lsix、端末に画像を表示するためのlsユーティリティの変形

lsixプロジェクトの一環として、 「ls」ユーティリティのバージョンが開発されています 特に画像の場合、 これにより、コードの実行時に端末に表示される画像を視覚的に評価できます。

ターミナルにグラフィックサムネイルを表示していただきありがとうございます。 SSHを介してリモートで作業している場合でも、テキスト端末にグラフィックを表示するため。

これを考えると、それはピクセル(6、3ピクセルのブロック画像デザイン)を利用することを目的としています。 プロジェクトコードはbashで記述され、GPLvXNUMXライセンスの下で配布されます。

lsixについて

グラフィックを操作するには、ImageMagickパッケージのユーティリティを使用します。これにより、さまざまなグラフィック形式のサムネイルだけでなく表示する機能も提供されます。、PDFドキュメント、ベクターグラフィックス(SVG)、マルチレイヤーフォーマット(XCF)のサムネイルの生成も行います。

多数のサムネイルの出力を高速化するために、各画像はXNUMX行ずつ描画されます。 lsixの便利な機能は、アニメーション画像のフレームごとの表示もサポートしていることです。

このコマンドの主な特徴は、次のとおりです。

  • 端末がSixelグラフィックスをサポートしているかどうかを自動的に検出します。 ターミナルがSixelと互換性がない場合、ユーザーはそれを有効にするように通知されます。
  • 端末の背景色を自動的に検出します。
  • ターミナルエスケープシーケンスを使用して、ターミナルアプリケーションの前景色と背景色を把握しようとし、サムネイルを明確に表示します。
  • ディレクトリにさらに多くの画像がある場合(通常は21を超える)、lsixはそれらの画像を一度にXNUMX行ずつ表示するため、モンタージュ全体が作成されるのを待つ必要はありません。
  • SSHでうまく機能するため、リモートWebサーバーに保存されている画像を手間をかけずに操作できます。
  • .svg、.eps、.pdf、.xcfなどの非ビットマップグラフィックスをサポートします。
  • BASHで記述されており、ほぼすべてのLinuxディストリビューションで動作します。

Linuxにlsixをインストールするにはどうすればよいですか?

このユーティリティをシステムにインストールすることに関心のある方は、 このコマンドに必要な依存関係であるため、imagemagickがインストールされている必要があることを知っておく必要があります。

lsxisのみをインストールできるようにするには これのbashを取得する必要があるため、システムでターミナルを開き、次のように入力します。

wget https://github.com/hackerb9/lsix/archive/master.zip

Y圧縮されたパッケージを取得しました。次のコマンドで解凍します。

unzip master.zip

次に、lsixファイルをbinariesディレクトリ(/ usr / local / bin)にコピーします。

sudo cp lsix-master/lsix /usr/local/bin/

imagemagickがシステムにインストールされていない場合は、Linuxで使用されるよく知られたパッケージであるため、配布リポジトリからインストールできます。

のユーザー Debian、Ubuntu、およびこれらから派生したその他のディストリビューションでは、ターミナルで次のコマンドを入力するだけです。

sudo apt-get install imagemagick

彼らがのユーザーである場合 RHEL、CentOS、Fedora、またはこれらから派生したディストリビューションでは、ImageMagickを次のコマンドでインストールできます。

sudo dnf -i imagemagick

のユーザー向け Arch Linux、Antergos、Manjaro、およびArch Linuxの派生物は、次のコマンドでユーティリティをインストールします。

sudo pacman –S imagemagick

openSUSEユーザーの場合、インストールは次の方法で行われます。

sudo zypper in imagemagick

lsxisの使い方は?

このコマンドを使用できるようにするには xtermなど、VT340標準をサポートする端末が必要です。

ただし、xtermでは、この仕様のサポートはデフォルトで無効になっており、オンになっています。

ターミナルタイプは起動時に明示的に指定する必要がありますxterm -ti vt340»またはデフォルト設定を変更します(Xresourcesで、追加 "xterm * decTerminalID: vt340»そして、xrdb -merge .Xresources«を実行して、変更を適用します。

lsixの便利なアプリケーションの中で、SSH経由でログインするときに、これらのイメージをローカルシステムにダウンロードせずに、外部サーバー上のイメージをすばやく評価できる可能性に注目できます。

このユーティリティの使用法は非常に簡単です。グラフィックスで機能するため、特定のディレクトリまたはパスにある既存のユーティリティをすべて表示するように要求できます。基本的なコマンドは次のとおりです。

lsxi

特定の種類の画像を表示したい場合は、次のように入力するだけです。たとえば、jpeg:

lsxi *jpeg

最後に、ユーティリティはリストにpdfファイルを表示することもできます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。