KdenliveとAvidemuxを使用してビデオからオーディオを抽出します

以前の記事ですでに コマンドでビデオからオーディオを抽出する ターミナルのみを使用します。 今回は、それを使用してそれを行う方法を紹介します Kdenlive y Avidemux、 ほとんどのディストリビューションでXNUMXつのビデオエディタが見つかりました。

当然のことながら、私が使用するディストリビューションを例として取り上げます。 (デビアン) パッケージがあります Avidemux マルチメディアリポジトリから入手可能

のマルチメディアリポジトリをアクティブ化していないユーザーの場合 Debianの、rootとして、またはroot権限で端末を開き、ファイルを編集するだけです。 /etc/apt/sources.list そして、置きます:

debhttp://www.deb-multimedia.orgテストメイン非無料

後で、両方のビデオエディタを更新してインストールします。

sudo aptitude install kdenlive avidemux lame

インストールして実行したら (の場合 Kdenlive それを構成するためのウィザードを取得します)、それぞれのビデオからオーディオを抽出する簡単な方法を紹介します。

インデックス

Avidemux

この場合、私は最も単純なものから始めます。 に Avidemux 私たちがしなければならないのは、ビデオを開いて、サイドパネルでそれが言う場所を選択することです コピー、オプション MP3ラメ.

次に、キーを押します Ctrl + Alt + S、ファイルの名前を入力し、オーディオを保存するフォルダーを選択します。

Kdenlive

の場合 Kdenlive  まず、クリップをプロジェクトに追加する必要があります。

オーディオを抽出するビデオを追加したら、それを右クリックして、次のオプションを探します。 音声を抽出する.

私が見る欠点 Kdenlive オーディオがにエクスポートされるということです .WAV、したがって、後でファイルをに変換する必要があります .MP3 o .OGG。 別の記事でそれを見るでしょう🙂

保存して行きます...


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

7コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   Rots87

    情報をありがとうございました。今はAvidemuxが好きです。シンプルに見えますが、Kdenliveの方が完全に見えるので、どれほど完全かわかりません。間違っているかどうかはわかりません。

    1.    ギスカード

      Avidemuxは非常に完成しています! 何が起こるかというと、elavは彼にほとんど専念していません。 金庫を開けると、ビデオがマルチトラックの場合でもオーディオを保存できます。 プラグインを介したビデオ変換モディファイアに関する部分は、びっくりすることです。
      そして何よりも、GTKです!

      1.    Rots87

        真剣にそれはgtkですか? 私はQTの忍耐力が好きです(KDE heheheを使用しているため)が、QT環境ではかなり見栄えがします

        1.    ギスカード

          AvidemuxQTもあります。

  2.   ギスカード

    これは、Avidemuxパッケージを使用したSynapticのスクリーンショットです。

    http://i.imgbox.com/acpdqcph.png

  3.   エイドリアン

    私はsoundKonverterをより快適に、速くそして実用的に使用できると思います。それは非常に使いやすく、Konquerorファイルマネージャーからビデオファイルを右クリックしてコンテキストメニューで[アクション] >> [soundKonverterで変換]を選択して使用するとさらに多くのことがわかります...

    1.    ウルトロス

      そうです、私もUbuntuでサウンドコンバーターを使用していますが、少し簡単です
      ご挨拶🙂