PulseAudio15.0には、Bluetoothの機能強化、サポート、修正などが含まれています。

数日前 新しいバージョンのリリースが発表されました サウンドサーバーから PulseAudio 15.0、アプリケーションとさまざまな低レベルのサウンドサブシステム間の仲介役として機能し、チームとの作業を抽象化します。

PulseAudio 個々のアプリケーションのレベルで音量とサウンドミックスを制御できます。 複数の入力および出力チャネルまたはサウンドカードが存在する場合のサウンドの入力、ミックス、および出力を整理し、オーディオストリーミング形式をオンザフライで変更してプラグインを使用できるようにするだけでなく、オーディオストリームを透過的にリダイレクトすることもできます。別のマシンに。

メインニュースPulseAudio15.0

この新しいバージョンのPulseAudioでは 最も重要な目新しさのXNUMXつは、拡張されたBluetoothとの互換性です。 大幅に、以来 新しいADPLDACおよびAptXコーデックが追加されましたさらに、「XQ」構成バリアントは、古いSBCコーデックでも使用できます。

と言われています SBCXQバリアントのビットレートは固定です (そして「通常の」SBCよりも高い)ので、ワイヤレス接続が悪い場合はより多くの中断が発生する可能性がありますが、一方で、接続が良好な場合は品質は常に良好です。 可変ビットレートの場合、PulseAudioは、接続の問題のためにビットレートが下げられた後、ビットレートを再び上げることができるようになりました。

別の目新しさ それは際立っています 新しいコマンドラインパラメータですとして get-default- {sink | source}、get- {sink | source} -volumey get- {sink | source} -mute どれ サウンドカードプロファイルの設定のサポートを追加 モジュール引数を構成できます module-alsa-card と呼ばれる新しいudev変数を介したudev構成を介して PULSE_MODARGS。

また AVRCP AbsoluteVolumeのサポートが追加されました 以前のように、接続されたA2DPデバイスのボリュームをプログラムで制御するために、ヘッドセットでゲームを行う場合、PulseAudioはソフトウェアで独自のボリュームコントロールを作成し、ヘッドセットはハードウェアで独自のボリュームコントロールを作成しました。 XNUMXつの音量レベルがあると、十分な音量を出すことが困難になることがありましたが、現在はXNUMXつのレベルの音量コントロールしかありません。

さらに パッケージャでは、PulseAudioがWaylandでのX11モジュールのロードを防止するようになりました (この機能は現在GNOMEでのみ機能します)、 MesonでOSSとValgrindのサポートを構成するためのサポートを追加します。 から追加設定を読み取るためのサポートを提供します /etc/pulse/default.pa.d/ 起動スクリプトと、クライアントライブラリとユーティリティのみを構築するための新しいオプションに追加します。

また サウンドカードプロファイルを固定する機能が実装されました、取り外して接続した後も状態がリセットされない(たとえば、HDMIを再接続するときに役立ちます)。

その他の変更点 新しいバージョンで際立っている:

  • シンクモジュールは、仮想サラウンドサウンドエフェクト(module-virtual-surround-sink)の実装で完全に書き直されました。
  • アプリケーションがPulseAudioへの接続で共有メモリを無効にするための新しいメカニズム
  • クライアントとPulseAudioオブジェクト間の通信を容易にするために追加された新しい「メッセージAPI」
  • Alsa-mixer:システムが持つと自動ミュートを無効にします
  • Autotoolsツールキットのサポートは削除され、Mesonビルドシステムが採用されました。
  • / usr / share / pulseaudio / alsa-mixer / pathだけでなく、ALSAパス構成ファイルをユーザーのホームディレクトリ($ XDG_DATA_HOME / pulseaudio alsa-mixer / path)に配置する機能を提供しました。
  • 改善されたハードウェアサポート
  • ALSAパス構成は、ユーザーのホームディレクトリに置くことができます\
  • 翻訳の更新
  • 改善されたハードウェアサポート:SteelSeries Arctis 9、HP Thunderbolt Dock 120W G2、Behringer U-Phoria UMC22、OnePlus Type-C Bullets、Sennheiser GSX 1000 / 1200PRO。
  • FreeBSDサポートの改善。 サウンドカードのホットプラグおよびプラグ解除の処理が改善されました。

最後に あなたがそれについてもっと知りたいのなら この新しいバージョンのPulseAudio15については、次のURLで詳細を確認できます。 次のリンク。 に関しては この新しいバージョンの実装はすでに配布され始めています 一部のLinuxディストリビューションのリポジトリ内にあるため、パッケージがすべてのディストリビューションに一般的な方法で含まれるのを待つだけです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。