがあるディレクトリ、またはサーバーまたはコンピューター上のプラットフォームに提供するスペースです)。

git clone https://framagit.org/hubzilla/core.git sitioweb

次に、次のように入力します。

git pull
mkdir -p "store/[data]/smarty3"
chmod -R 777 store
cd sitioweb
util/add_addon_repo https://framagit.org/hubzilla/addons.git hzaddons
util/update_addon_repo hzaddons
util/importdoc

現在 プラットフォーム用のデータベースを作成しますMysqlを使用している場合は、次のコマンドを実行することにより、同じ端末から実行できます。

sudo mysql -u root -p
CREATE DATABASE hubzilla;
CREATE USER 'user'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';
GRANT ALL ON hubzilla.* TO 'user'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password' WITH GRANT OPTION;
FLUSH PRIVILEGES;
EXIT;

割り当てるデータについて次の変更が必要な場合、「hubzilla」はデータベースの名前、「user '@' localhost」はそのデータベースのユーザー、「password」はデータベースのパスワードです。

最後にウェブブラウザから プラットフォームに割り当てたURLとルートに移動する必要があります サーバー上またはローカルコンピューターから、次のように入力します。

127.0.0.1 o localhost.

そこから、作成したデータベースのデータを配置して、プラットフォームに接続する必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。